皆さん、こんにちは。Gazです。

本日は米国のETFについて、直近5年間の利回り(パフォーマンス)の高いETFをご紹介していきます。

よろしければ、にほんブログ村 株ブログへ の応援クリックお願いいたします。


米国のETF利回りランキング

ETFデータベース・ドットコムというサイトでは直近5年間で利回りの高いETF上位100銘柄を紹介しております。

100 Highest 5 Year ETF Returns
参照元:etfdb.com

上位6銘柄にランクインしているSOXL、TECL、TQQQ、ROM、USD、QLDというETFは全てレバレッジETFと言って、組み入れ銘柄のパフォーマンスの2倍以上リスクとリターンが高くなるように設計されたETFとなります。

レバレッジがかかっていないETFでの上位はARKW、ARKK、ARGとアーク社のETFが並び、その後にクリーンエネルギーETFの代表格であるQCLNやPBW、半導体指数であるSOXXが続きます。


成績が良い期間に注意

多くの方が「ランキング上位の銘柄 = 良い銘柄である」と捉えるかもしれませんが、利回りランキングにおいてはその常識が通用しないことが多いです。

たとえば、先ほどのランキング1位になっていたSOXL(Direxion Daily Semiconductor Bull 3X Shares)のパフォーマンスを見ていきましょう。

SOXL
参照元:Google Finance

SOXLが設定されたのは今から約10年前となる2010年3月11日です。当初$0.64でスタートした価格は約6年後となる2016年1月時点で株価が2倍の$1.31となり、そこから2年で株価が7倍の$9.19、2020年までにはさらに2倍上がり$21.04、さらに2020年3月以降、コロナショックにより株価は$6.1から$47.24とたった1年半で7.74倍にまで膨れ上がりました。

SOXLの年間成長率
年度 価格 成長率
2010年3月$0.64-
2011年1月$0.92+43.75%
2012年1月$0.47-48.91%
2013年1月$0.49+4.25%
2014年1月$1.09+122.44%
2015年1月$2.25+106.42%
2016年1月$1.31-41.77%
2017年1月$3.83+192.36%
2018年1月$10.82+182.50%
2019年1月$5.29-51.10%
2020年1月$18.41+248.01%
2021年1月$35.79+94.40%
2021年9月$47.24+31.99%

これらの経緯から見ると、SOXLは2018年末と2020年3月に大きな株価下落があったにも関わらず2017年から2018年、2020年3月以降の2つの期間において驚異的なパフォーマンスを記録したことにより、米国ETFの中ではトップクラスの利回りを実現しています。

ここで抑えて欲しいのは、ずっとこのような高いパフォーマンスを維持してきたわけではないということです。途中ではマイナス50%近い株価下落が何度もあったということも覚えておいて下さい。


では、もう一つレバレッジETF以外の事例でARKW(ARK Next Generation Internet ETF)を見ていきましょう。

 ARKW market price
参照元:ark-funds.com

ARKWが設定されたのは2014年9月30日になります。$19.66で始まった市場価格は2020年3月までに$66.96(約3.4倍)となり、コロナショック後$45.19から現在$154.33までにも約3.4倍の株価成長を見せています。

ARKWの年間成長率
年度 価格 成長率
2014年9月$19.66-
2015年1月$20.15+2.49%
2016年1月$22.01+9.23%
2017年1月$26.13+18.71%
2018年1月$48.05+83.88%
2019年1月$46.10-4.05%
2020年1月$60.53+31.30%
2021年1月$151.64+150.52%
2021年9月$154.33+1.77%

年間パフォーマンスを見ると、先ほどと同様に2017年、2018年と2020年3月以降のパフォーマンスが飛び抜けて高い部分があり、大きな下落は2020年のみでレバレッジETFと比べると、大きなマイナスが少なくなっています。

しかしながら、飛び抜けた成長が常に続くかというとそうではなく、先ほどと同様に短期間の成績が良いためにランキング上位に上がってきているのが現状です。


投資先の判断

投資先を選ぶ上で重要な判断は今の価格と将来の価格差がどれだけ大きいかによります。今後も継続して同様のパフォーマンスを出し続けられる見込みのある銘柄であれば、ランキング上位であっても投資すべきですが、利回りランキング上位銘柄というのはそういう銘柄が少ないと私は思います。

むしろコロナ後の金融政策によって溢れたお金が株式市場に流れ込んできた地合により、株価が急激に跳ね上がっているだけで、どこかの調整局面に出くわしてしまえば、投資家は冷静にならざる得ないと思います。

一時的なパフォーマンスに惑わされず、毎年確実に利益を積み上げている銘柄もしくは株価暴落時に強い銘柄に焦点を絞る方が賢明な投資ができるはずですので、ランキングだけに騙されないように注意してください。


応援のお願い

以下のリンクをクリック頂けますと私自身ブログの更新も続けやすくなります。お手数ですが応援のほど何卒宜しくお願いいたします🙇‍♂️