仮想通貨の情報収集で必要なアプリ「Twitter(ツイッター)」

    おすすめ度:★★★★☆( 4 / 5 )

仮想通貨に関わる開発コアメンバーからの情報発信や投資家やブロガーの集客ツールとしても使われていて、情報が大量に存在します。そのため、情報収集する上でもっとも利用時間を費やす事になるであろうツールとなります。


仮想通貨に関わるなら最低限、自分自身が保有している仮想通貨の公式アカウントくらいはフォローしておくべきです。


また、Twitterでやりがちな事が、仮想通貨に関係のありそうな人たちを片っ端からフォローしまくったり、プロフィールに仮想通貨関連のキーワードが入っている人を安易にフォローしてしまうという事です。


よくTwitterで言われている事ですが、フォロワー数の多いアカウント=信用できるアカウントではありません。

フォロワー数の多いアカウントだから、この人の言っている事は正しい。専門家だとプロフィールに書いてあるから、この人は信用できるといったように肩書きやフォロワー数を安易に信用するのは危険です。


「情報は多いほうがいい、情報の精査は見てから判断する」という方でも、Twitterではあまりに情報が多い為、フォローには慎重になる事をおすすめします。

Twitterに登場する人物は大きく分けて、8種類

では、どのようにアカウントを見極めてフォローすれば、闇雲にフォローする事なく、自分が欲しい情報をいち早めにGET する事ができるのか。

そのコツは、フォローするアカウントそれぞれの「利害関係」を把握する事です。


仮想通貨には様々な職種の人間が、それぞれの目標を持って行動し、時にボジュショントークを使って情報発信をしています。だからこそ、すべての情報を正直に受け止めてしまうと騙され、利益が見込めない通貨をつかまされてしまう可能性もあるということです。

フォローする際は、そのアカウントがどういった職種の人で、何の目的でつぶやいているかを把握しておくと今後の立ち回りがしやすくなります。


8人の登場人物は以下のとおりです。

    1.開発コアメンバー、技術者(エンジニア)
    2.マイナー(採掘者)
    3.仮想通貨取引所関係者
    4.仮想通貨以外の金融組織関係者(銀行、証券)
    5.投資家(トレーダー)
    6.ブロガー(アフィリエイター)
    7.素人
    8.詐欺師

例えば、投資家(トレーダー)は、自身が投資した仮想通貨で利益を得る事が目的のため、自分が投資した仮想通貨をやたら褒める傾向にあります。

投資は自己責任ですと最後に付け加えながら、保有する通貨の有益情報や、価格が高騰した際に、「○○が△△円まで高騰!前日比○%まできている!!すごい!」や「○○という技術がすごい」など、通貨のメリットを多くつぶやきます。

もし、Twitterをきっかけに興味がある仮想通貨を発見した場合は、通貨のデメリットや詐欺などの被害がないかどうかを入念に調べた方がいいでしょう。特にICO前の仮想通貨は90%が詐欺だと言われているので、十分すぎるリサーチが必要だという事を覚えておいて下さい。

また、リサーチして問題がなさそうな通貨でも、「○○通貨が高騰してる!」というツイートを見て、いなごのようにつられて通貨を購入すると、実は高値で掴んでいて、購入した直後に価格が下がってしまい、なかなか含み損を脱出できないという事が起こります。

Twitterは情報量が多く、さまざまな考え方や知識を得る事ができますが、情報量の多さがかえってデメリットにつながってしまう場合もあるんです。



先ほど記載した通り、8種類の登場人物それぞれが何を正義としているのかを見極めて情報収集する事により、ツイッターは、もっとも有効な情報収集ツールとなるはずです。

ちなみに、私は「投資家(トレーダー)」と「ブロガー(アフィリエイター)」の2種類に属しています。ミックスです。人によっては3種類、4種類の属性を持っている事もありますので、注意する必要があります。私のアカウントもフォローよろしくお願いします。

仮想通貨の情報収集で必要なアプリ「Cryptofolio(クリプトフォリオ)」

    おすすめ度:★★★★★( 5 / 5 )

Cryptofolioは、仮想通貨のウォレットを複数持ってる人向けの資産管理アプリです。

ほとんどの人が、ウォレットを複数持っていたり、2つ以上の仮想通貨取引所を使っていたりすると思います。そういった複数で管理しているウォレットの金額を一元管理してくれるアプリとなります。


Cryptofolioは、過去の売買履歴を入力する事で保有している仮想通貨を一元管理する事ができます。

そして、自分の資産状況をこのアプリを開くだけで確認すつ事ができます。このようなアプリを使っていなければ、仮想通貨を保有している取引所に毎回ログインして資産状況を確認していたはずです。


また、保有資産の価格推移を1日から1年の間隔で表示できるため、複数のポートフォリ加味した資産方針の参考になります。

もし、投資した額からマイナスの状況が抜け出せない人は、情報収集不足など投資のセンスがないか、抜本的に投資戦略を見直す必要があります。

仮想通貨の情報収集で必要なニュースサイト「Bitcoin日本語情報サイト」

    おすすめ度:★★☆☆☆( 2 / 5 )

URL:https://jpbitcoin.com/

仮想通貨を勉強しはじめたころ、何度お世話になったかわかりません。

とにかく、これから仮想通貨を始める方や、初心者の方へおすすめです。驚異的なほど詳細まで突っ込んで記事がまとまっている上に、スレッドに投稿するとコメントも返答してくれる。有料でもおかしくないサイトです。

仮想通貨の情報収集で必要なニュースサイト「Bitpress」

    おすすめ度:★★★☆☆( 3 / 5 )

URL:https://bitpress.jp/

最新の仮想通貨ニュースに加えて、ブログやツイッターの話題記事を取り上げている。仮想通貨のイベントにも実際に参加された感想をアップするなど、実力派ニュースサイト。

仮想通貨の情報収集で必要なニュースサイト「COINPOST」

    おすすめ度:★★★★☆( 4 / 5 )

URL:http://coinpost.jp/

仮想通貨のイベントスケジュールをまとめるなど、非常に有力な情報を配信している。

仮想通貨の情報収集で必要なニュースサイト「CoinDesk」

    おすすめ度:★☆☆☆☆( 1 / 5 )

URL:https://www.coindesk.com/

海外のサイトの中ではスバ抜けて更新頻度が高く、幅広い話題までリーチしている。ゆえに、ガセネタや信用性に欠ける事もあるが、それでも情報量が多いためユーザにとっては非常に重宝できるサイト。

仮想通貨の情報収集で必要なチャートサイト「CoinMarketCap」

    おすすめ度:★★★★☆( 4 / 5 )

URL:https://coinmarketcap.com/

主要仮想通貨のチャートを一覧で確認できます。

コインチェックで扱っていない仮想通貨なんかが多数出てくる為、急成長している通貨を発見するのにも便利だし、市場規模に小さい仮想通貨で今後大きく成長するような仮想通貨を発見したい人におすすめのサイトと言えます。

仮想通貨の情報収集で必要なチャートサイト「CryptoCompare」

    おすすめ度:★★☆☆☆( 2 / 5 )

URL:https://www.cryptocompare.com/

世界中のビットコインの取引量や法定通貨別のデータを確認する事ができます。

ビットコインや主要通貨の状況を把握し、短期トレードのファンダメンタル分析なんかに使うのもアリ