こんにちは。Gazです。

先日、Twitterで以下の内容を発信しました✨

本記事では【 世界中の投資家が20年後に大きな資産を手にする理由 】について詳しく解説していきます。


世界中の投資家が20年後に大きな資産を手にする理由

高級車

世界中の投資家が20年後に大きな資産を手にする理由は2つあります。

  • 貯金より投資をしているから
  • 株価暴落後も投資するから

日本人は貯金割合が海外に比べて多く、投資をしている人も多くはありません。

さらに株価が暴落したとなれば日本人からすると投資は「避ける対象」となります。

これらの考え方が金融リテラシーの高い海外では真逆の考え方をするのです。

その理由と証拠をこれから説明していきます。


貯金より投資する

まずご覧いただきたいのが日本銀行調査統計局が発表した「資金循環の日米欧比較」です。

資金循環の日米欧比較
参照元:日本銀行 HP

上記は家計の金融資産のうち貯金や株式などの金融資産の割合をあわらしたグラフ(2019年3月時点)です。

注目いただきたいのは日本の現金・貯金比率が53.3%を占めてるのに対して米国では12.9%しかなく、欧州でも34%に抑えられているという事実です。

金融資産の総量に差があるとしても日本の貯金比率がいかに高いかがわかるはずです。

日本人は収入を増やす方法を労働収入だけに頼りがちで、株式や債券などの投資商品で利子や配当金を稼ぐことをほとんどしません。

その結果、長期的に見た場合に海外と日本では金融資産の総額に大きな差が出てくるというのが現実です。


金融資産総額にどのくらいの差がでているかは、金融庁の資料を確認するとわかります。

金融庁が発表した説明資料
参照元:金融庁 HP

上記は1995年から2015年の約20年間の各国の資産推移グラフです。

同じ期間で米国の金融資産が3倍に増えている中、日本の金融資産は1.47倍しか増えていません。

運用リターンにおいても1.4倍から2倍程度の差がでており、今後もこの差が開いていくと予測できます。

途中ではリーマンショックなどの株価大暴落により家計の資産は一時的に落ち込みますが、その後も大きく成長していることも注目しておきたい事実の1つです。


株価暴落後も投資する

我々日本人は株価が暴落するおと、ほとんどの方は「株式投資はギャンブルだ」「元本割れリスクのある投資は怖くてできない」という逃げ腰になってしまいます。

しかし、米国やヨーロッパではむしろ逆で市場が暴落すれば投資のチャンスだと考えることができる投資家が少なくありません。

むしろ株価暴落後の方がチャンスと捉える人が多いかもしれません。

これらの大きな差は「金融知識(リテラシー)」の差とも言われており、私たち日本人は株式投資の仕組みや本質を理解していないことが問題です。

  • なぜ株価暴落時がチャンスなのか
  • どのような投資方法が有効なのか
  • どのように資産を運用していくべきなのか

これらの課題を理解するためには多くの勉強が必要になります。

より深く勉強してみたいという方は当ブログの過去記事をご覧ください。


世界中の投資家が20年後に大きな資産を手にする理由をまとめると、以下のとおり。

  • 積極的に投資をしているから
  • 株価暴落後も投資をやめないから

必要最低限の貯金を確保しながら投資を行うためには、ただ真似すればいいだけではありません。

もし、この記事を読んでくださっている方も投資によって金融資産を増やしていきたいと考えるのであれば、それなりの金融知識をつけた上で投資を始めることをおすすめします。

その際は当ブログの関連記事や私のTwitterを参考にしていただけると幸いです。


活動のお知らせ

ブログ以外にもSNSなどで活動しております。

どうか以下のリンクをクリック頂き、応援のほど何卒宜しくお願いいたします🙇‍♂️