皆さん、こんにちは。Gazです。

投資には興味があるけど、何から勉強して良いのかわからないという方は多いはず。

Twitterやブログを見たけど、株式投資?FX?仮想通貨?個人向け国債?など結局人それぞれで主張も様々。終いには「投資自己責任」と書かれていて、何にも理解できなかった。。という経験はあるはず。

投資に詳しい家族も知人もいないので「誰に相談して良いのかわからない」「結局行動できずに今に至る」というような状況に陥りやすいのが、投資に踏み切れない人の現状だと思います。

今回は投資の情報収集について解説していきます。

紹介する方法を実践して頂ければ、今まで中々行動できなかったという方も明確な目標を持って行動できるようになるはずです。


投資初心者は本がお勧め

結論から言えば、投資初心者に最もおすすめの情報収集は「書籍」です。

YouTubeやブログ、Twitterではありません。

「本」一択です。

なぜ、本がおすすめかというと、その1つは「広告がない」ということです。

単純に「広告がないから見やすい」というわけではありません。

広告がないことによって、投資初心者は効率よく正しい情報にアクセスすることができます。


広告がある媒体は危険

YouTubeやブログなど広告のあるメディアを想像して下さい。

YouTubeは広告が流れるほど稼げる仕組みです。ブログではサイト内に紹介されている商品が売れたり、広告がクリックされるほどサイト運営者の収入がUPする仕組みです。

そんな仕組みの中で提示される情報は閲覧者(ユーザー)の利益になる情報よりサイト運営者が得をする情報にすり替えられる可能性があります。

たとえば、YouTubeでは「知らなきゃヤバイ!投資信託」「○億円稼いだ方法」「爆上げ寸前10倍株銘柄」というようなクリックを煽るようなサムネイルを見たことがないでしょうか?

私もこういう動画を見たことがありますが、実際に知らないとヤバイ情報があるわけでもなく、再現性高く1億円を稼げるような方法が配信されているわけではありません。

大抵の場合は動画のアクセスを増やすためにサムネイルを刺激的な内容にしており、内容がそれに伴っていないパターンがたくさん見受けられます。

そのような動画を投資初心者が見た場合、本来欲しい情報と配信されている情報が噛み合わないということが起こりがちだと思います。


また、もう少し悪質な場合は「誰でも簡単にできるロボアドバイザー」「少額から始めようFXの口座開設」「誰でも簡単に儲ける方法」というような記事やブログ動画によって、特定の金融商品を販売するサイトに誘導するものです。

ブログやYouTubeでそのような商品を紹介する人(アフィリエイター)は商品が売れるたびにアフィリエイト収入を得られる仕組みです。

本来、投資初心者向けではない投資商品でも投資初心者向けの投資商品として進める理由やメリット、デメリットを細かくまとめてある記事がたくさんあります。

そのようなサイトに出会ってしまうと、正しい投資は望めません。

逆に広告一切ない情報媒体は「情報そのもの = 商品価値」となります。ブログやYouTubeのように情報そのものを何かを得るためやアクセスを稼ぐための道具に使われるリスクは下がります。

そして、商品価値がある情報ほどたくさん売買されるわけですから、投資初心者が情報収集する際はなるべく広告が入らない媒体を使う方が賢明です。


出版社のフィルター

投資初心者の情報収集方法として書籍を勧める理由の2つ目は「出版社フィルター」が入ること。

TwitterやYouTubeで「月収数百万円稼いでます!」とか「資産1億円以上あります」という方は結構いるかと思いますが、実際に稼げているのか、その資金は投資で稼いだのか、親からの相続なのか、どういう経緯で資産を手にしているのかを調べる方法は意外とありません。

「フォロワーが多いから」「動画再生回数が多いから」という理由で信じている人もいるかもしれませんが、有益な運用ノウハウを持っているかは実際のところわかりません。

出版社から発売される本すべてが正しい情報であるとは言えませんが、出版社も自分の会社から書籍を出す以上、情報の正確性には責任を持っていますので、情報の正確性、再現性、信憑性などについては細心の注意が払われていると私は考えています。

だからこそ、投資初心者にとっては誤情報をつかまされにくい媒体かと思いますので、おすすめです。

過去に投資関連書籍をおすすめした記事がありますので、よろしければ以下の記事をご覧ください。