スマートコントラクトの概要

スマートコントラクトは直訳すると、賢い(スマート)契約(コントラクト)という意味です。通常の契約行為を考えた場合、合意の元で契約書を作成し、お互いに契約書に捺印する一般的です。スマートコントラクトは契約を賢く行うという事になるので、契約に関わる作業やもろもろのコストを排除した契約に用いられます。

スマートコントラクトの例

代表的な例でいいますと、自動販売機でスマートコントラクトが用いられます。それは、一方的な硬貨投入と商品選択だけで契約が成立し、商品を受け取る事ができるからです。

事前に契約内容と成立条件を決めておく事で、何もないところから契約成立まで自動化されているため「賢い契約」つまりスマートコントラクトだと言われています。

スマートコントラクトの実用化

ビットコインやイーサリアムに用いられるブロックチェーンの技術では、自動販売機よりもさらに複雑で賢い契約がを実行する事ができます。

音楽配信サービス「ujo MUSIC」は、ujo MUSICは、WEB上で選んだ曲に対して、ユーザがイーサ(イーサリアムの通貨)での支払いが完了するとアーティストにその代金が支払われるという仕組みになっています。こういったシステムが導入する以前の音楽業界は、中間業者との間でマージンが発生したり、アーティストへの支払いが滞ってしまったりする事で、アーティストへの収益が少なくなるという問題が起きていました。

しかし、スマートコントラクトが実現する事により、中間マージンや支払い遅延などの時間コストまで削減できているという実例となります。