ビットコイン(仮想通貨)とはどんなもの?

ビットコインと仮想通貨を説明するために、通貨には「法定通貨」「仮想通貨」「暗号通貨」が存在していることと、それぞれの違いについて説明します。


仮想通貨が誕生する前の通貨は、法定通貨と呼ばれるものが世の中に流通していました。

法定通貨とは

金銭債務の弁済手段として用いることができる法的効力がある通貨のことを指し、各国の政府や同等の機関である中央銀行が発行している通貨を意味します。

日本円、ドル、ウォンも法定通貨の一つです。


対して、仮想通貨は法定通貨のような現物を必要としない通貨の事を指します。

現物とは

日本円で言えば、「一万円札」「千円札」「五百円硬貨」のような目に見えるお金の事を現物と言います。

現物がない通貨でもっとも日本人が身近に利用している通貨は「楽天ポイント」や「Pontaポイント」です。

楽天ポイントの現物はありません。楽天1万ポイント札みたいなものを見たことはありませんよね?


ポイントプログラムを運営する楽天やリクルートは目に見えないポイントという通貨を発行しています。

コンビニやスーパーなどで楽天ポイントカードとして販売され、自分のアカウントにチャージして使う仕組みになっています。

私たちは、現物取引ができない通貨のことを「仮想通貨」と呼んでいます。


ビットコインも仮想通貨の一つになります。

しかし、仮想通貨は単純にカードや専用端末に通貨データをチャージして利用する通貨と、特殊な暗号技術を駆使して利用する通貨の2種類に分けられます。


ビットコインは仮想通貨の中でも暗号通貨に分類される通貨になります。日本ではビットコインのことも仮想通貨と呼ばれる事が一般的ですが、海外ではビットコインの事を「Crypto Currency(暗号通貨)」と呼ぶがスタンダードです。

ここまでご説明した内容を表にあらわすと、以下のようになります。

通貨の分類について
第1階層 第2階層 第3階層 実例
通貨法定通貨日本円、ドル
仮想通貨仮想通貨楽天ポイント
暗号通貨ビットコイン、イーサリアム

ビットコインの仕組み

ビットコインを理解する上で重要なキーワードが3つあります。本当はもっともっとあるのですが、特に重要かつビットコインを理解する上ではずせないキーワードを今回ご紹介いたします。

今回ピックアップするのは「ブロックチェーン」「ビットコインマイナー」「秘密鍵」の3つです。

ブロックチェーン

はじめにブロックチェーンとは、台帳です。


台帳とは

売買内容を記録した帳簿の事です。

主婦の方であれば、家族が貯金している銀行から毎月何にいくらつかているのかを記録した家計簿が台帳となりますし、

お店の店長であれば、お客様に渡しているレシートや1日の合計売り上げを記録した売り上げ記録が台帳の役割を果たします。

そして、ブロックチェーンはただの台帳ではなく、分散型台帳と言われています。

分散型と言われる理由は、「誰でも同じ台帳を世界中のどこででも見る事ができる」という点と、「ある条件を満たせば世界中の誰でも台帳に通貨のやり取り記録を書き込める」という点にあります。

つまり、同じ台帳を世界中の誰もが見て、書き込めるという技術がブロックチェーン技術の大きな特徴です。


ビットコインマイナー

ビットコインは法定通貨のように中央銀行や国のようなお金を発行したり、減らしたりする機関が存在していません。

中央集権的な機関が存在しない代わりに、ビットコインにはビットコインマイナーという人たちが存在します。


ビットコインマイナーとは、ビットコインの取引記録をブロックチェーンに記入する人たちのことです。


電気代とマイニング用コンピュータマシンを使って高難易度な計算処理を高速で行うと、同様の作業しているビットコインマイナーの中からランダムでブロックチェーンに取引記録を書き込める権利と報酬が与えられます。


報酬はビットコインで支払われるため、ビットコインの価値が上がればあがるほど、報酬の価値もあがるという仕組みです。

そして、ビットコインマイナーは誰にでもなる事ができます。これを見てくださっているあなたにもなる事ができます。

秘密鍵(プライベートキー)

ビットコインの銀行講座の役割を果たすアカウントをあけて、ビットコインを送金したり、日本円に換金したりするためには、かならず公開鍵と秘密鍵の2種類が必要になります。


銀行のキャッシュカードに例えれば、銀行のキャッシュカードが公開鍵に該当し、暗証番号が秘密鍵に該当します。

銀行の暗証番号は数字4桁のみとなりますが、ビットコインの秘密鍵はそれ以上に複雑な文字列となっているため、解読が難しく、安全に管理することさえできれば、資産を盗まれることはありません。

ビットコインをわかりやすく簡単に説明すると

ビットコインは法定通貨をより便利で、安全かつ世界中で使えるための技術と言われています。


利便性(便利さ)で言えば、1万円札や5百円硬貨を切符に両替する手間をなくして、お金をデジタル化させた交通系ICカードのように、暗号通貨は日本円以外の通貨でさえもデジタル化(および暗号化)することで、現物を取り扱うことなく好きな人価値の交換ができる仕組みです。

ビットコインが普及することで、コンビニやスーパーで小銭を数える手間や行列に並ぶ時間も削減され、海外旅行の際に現地の通貨が足りなくなって換金しなければいけない状況も解消されます。


安全面で言えば、現物がないため、第三者からお金を盗まれたり、不用意に払い過ぎたりすることもありません。

2018年現在は仮想通貨取引所などのセキュリティ面が問題視されている傾向にありますが、技術革新が進めばより安全になることは間違えありません。

インターネットの歴史に例えるのであれば、暗号通貨はまだ黒いコンピュータ画面でインターネットをしている時代と同じです。

インターネットはその後、WindowsやGoogle検索などの技術を経て、最終的にiphoneで誰でもインターネットが使えるようになりました。暗号通貨も同様にこれから誰でも簡単に使える技術になった場合、爆発的にヒットすることは間違えありません。

ビットコインの相場(過去)

以下の表は、2009年から2017年までの過去のビットコイン相場です。

ビットコイン(Bitcoin)の価格推移
年月 1BTCの価格
2009年10月0.09円
2010年9月5円
2011年6月1,401円
2013年12月110,000円
2014年12月41,180円
2015年12月53,322円
2016年8月61,296円
2017年11月893,822円
2017年12月2,400,000円

ビットコインが始まった2009年10月と2017年12月の価格を比較すると8年間でなんと、約900万倍成長をしているという事になります。

簡単な話ですが、8年前にビットコインを100円分購入しておけば、2017年には資産価値9億円になっていたという計算になります。


2017年4月に日本の法律にある資金決済法という法律が改定されたため、今までとは比べ物にならないくらいの個人資産が5月以降仮想通貨市場に流れ込み、ビットコインの相場が大きく動く結果となりました。

資金決済法の改定

仮想通貨を法律で定義し、仮想通貨交換業が日本の金融庁(内閣総理大臣)の許可を得て運営できるように改正されました。

その後、消費税が免税となり、徴税方法は雑所得に分類されるなど、徐々に仮想通貨関連の税制が用意され始めています。

ビットコイン2018年の相場

ビットコイン相場201805

2018年5月までのビットコイン価格を振り返ると、1月に200万円台まで上昇した後、2018年4月中旬で70万円を記録したあと、5月からは上昇相場へと転換しています。

過去の下落にはいくつかの要因があると考えています。


セキュリティに対する不安

コインチェックのNEM不正送金によって26万人とコインチェックに被害を与えたハッキング事件は、暗号通貨に関心がある人々に対して、今後も暗号通貨は盗まれるリスクがあり、大きな資産を保有してはいけないという間違ったイメージを大きく植え付けたはずです。

この事件によって、より暗号通貨を管理するのは難易度が高く、危ない通貨であるというイメージを現在も払拭できずにいることが今日の下落相場につながっていると考えています。

実用性の欠陥

ビットコインをはじめ暗号通貨と呼ばれる通貨は一部の店舗では使われているものの、まだまだ普及していない状況です。

普及しない理由は3つあります。


一つは送金コストが高いということです。法定通貨であれば、お店側にお金を支払うときにかかるコストはゼロですが、ビットコインの場合は高いときで3,000円くらいの相場がありました。これでは、ビットコインを使うたびにお金がどんどん抜けていくため、有用ではありません。


もう一つは、管理が複雑ということです。通常ビットコインを使うにはウォレットサービスを使って利用しますが、海外サイトがほとんどで日本でも数えられるくらいの企業からしかウォレットサービスは展開されていません。そのウォレットが複雑かつ使い難いため、法定通貨から暗号通貨に変えるベネフィットが感じられず、使わないという結果になっています。


さらにもう一つあって、ビットコインをはじめとした仮想通貨は税制上「雑所得」という所得分類に分けられて徴税される仕組みになっています。そのため、仮想通貨で物を購入すると、その購入した代金に応じて課税を自己申告(確定申告)しなくてはいけいないという決まりになっています。

日々の細かいお買い物(マイクロペイメント)記録もすべて帳簿につけて、管理して確定申告をしなければいけないため、とてもわずらわしく使う気になればいという税の縛りがあることで、実需が生まれない状況が下落相場を生み出している要因です。


ICO詐欺による犯罪リスクが高いイメージ

ブロックチェーンを使ったブロジェクトを立ち上げ、仮想通貨で資金を調達するICOが流行しています。

仮想通貨投機ブームにのって、ICOを告知すれば数億円、数十億円を簡単に集められる状況の中、資金調達をしたプロジェクトがプロダクトをリリースする確率は1割以下と言われています。

つまり、90%のプロダクトが投資家から場合によっては億を超える資金を獲得しているにもかかわらず、何も完成させない状況にあり、そのまま音信不通となることも珍しくありません。


仮想通貨では、ICOを規制する法律がまだありません。

国によっては、証券委員会や政府からICOの禁止勧告受ける場合ももありますが、基本的には世界中の人達が実施、参加可能なので、はじめから詐欺を目的としているプロダクトもあると言われており、大きな資金が仮想通貨によって盗まれていることも現状です。

これらが仮想通貨の下落トレンドを生み出している要因だと私は考えています。


いま仮想通貨に投資するべき理由

2018年の下落トレンドを生み出している要因を「セキュリティ」「実用性」「ICO詐欺」と説明しました。

仮想通貨投資をお勧めする理由は、上記3つを解決出来ると考えていて、さらに現状の価格がまだ安いと思うからです。

セキュリティと実用性のヒントは、ビットコインのライトニングネットワークや、イーサリアムのPlasma、エニグマの技術にあります。オフチェーンやセカンドレイヤーを使って送金速度を上げ、コストを低下させる技術です。

2018年3月に実施されたG20をきっかけに、各国の政府は規制の策定に積極的になっています。フランス、ロシア、アメリカ、日本など、

これから様々なICOを規制する法律と税制ができてくるはずです。


ただし、投資は自己責任なので十分に自己判断した上で実施しましょう。


仮想通貨投資初心者が気をつけるべきポイント

気をつけるべきポイントは、仮想通貨を売買するときです。


1つ目は、1度に大量に購入してしまわないように気をつけましょう。

仮想通貨を始めたばかりだと、値動きを読むための情報が少なく、大きく損失をしてしまうリスクが高いです。そのため、初めのうちは少額で投資をし、値動きが読めてきたあたりから、少しずつ金額を上げていく方が賢明です。

投資方法には、積立購入(ドルコスト平均法)という投資方法もあり、初心者にとてもおすすめな投資方法があるので是非、検討してみてください。

また、一度に大きな額を投資することで、日々の値動きが気になり、普段の仕事や作業に支障をきたしてしまう可能性も高いです。投資は必ず儲かる方法ではないので、投資に回す資金はあくまで余剰資金(明日なくなってもいいお金)で運用するのが賢明です。


2つ目の気をつけるべきポイントは急な下落相場で焦って売ってしまうことです。(狼狽売りとも言われています。)

仮想通貨は価格の上がり下がりが激しいため、急激な下落相場も珍しくありません。

購入した価格よりも安い金額で売ってしまった後に、価格がすぐに高騰したことで後悔してしまわないよう、購入するタイミングと売るタイミングについては、購入する前に計画を立てておくのがベストです。


勝率を上げるためのコツ

勝率を上げるためのコツとは、情報収集をすることです。

先ほど「気をつけるポイント」でも記載した狼狽売りや多額投資に関しても、情報収集を怠らなければ防げることです。

仮想通貨、とくにビットコインやイーサリアムなどの主要通貨は情報のリソースがたくさんあり、WEBサイトだけでなくツイッターやテレグラムを使っても情報収集を行うことが可能です。

自分で信頼できる情報リソースを見つけて、定期的にチェックする習慣をつけましょう。


ビットコインのおすすめ取引所

ビットコインや仮想通貨を購入するなら、金融庁の仮想通貨交換事業の登録を受けている「Zaif取引所」をおすすめします。

おすすめする理由は以下の2つです。


    おすすめ理由1:アルトコインも指値注文ができる

海外の仮想通貨取引所であれば当たり前なのですが、日本の取引所ではコインチェックやビットフライヤーをはじめアルトコインの指値注文ができる取引所は少ない状況です。

指値注文であれば、あなたが指定した金額で仮想通貨を購入することができるため、お得にです。もし、Zaif以外の取引所で購入すると「販売所」というシステムで取引所が設定した金額で仮想通貨を購入しなくていけないため、市場価格よりも高い値段を掴んでしまいます。

つまり、仮想通貨を交遊する際は基本指値注文が鉄則です。


    おすすめ理由2:積立購入ができる

先ほど、初心者であれば多額投資は避け、積立購入がおすすめと記載しました。

Zaifでは、ビットコインやイーサリアムの積立購入が可能です。相場の変動リスクを軽減する狙いもあるため、購入のタイミングがわからない場合はZiafの積立購入でリスクを回避しながら、購入するのがおすすめです。



Zaif取引所公式ホームページ


以下の記事にもZaifがおすすめできる理由をまとめていますので、是非ご覧ください。

関連記事:仮想通貨取引所選び、比較のポイント