資産3,000万円でFIRE実現?

皆さん、こんにちは。Gazです。

2021年9月29日、ソーシャルレンディングを展開するLENDEXのFIRE実現に関するアンケート調査(対象者 = FIRE成功者1,005人)にて、資産1,000万円以上3,000万円未満でFIREをした人が全体の51.8%となることを公表しました。


詳しくは上記を見て頂ければと思いますが、内容を箇条書きにすると以下の通りです。

【記事の要約】
  • FIREの達成手段は株式投資47.2%、
    投資信託35.9%、預貯金32.3%
  • FIREの手段で構築した金額は
    1,000万円以上3,000万円未満が51.8%、
    3,000万円以上5,000万円未満が21.4%、
    5,000万円以上7,000万円未満が14,2%
  • 投資は副業として始めた人が66.3%
  • 副業のお勧めは株式投資が52.0%、
    投資信託42.5%、不動産投資20.9%
  • FIRE達成後も労働収入がある人は76.0%、
    そのうち会社員が71.3%、自由業14.1%、経営7.2%

上記の調査をまとめると、資産3,000万円を株式投資で資産形成後、現在も会社員を継続している状態がFIRE達成者であるという結論になる。

そもそもFIRE(早期リタイア)という言葉の意味が曖昧なので、これから早期リタイアを目指したいと考える人にとっては悩みが増えてしまう内容なのかなと感じてしまいました。。。


早期リタイアとは

まずは私が考えるFIRE(早期リタイア)を解説しつつ、皆さんとの共通認識を図っていきたいと思います。

私が定義するFIRE(早期リタイア)の条件は以下の通りです。

  • 資産所得が生活費を超えていること
  • 家族に頼らず全て自分で生活を賄うこと

ちなみに、資産所得だけでは長期的な生活費を賄うことができず、バイトや短期労働をされているのであれば、それはFIRE(早期リタイア)の一歩手前のセミリタイアと名付けたい。

ただし、資産所得で生活費が十分賄えるにも関わらず、やってもやらなくても良い会社員を好きで継続している人はFIRE(早期リタイア)達成者と読んで問題ないと思います。

そもそもFIRE達成とは、30代で仕事を退職して金融資産だけで残りの人生を生活していくブログを書いていたピーター氏がキッカケとなって始まったムーブメントです。


FIRE達成方法などは詳しく上記の記事を見て頂ければと思いますが、本来の方法は日本人向きではありません。


資産3,000万円でFIREできるか?

今回取り上げたLENDEXのアンケート調査では資産3,000万円でFIRE実現とのことですが、私が考えるFIRE(早期リタイア)は到底不可能です。

資産3,000万円を株式投資(年利5%)で毎年運用できたとしても、税引後で月間10万円も生活費を補うことができません。

仮に年率10%、20%で運用できたとしてもその実績を10年、20年と継続することはほぼ不可能でしょう。

それを実現するのであれば、会社員という入金力を使う方が再現性ははるかに高いです。

だから資産3,000万円「だけで」FIRE達成は不可能なのです。


ただし、資産3,000万円以外にも方法を活用するならセミリタイアは可能です。

むしろ日本人ならセミリタイアを目指す方が賢明です。

その方法は副業で稼ぐことです。

自分の好きなことをブログやYouTube、TikTokなどで発信して広告費やスポンサー費用を集めるのも良いですし、自分のオリジナル作品を作ってBASEやminneで販売したり、商品の転売(せどり)などで稼いでも良いと思います。

金融所得で毎月10万円程度の所得が長期的に安定しているのであれば、副業で残りの生活費を稼ぐことにより、会社や家族など誰かに依存してお金を稼ぐことがなくなります。

金融所得1本でダメなら、収入源を2つ、3つと増やしていくことによって自分が理想とする働き方、生き方ができると思います。