これから仮想通貨を始める方や現状うまく情報収集できていない方にとって、情報収集に役立つスマートフォンアプリを紹介します。

インストールしていないアプリがあれば、是非この機会に利用して見てください。





仮想通貨相場アプリ「コイン相場」

コイン相場

仮想通貨相場や特定の通貨の値動きをチェックするのにおすすめなアプリが「コイン相場」

細かい使い方は以下の記事にまとめていますので、確認して見てください。

関連記事:コイン相場アプリの使い方
関連記事:コイン相場エアドロップQの使い方

コイン相場は海外のマイナーな取引所や仮想通貨にも対応しているため、他のアプリでは表示できない通貨の値動きもチェックすることが可能です。

特におすすめなのが、ウィジェット機能によりスマホ起動後1回フリックするだけでリアルタイムに相場をチェックすることが可能です。

コイン相場はApple Watchにも対応しているため、Apple Watchでも相場を確認することができてしまうんです。


仮想通貨資産管理アプリ「cryptofolio(クリプトフォリオ)」

クリプトフォリオ

cryptofolio(クリプトフォリオ)は、仮想通貨資産の総額をチェックするのにおすすめです。

仮想通貨に投資をする場合、ビットコインだけに投資する人は多くはありません。

ほとんどの人はイーサリアムやNEM、リップルなど2種類以上の仮想通貨を購入し、仮想通貨資産を形成しています。

仮想通貨は銘柄によってそれぞれ違った値動きをするため、総資産を計算するのが面倒になります。

クリプトフォリオは過去に購入した仮想通貨の相場と金額を入力しておくだけで、リアルタイムであなたの総資産の値動きを表示してくれます。


資産総額の推移だけではなく、資産の割合や銘柄ごとの利益を表示することも可能です。


仮想通貨取引所アプリ「bitFlyerウォレット」

bitFlyer

日本一のビットコイン取引量を誇る仮想通貨取引所ビットフライヤーが提供するアプリ「bitFlyerウォレット」とは、スマホで仮想通貨資産を管理できるアプリです。

利用用途は以下の通りです。

bitFlyerウォレットの利用用途
  • 外出先での仮想通貨決済
  • 飲食代を仮想通貨で割り勘
  • 仮想通貨の購入、売却(トレード)


bitFlyerウォレットはユーザIDとパスワードを入力すれば、PCで操作しているWEBサイトと連携することが可能です。

PCでビットフライヤーで取引を行い、飲食店や外出先で仮想通貨決済をするときはスマホで対応することができます。

仮想通貨の特性上、割り勘など仲間内で資産を送金することもできるため、簡単に割り勘をしたりすることができます。

割り勘アプリとして利用されているLINE PAYとどっちが利便線が高いかをまとめた記事もあるため、興味があれば確認してください。

関連記事:割り勘でBitflyerウォレットとLINE Payはどっちが便利?

ビットフライヤーで取り扱うのある仮想通貨であれば、簡単に決済に利用することができるため、これからビットコインやビットコインキャッシュなどを使って仮想通貨決済をしてみたい人にとってはおすすめのアプリです。


仮想通貨セキュリティアプリ「Google Authenticator」

Google Authenticator

Google Authenticatorは、金融系サービスを利用するときに二段階認証という機能が使えるアプリです。

通常金融系サービスを利用するには、専用サイトにアクセスした後、ログインIDとパスワードを入力することで資産を引き出したり、取引先に送金したりすることができます。

この方法では、悪意のある第三者がWEBサイトにアクセスし、偶然あなたのログインIDとパスワードを入力することができた場合、あなたの資産はすべて盗まれてしまい、セキュリティとして安全ではありません。

この行為を防ぐために二段階認証というセキュリティ対策があります。

二段階認証とは、専用サイトにアクセスし、ログインIDとパスワードを入力した後、Google Authenticatorを使って6桁のパスワードを入力することで初めて専用サイトにアクセスできる仕組みのことです。

Google Authenticatorを使って発行される6桁のパスワードは30秒のみ。

30秒ごとにランダムな数字に切り替わるため、アプリ所有者でなければパスワードを当てることはほぼ不可能です。

二段階認証アプリはGoogle Authenticator以外にも存在しますが、万が一サービス提供している企業が倒産してしまった場合、対応できなくなる可能性もあるため、将来性の高いGoogleが提供するアプリを選択するのがベストです。

ただし、二段階認証にも落とし穴があるため、その対策方法を以下の記事にまとめています。

関連記事:ニ段階認証の役割と万が一の対処方法も解説

仮想通貨情報収集アプリ「Twitter」

Twitter

仮想通貨の聖地とに言われるTwitter

世界中のあらゆる仮想通貨関係者がTwitterを使って情報発信をしており、仮想通貨の最新情報を手に入れるためにはかかせない情報アプリのひとつです。

ただし、仮想通貨界隈では詐欺師も多く嘘の情報を発信したり都合のいいように情報を発信している人もいるため、情報の精査は極めて重要となります。

むやみやたらにフォロワー数の多い仮想通貨関連アカウントをフォローするのではなく、それぞれの特徴を見極めながら情報を収集をすることが大切です。


Twitterでアカウントをフォローするときに重要な考え方として、「利害関係を把握する」ということが挙げられます。

有名な話ではありますが、美容師に「髪を切った方がいいか」を相談した場合、ほとんどの美容師が髪を切ることを勧めます。

これは利害関係を考慮せずに情報収集していると、本来得たい情報を見失ってしまうということです。

では、Twitterにはどのような利害関係をもった人が存在するのか。

仮想通貨界隈の人々は以下のようなカテゴリにわけることができるはずです。

仮想通貨関係者のカテゴリ
    1.開発コアメンバー、技術者(エンジニア)
    2.マイナー(採掘者)
    3.仮想通貨取引所関係者
    4.仮想通貨以外の金融組織関係者(銀行、証券)
    5.投資家(トレーダー)
    6.ブロガー(アフィリエイター)
    7.素人
    8.詐欺師

仮想通貨プロジェクトに関わるエンジニアや投資家は仮想通貨相場が高騰すると自己資産が増えるため、保有率の高い通貨のポジティブな情報を積極的に発信する傾向にあります。

マイニングを実施する人たちも同様です。

ただし、彼らが間違った情報いっているわけではありません。

情報は一つの方向からではなく、多角的に見る必要があるということが大切です。

仮想通貨の有力情報を発信するアカウントを効率的に見つける方法としては、自分自信が信頼できそうなアカウントを見つけた際に、その人がフォローしているアカウントを見に行くことです。

ちなみに私がフォローしているアカウントはこちらです。

Twitter:@gazooblogのフォローアカウント

ニッチでもよさそうなICO案件や情報発信アカウントが効率良く発見できるはずです。