仮想通貨投資と節約でLEVEL MAX!!

多くの人が楽しく仮想通貨投資を始められるよう仮想通貨投資と節約関連の情報をお届けするブログです。

2018年11月

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「ふるさと納税の仕組みが知りたい」
    「仮想通貨の利益を減税できる?」
    「サラリーマンでもふるさと納税の確定申告は必要?」




ふるさと納税とは

仕組みが複雑だと思われている「ふるさと納税」

ふるさと納税とは、利用すれば自治体から様々な返礼品をもらいながら、支払うべき税金が免除される制度です。


ふるさと納税はサラリーマンなど一般的な給与所得者だけが利用できる制度だと考えている人も少なくありません。

しかし、実際は自営業や公的年金受給者でも利用できる制度です。

せっかく払う税金だったら地方の自治体から少しでも返礼品がもらえる方がお得だと考える方々は増え続けており、平成29年には全国で約3,653億円(前年比1.28倍)と受け入れ件数が急成長しています。(総務省調べ)

ふるさと納税受け入れ件数
総務省:ふるさと納税に関する現況調査結果

ふるさと納税の減税効果

ふるさと納税は支払う税金を控除する働きがありますが、減税させる効果はありません。

しかし、支払うべき税金の総額は変わらない(実質は2,000円程度の差)にも関わらず、手元には地方自治体からの返礼品を受け取ることができるというのが、ふるさと納税の大きな魅力となっています。


やらないと損するふるさと納税

本来、ふるさと納税を利用した場合には確定申告書を税務署に提出する手間が発生します。

会社員など企業に勤めている方は会社が確定申告をしているため、「確定申告」という名前を聞いただけで面倒だと感じる人も多いようです。

しかし、ふるさと納税には確定申告をしなくても税金控除を受けられる仕組みがあります。


それが、「ワンストップ特例制度」です。


ワンストップ特例制度とは、確定申告を行わなくてもふるさと納税による寄付金控除が受けられる仕組みでやり方も簡単です。

ワンストップ特例制度を利用するために必要な作業は以下の通りです。

ワンストップ特例制度の手続き
    手順1:申請書に必要事項を記入
    手順2:本人確認書類を用意
    手順3:申請書と本人確認書類を郵送

上記3つの手順でワンストップ特例制度は完了します。

手順1にある申請書はふるさと納税を注文するECサイトから無料でダウンロードすることが可能です。

必要事項もそれほど多くありません、寄付した自治体と住所、氏名、生年月日などの基本的な項目といくつかのチェック項目にチェックを入れるだけ。

本人確認書類はマイナンバーカードの写しだけ。手元になければ住民票と免許書、健康保険証でも代用可能です。

正直この程度であれば、全く手間ではありません。

地方自治体が提供するお肉やコメ、海鮮などの返礼品を受け取りながら税金控除ができることを考えれば、やらない手はありません。

ワンストップ特例制度の注意点としては、寄付する自治体が5つ以内であること。

寄付回数は5回以上でも問題ありませんが、寄付先が5つ以上の場合には確定申告が必要となります。


ふるさと納税は仮想通貨の節税対策?

仮想通貨の所得は雑所得に分類されますが、ふるさと納税は雑所得でも給与所得でも所得税に分類されるものであれば、税制控除できる仕組みあります。

つまり、仮想通貨投資で儲けた利益に課税される税金もふるさと納税で寄付金を支払えば、返礼品がもらえて税金も免除されることになります。

仮想通貨投資とふるさと納税は意外にも良い組み合わせです。


ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税は地方自治体へ寄付金を送ることによって、「寄付金 - 2,000円」分の所得税(と県民税、市民税)が控除される仕組みです。

所得税とは、本来以下の計算式で算出される税金です。

    (所得額 - 各種税制控除) × 所得に応じた税率

所得額とは一般的には給与所得(サラリーマンであれば、会社から支給される給与)を意味します。

しかし、仮想通貨投資で利益を得た人はその利益額も合算した金額が所得額となります。

各種税制控除は、高校生の子供がいれば扶養控除、専業主婦の方と結婚されている方は配偶者控除などをを意味します。

上記の式から算出される所得税を寄付金を支払うことによって減税させるのがふるさと納税の仕組みです。

ふるさと納税の限度額

 

ふるさと納税によってすべての所得税が減額できるわけではありません。

減額(免除)できる限度額は全國一律ではなく、市区町村によってことなります。

こればかっりは、ここでいくらまで減額できると明言できるものではなく、個別に市区町村にある役所のWEBサイトで確認するか、問い合わせるしかありません。

なぜ、市区町村によって上限額がことなるかというと、それは市区町村によって徴収される税金(県民税、市民税)の額面がことなるからです。


また、ふるさと納税の限度額は地域意外にも以下の要素で限度額が変化します。

  • 所得金額
  • 税制控除金額

所得金額が多ければ多い人ほど多く税金を払うのが日本の塁審課税という仕組みです。

ふるさと納税で控除できる税額は所得金額が多ければ多い人ほど、多く免税されるようになっています。

また、税制控除を受けている金額が多い人ほど、免税金額は低くなります。

独身よりも扶養家族が多い方がふるさとの納税の限度額は低くなります。

ふるさと納税の計算

ふるさと納税で自分の限度額がどの程度なのか目安を知りたい方は以下のサイトがおすすめです。

さとふる:ふるさと納税控除上限額シミュレーションのご案内

ただし、あくまで目安であって正確な数値ではないことをご了承ください。

上記サイトを見れば明らかですが、独身(もしくは共働き)の方の上限金額は給与所得(年収)に対して1%から2%程度に設定されています。

年収1,500万円以上になると急に限度額が上昇し、年収4,000万円になると120万円近い上限金額となるようです。


雑所得と給与所得は合算

平均年収(430万円程度)であれば、ふるさと納税の上限金額は8,000円〜41,000円となります。

しかし、仮想通貨投資で利益を発生させている方の場合は、仮想通貨の利益を合算した金額がふるさと納税の上限金額を決めることになります。

つまり、430万円程度の年収であっても仮想通貨投資で1,000万円稼いでいれば、ふるさと納税の上限金額は17万円程度まであげることができます。

17万円分の寄付金を支払うことによって、17万円分に見合った返礼品を地方自治体から受け取ることができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「ストキャスティクスって何?」
    「BTCチャートで使えるテクニカル分析を知りたい」
    「短期トレード(スキャルピング)に強くなりたい」
    「ストキャスティクスの使い方を知りたい」
    「スマホアプリでストキャスティクスを使いたい」




ストキャスティクスとは

ストキャスティクスとは、株式取引やFXなどのチャートを分析するための指標です。「買われすぎ、売れらすぎ」といった相場の過熱度を判断するために利用されます。

ストキャスティクスは1950年代にアメリカの投資家ジョージ・レーンによって考案されたオシレーター系テクニカル分析です。

ストキャスティクス GMOコイン

上記はGMOコインのアプリで表示したビットコインチャートですが、その下にストキャスティクスが表示されます。

ストキャスティクスは通常%K、%D、Slow%Dの3本、もしくは%D、Slow%Dの2本で表示されることが一般的です。


ストキャスティクスの計算式

ストキャスティクスに使われる値(%K、%D)は以下の計算式で算出することができます。

%Kを求める計算式
    (現在値-過去n日間の最安値)÷(過去n日間の最高値-過去n日間の最安値)×100

%Dを求める計算式
    (【現在値-過去n日間の最安値】のm日間の合計」÷ 【過去n日間の最高値-過去n日間の最安値の期間分合計】)×100

通常nの値は5、9、14日間で設定し、mの値は3間で設定するのが一般的です。

またSD(SLOW%D)は、%Dの単純移動平均となり、設定期間は3日間を設定するのが一般的です。

ストキャスティクスとRSIの違い

FXや仮想通貨などの投資経験がある方であれば、「売られすぎ、買われすぎ」を判断する指標(オシレーター系テクニカル分析)のひとつとして「RSI」という指標があるのをご存知かもしれません。

関連記事:仮想通貨(ビットコイン)チャートでのRSIの使い方

詳しくは上記の記事にまとめている通りですが、RSIも相場の過熱度を判断するために利用される指標であることは間違えありません。

ストキャスティクスとRSIの違いは【感度】です。

ストキャスティクスの方がRSIよりも大きく反応するため、ボックス相場など相場が硬直している状態に効力を発揮します。

逆に言えば、相場の値動きが激しい時は無駄に反応してしまうため騙しや判断ミスにつながりやすいというデメリットももった指標となります。


ストキャスティクスの使い方

ストキャスティクスの使い方として、売買サインの見極め方とボックス相場での使い方を説明します。


ストキャスティクスの売買サイン

ストキャスティクスは感度が高いため相場が反転する時は線がクロスする現象が起こります。

%DがSlow%Dを上に突き上げた時は相場が下向きから上向きに変わる合図です。

逆に%DがSlow%Dを下に突き抜けた時は相場が上向きから下向きに反転していることがわかります。

ストキャスティクスのサイン

GMOコインでは%Dが黄色い線で、Slow%Dが深緑色の線となっています。


仮想通貨の暴落を予測するストキャスティクス

ストキャスティクスとRSIの違い

上記のグラフはGMOコインで「RSI」と「ストキャスティクス」を同時に表示させています。

2018年11月のビットコイン相場は14日を境に大きく暴落しているのですが、暴落前にしっかりとストキャスティクスが指標として暴落の合図を出していることがわかります。

同じ「買われすぎ」という指標を示すRSIの数値は60%前後しか反応していませんが、ストキャスティクスは暴落直前に80%の反応を示していることがわかります。

同じボックス相場でも暴落前だけ80%に到達し、それ以前は60%前後になっていることが判断できれば、暴落前に注文(ショート)を入れることで莫大な利益を発生させることができた相場となります。


下落相場でも利益が出せる仮想通貨FX

仮想通貨の現物取引では仮想通貨が暴落した時に利益を出すことはできません。

2018年のビットコイン相場を見れば、仮想通貨で利益を出すのは至難の技です。

しかし、暴落が続く相場でも仮想通貨FXなら博奕を出すことも可能です。

ただし、闇雲に仮想通貨投資を始めても利益を出すことはできません。

ストキャスティクスのようなテクニカル分析を勉強し、それらを武器として使える取引所を選択してこそ始めてスタート地点に立てます。

私がおすすめするか仮想通貨取引所はGMOコインです。

GMOコインははGMOクリック証券などのノウハウもあるGMOインターネットグループ企業の一つである上に、スマートフォン用の仮想通貨FXアプリとしては国内で一番使いやすいからです。

ストキャスティクスはもちろんのこと、ボリンジャーバンドや一目均衡表などの指標も表示させることができます。

仮想通貨投資を始めるならGMOコインです。

まだ口座登録がお済みでない方は以下のバナーより登録を進めて見てください。


登録には審査があり、即利用するとはできません。

審査期間中は、以下の記事でスキルアップを測って見てください。

関連記事:GMOコインの評判【初心者向けにわかりやすく解説】
関連記事:GMOコインのスプレッドを攻略する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「RSIって何?」
    「BTCチャートで使えるテクニカル分析を知りたい」
    「短期トレード(スキャルピング)に強くなりたい」
    「RSIの使い方を知りたい」
    「スマホアプリでRSIを使いたい」




仮想通貨(ビットコイン)チャートで使う「RSI」とは

RSIとは、ある一定期間の値動きに対して値動きの割合を表したグラフです。

50%を中心に、80%、100%と上昇していくと「買われ過ぎている」というサインとなります。逆に40%、20%、10%と下降していくと「売られ過ぎている」という判断ができる指標がRSIです。

RSIは「Relative Strength Index(相対力指数)」の頭文字をとって「アール・エス・アイ」と読みます。


RSIはオシレーター系テクニカル分析

RSIはアメリカの証券アナリスト「J.W.ワイルダー」という人物によって1972年に開発され、今では世界中誰もが利用する有名なテクニカル分析のひとつです。

RSIは仮想通貨の値動きだけでなく、もともと株価やFXなどのチャートを分析するため利用さていたオシレーター系テクニカル分析です。

オシレーター系とは、上下に変動する相場の波の強さやトレンドが切り替わるタイミングを分析する手法のことを意味します。

オシレーターには「振り子」という意味があり、オシレーター系テクニカル分析は振り子のように相場の反転を予測する手法として利用されます。


RSIの計算式

RSIは以下の計算式で値を求めることができます。

    RSI(%) = (値上がり幅の合計) + (値上がり幅の合計 + 値下がり幅の合計)× 100

上記の計算でわかるように、RSIの値は0から100%の間でしか推移しません。

RSIが120%や-50%という値は存在しないということです。


仮想通貨FXのボックス相場に強いRSI

ボックス相場とは、箱(ボックス)に囲われているかのように値動きが小さくなった状態が続く相場のことを意味します。

ボックス相場はレンジ相場、待合相場とも言われたりします。

ボックス相場の時はテクニカル分析指標に売りや買いのサインが見えづらく、利益を出しにくい相場となるため多くの投資家にとっては避けるべき相場となります。

しかし、RSIではボックス相場においても売りや買いのサインが出て来やすく、そのあとの大きな値動きを予測するための指標として使われることが一般的です。

ボックス相場

上記のグラフでは最近のビットコインが下落している様子となりますが、大きな下落の前には必ずボックス相場があることがわかります。

ボックス相場が登場した際にRSIが買われすぎのサインがでているため、その後大きな売り相場が訪れる可能性があることが予測できるようになります。


仮想通貨FXのスキャルピングに強いRSI

スキャルピングとは数分、數十分間の超短期トレード手法のことを意味します。

デイトレードよりも短い単位で取引を行うため、1日に何度も注文を出すのが大きな特徴のひとつです。

日本の仮想通貨取引所のほとんどが取引手数料が無料のため、取引回数が多くなったとしても投資家に負担はありません。


スキャルピングではリスクの高い逆張りや底値を狙う必要はありません。

スキャルピング

値動きが動き始めたら注文し、トレンドが終わる前に売り切ることができれば利益を出すことができます。

その時に参考にする指標がRSIです。

値動きが始まった時のRSIの値を参考に極端にRSIが動き始めたら取引を終了させます。

すると値動きが反転する前に利益を確定させることになるからです。


仮想通貨(ビットコイン)チャートでのRSIの使い方

先ほどの説明でRSIの概要を把握することができましたら、次はRSIの使い方について説明します。

RSIの使い方
  • RSI売買サインの使い方
  • RSI設定期間の使い方
  • ダイバージェンス現象の攻略

RSI売買サインの使い方

0から100%の間で値が推移するRSIは株や為替などの市場では売りサインを80%以上、買いサインを20%以下で見ることが一般的です。

ただし、仮想通貨の場合はボラテリティが他の金融商品と比べ物にならないくらい大きいため、RSIの数値はトレンド状況や他のテクニカル分析指標と併用して判断するのが効果的です。

例えば2017年11月頃のビットコイン相場のように大きな上昇トレンドでは、RSIの数値が80%以上を推移していたとしても価格は上がり続けていました。

このような時はRSIの値が80%を推移してもトレンドの反転は起きないため、90%以上の値になるまで投資し続けることができます。

そして、2018年11月のビットコイン相場のように大きな下降トレンドの場合も同様です。

RSIの値が20%を下回ったとしても、さらに下落相場が続き価格はどんどん下がり始めています。

その場合は、RSIの値が10%近くまで注文(ショート)を入れ続ければ利益が得られる可能性が高くなります。

反対に、トレンドが弱まりボックス相場となった場合は40から60%付近の値でもトレンドが大きく反転する合図となるため、トレンドに応じてRSIのサインを見極める必要があります。

RSI売買サインのまとめ
  • ボックス相場の時は60%以上(もしくは40%以下)でも反転のサインになる
  • ボラティリティが大きい時は90%以上(もしくは10%以下)までRSIの値が推移する可能性がある

RSI設定期間の使い方

RSIの設定期間は長ければ長いほど、RSIの値が示すサインは強くなります。

これは移動平均線の集計期間が長ければ長いほど、ゴールデンクロスやデッドクロスのサインが強くなる仕組みと一緒です。

通常は14日間の値動きの値を参考にRSIの値が設定されます。

14日間よりも短い値であれば、RSIの値はより大きく動いてしまいあまり参考にならなくなってしまいます。

金融商品の中でも最も値動きが激しい仮想通貨の場合はRSIの設定期間を14日間以下に下げないことをおすすめします。


ダイバージェンス現象の攻略

ダイバージェンス現象とは、ローソク足の動きとテクニカル指標の動きが逆行する現象のことを言います。

例えば、RSIが90%を示している場合買われすぎというサインのため、その後の値動き(ローソク足)は上昇トレンドから反転し、下降トレンドになることが一般的です。

しかしRSIが90%を示しているにも関わらず、値動き(ローソク足)はさらに上昇し続けてしまう現象がダイバージェンス現象となります。

この場合はRSIやストキャスティクスなどのオシレーター系テクニカル分析の指標だけでは相場を読み切ることができなくなるため、一目均衡表やボリンジャーバンドなどのトレンド系テクニカル分析を併用するのがおすすめです。


仮想通貨FXでRSIが使えるスマホアプリ

RSIについて説明してきましたが、理論を理解しただけでは意味がありません。

実際のトレードで実践することで、あなたなりの傾向と対策が蓄積され、投資家としてのスキルが磨かれるはずです。

RSIが使える仮想通貨取引所で、スマホアプリでも仮想通貨FXができる取引所はGMOコインです。


仮想通貨FXならGMOコイン

GMOコインでは、ビットコイン以外でも仮想通貨FX取引サービスを提供しています。

私がGMOコインをおすすめするのは、スマホアプリで最もチャートが見やすく勝ちにいける戦略が練りやすいからです。

他にもおすすめする理由は以下の記事にもまとめています。

関連記事:GMOコインの評判【初心者向けにわかりやすく解説】
関連記事:GMOコインのスプレッドを攻略する方法

GMOコインを利用すると、どこにいてもスマホアプリを開くことができるため、傾向と対策が勉強できる上に、スピード注文を使えばタイミングを逃しにくく、利益につながりやすくなります。

GMOコインへの登録がまだの方は、まずは口座開設し、少額からトレードを始めて見てください。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「仮想通貨の税制について知りたい」
    「マイニングや分裂の課税について知りたい」
    「仮想通貨をの贈与税について知りたい」

国税庁が税務上の仮想通貨取扱いを発表

国税庁は仮想通貨に関する税務上の取り扱いを今まではタックスアンサーのみで発表していました。

そのタックスアンサーも所得税の分類と消費税がかからないというくらいで、その他の取り扱いについては発表しておらず、気になる事項は全て税務署に問い合わせる必要があったということになります。

しかし、2018年11月に国税庁が「仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)」を発表したことにより、仮想通貨の計算方法や債務調書の記載方法など、細かい税務の対応方法方について明らかになりました。

その内容が以下のサイトより確認できます。

国税庁:仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)

仮想通貨の分裂は課税対象にならない

「仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)」の資料を確認すると、様々な状況ごとに計算方法や課税の有無が明記されています。

中でも注目されたのが【仮想通貨の分裂(分岐)により仮想通貨を取得した場合】という7ページ目にある項目です。

仮想通貨の分裂に伴い、新たに仮想通貨を取得した場合は課税対象にならないと明記されています。

2018年11月にはビットコインキャッシュ(BCH)がBCHABCとBCHSVに分岐し、保管した仮想通貨取引所によってはBCHを持っているだけで相当量のBCHABCとBCHSVを手にしているはずです。

仮想通貨資産として換算すれば相当量の資産が増えているはずですが、分裂で得た仮想通貨資産は円やドルなどの法定通貨(もしくはその他の仮想通貨)に換金されるまでは課税されないというのが正式な発表内容です。


仮想通貨も相続税はかかる

相続税や贈与税に関する内容で「仮想通貨を相続や贈与により取得した場合の課税関係」についても明記されています。

それは、「被相続人等から仮想通貨を相続若しくは遺贈又は贈与により取得した場合には、相続税又は贈与税が課税される」というものです。

相続や贈与により取得した仮想通貨は納税義務者(相続人や贈与を受けた人など)が取引を行なっている仮想通貨交換業者が公表する取引価格によって評価されます。


この法律は価値の変動が激しい仮想通貨にはかなり不利な税金となる可能性もあります。

それは仮想通貨のまま資産を持ち続けた場合に、申告する時と徴税される時で価値が大きく変わるところにあります。

万が一、贈与された時と徴税のときの差が半分以上ある場合は税金が払えない可能性もでてくるでしょう。

そのほかにも税法上の取扱いについて多数盲目があるため、仮想通貨投資に関わる方であれば一度目を通しておきましょう。

国税庁:仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「キャッシュレスを体験してみたい」
    「少しでもお得にお買い物がしたい」
    「お店で小銭を払うのが面倒」
    「全て無料で決済できるサービスが知りたい」

もくじ(コンテンツ)









PayPayとは

PayPay

PayPayとは、スマホひとつで簡単に支払いができるアプリです。

まずはPayPayのプロモーション動画をご覧ください。



PayPayは2018年10月5日にサービスが開始され、現在は実店舗にあるQRコードを使った支払いのみに限定されますが、将来的にはオンライン決済や個人間の送金サービスなどの提供が予定されています。


PayPay株式会社

PayPayを提供する「PayPay株式会社」の概要を以下にまとめました。

会社概要
項目 詳細
会社名PayPay株式会社
設立2018年6月15日
代表者中山 一郎
所在地東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
株主ソフトバンク株式会社
ヤフー株式会社

PayPayの特徴

PayPayのデジタル決済には様々なメリットがあります。

PayPayのメリット
  • 支払いが簡単
  • 無料でできるPayPay
  • PayPayでのお支払いで0.5%還元
  • 初期費用、決済手数料が無料

PayPayは支払いが簡単

先ほど紹介したブロモーション動画にもある通り、PayPayでの支払いはわずか2Stepで完了します。

  • Step1:アプリでQRコードを読み取る
  • Step2:支払い金額を入力する

上記の操作が完了すれば、あとはお店側で入金が確認できるシステムとなっています。

小銭を数えて支払ったりお釣りをもらう手間がないため、現金払いよりも圧倒的に簡単です。


また、店舗によってはバーコードを提示するだけで支払いを済ませることも可能です。


無料でできるPayPay

PayPayを利用するにあたってアプリのダウンロード、支払い方法の登録など、利用の際に費用がかかることはありません。

かかる費用は通信料に応じてパケット通信料金だけとなります。


PayPayでのお支払いで0.5%還元

「PayPayでのお支払いで0.5%還元」というPayPayの利用特典があります。

これは期限を定めたキャンペーンではなく、持続性のある利用特典となります。

付与上限は毎月5,000円相当までとなりますが、利用するたびに得することができます。


PayPayは決済手数料が無料

PayPayを導入するお店側のメリットも十分にあります。

PayPayを導入するお店側は初期費用や決済手数料を支払うことなくデジタル決済を導入することが可能となります。

クレジットカード決済の場合はお客様の決済金額に応じて2.0〜3.0%の決済手数料をクレジット会社に支払う必要があります。

仮にクレジット決済での売り上げが100万円あったとすれば、クレジット会社には2〜3万円を支払う必要がでてきます。

PayPayで決済された場合には2~3万円程度のお金をクレジット会社に支払う必要がなくなるため、その分はお店の利益として換算することができるようになります。


店舗経営者の特集動画がこちらにあります。



PayPayが使えるお店

PayPay導入店舗

現在PayPayが利用できるお店は以下の店舗となります。

  • 白木屋
  • 魚民
  • 居酒屋笑笑
  • 居酒屋千年の宴
  • 海鮮楽屋福福屋
  • 月の宴
  • くろ○
  • 月の花
  • 魚萬
  • めでた家
  • kocoro・ya
  • 地鶏専門山内農場
  • 鶏のGeorge
  • 築地魚銀
  • カラオケ歌之助
  • ホルモンおいで屋
  • 268円厨房うちくる
  • お好み焼きみつえちゃん
  • MonteCafe
  • 目利きの銀次
  • 俺の串かつ黒田
  • 豊後高田どり酒場
  • 和民
  • 座・和民
  • にくスタ
  • TEXMEX FACTORY
  • ニッポンまぐろ漁業
  • 鳥メロ
  • ミライザカ
  • メガネドラッグ
    などなど

また、近日対応予定として「ファミリーマート」や「HIS」「YAMADA電気」などの大手店舗も導入予定となっています。

PayPay導入予定

PayPay利用時の注意点

利用する上でいくつかの注意点をまとめました。

利用上の注意点
項目 詳細
決済上限50万円/回
残高上限100万円
チャージ単位100円以上
チャージ限度額1日/最大50万円、1ヶ月/最大100万円

PayPayでは50万円を超える支払いに対応することはできません。

チャージするときは100円以上をチャージする必要がありますが、100円以上であれば1円単位でチャージ金額を設定することができます。


PayPayのチャージ方法は3択

PayPayのチャージ方法は3択となります。

PayPayのチャージ方法
    チャージ方法1:PayPay残高(銀行口座)
    チャージ方法2:Yahoo!マネー
    チャージ方法3:クレジットカード

PayPay残高でのチャージ方法

PayPay残高でチャージするためにはYahoo!ウォレットに登録している銀行口座からチャージすることが可能です。

以下の銀行と一部の地方銀行を登録することが可能です。

  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ゆうちょ銀行

詳しくはこちらを確認してください。

Yahoo!マネーでのチャージ方法

Yahoo!マネーとはYahoo!が提供する電子マネーサービスです。

Yahoo!ウォレット以外にもコンビニでチャージすることができます。

チャージする際の手数料は無料ですが、クレジットカードを使ってチャージすることができないので注意です。


クレジットカードでのチャージ方法

クレジットカードは「VISA」もしくは「MasterCard」を登録することができます。

クレジットカードの場合はチャージするというよりも使った金額が自動で引き落としがかかる仕組みです。

すべてのクレジットカードに対応しているわけではなく以下のカードには対応していません。

  • JCBカード(Yahoo!カード以外)
  • AMEX
  • Diners

100億円あげちゃうキャンペーン

PayPayキャンペーン

PayPayでは、2018年12月4日から「100億円あげちゃうキャンペーン」と題して、支払金額の20%を還元するキャンペーンが実施されます。

キャンペーン期間中の付与上限は一人当たり毎月5万円となります。

さらに以下のようなキャンペーンも実施予定となります。

PayPayキャンペーン

40回に1回の確率で全額戻ってくるキャンペーン

PayPayの支払いなら40回に1回の確率で全額戻ってくるキャンペーンが実施されます。

上限金額は10万円相当まで。


20回に1回の確率で全額戻ってくるキャンペーン

Yahoo!プレミアム会員なら20回に1回の確率で全額戻ってくるキャンペーンが実施されます。

上限金額は10万円相当まで。


10回に1回の確率で全額戻ってくるキャンペーン

ソフトバンクスマートログイン設定済み(もしくは、Y!mobileサービス初期登録済みのYahoo!JAPAN ID)なら10回に1回の確率で全額戻ってくるキャンペーンが実施されます。

上限金額は10万円相当まで。


PayPayの登録は最短1分!

PayPayの登録は非常に簡単です。

PayPayの登録方法
    Step1:PayPayアプリをダウンロード
    Step2:ログインして、SMS認証
    Step3:お支払い情報を登録

早速、以下のサイトからPayPayアプリをダウンロードしてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「Liquidってどんな取引所?」
    「Liquidの手数料は高い?」
    「Liquidの評判はどうなの?」
    「Liquidは日本語に対応している?」
    「Liquidのアプリや登録は簡単?」

もくじ(コンテンツ)






仮想通貨取引所「Liquid by Quine」とは

「Liquid by Quine」とは、QUOINE株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

QUOINE株式会社は金融庁の登録許可(仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号)を受けて仮想通貨交換業を運営する企業です。

他の仮想通貨取引所同様2018年6月に金融庁からの行政処分を受け、業務改善を図ることによって「Liquid by Quine」の誕生につながります。

金融庁:QUOINE株式会社に対する行政処分について

QUOINEXからLiquidへ移行

QUOINEX(コインエクスチェンジ)という取引所を運営していたQUOINE株式会社が、2018年9月にサービスをリニューアルし、「Liquid by Quine」という新しい仮想通貨取引プラットフォームをリリースしました。


Liquid(リキッド)は日本語に対応

Liquid(リキッド)のWEBサイトは「英語」「日本語」「韓国語」の3言語に対応しています。

Liquid(リキッド)という聞きなれない取引所の名前から海外の仮想通貨取引所だと勘違いしている方も多いようです。

Liquid(リキッド)は日本の仮想通貨交換業者となります。


QUOINE株式会社の概要

QUOINE株式会社は「一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会 」「一般社団法人日本仮想通貨交換業協会 」「一般社団法人Fintech協会」にも加盟しています。

QUOINE株式会社の概要
項目 詳細
社名QUOINE 株式会社
設立年月2014年11月
代表者栢森加里矢
仮想通貨交換業登録関東財務局長第00002号
所在地東京都中央区京橋二丁目2番1号
会社URLhttps://quoine.com/
資本金20億円(準備金含む)
従業員数279人

仮想通貨取引所Liquid(リキッド)の評判

Liquidの評判で特に多いのは以下の項目です。

Liquid(リキッド)の評判
  • 取引手数料が安い
  • スプレッドが狭い
  • 外貨の取り扱いが豊富
  • セキュリティ対策が安全
  • スマホアプリが使い易い

仮想通貨取引所Liquid(リキッド)の手数料の評判

仮想通貨取引所Liquid(リキッド)の手数料は以下のようになっています。

手数料一覧1
手数料 BTC/JPY取引 BTC/JPY取引以外
現物取引無料無料
差金決済取引
ポジション料0.025%/日0.025%/日

手数料一覧2
手数料 法定通貨 仮想通貨
入金手数料無料
銀行手数料はお客様負担
無料
出金手数料500円
銀行手数料はお客様負担
仮想通貨誤入金回復手数料-入金数量の10%
500QASH

取引手数料は無料のため、法定通貨を出金するとき以外は手数料を取られることはありません。

ただし、日をまたいでFX取引をしたり、仮想通貨を誤送信すると手数料が発生します。

誤送信に関しては回復できない場合もあるので要注意です。


他の取引所では、仮想通貨の出入金手数料を取る取引所があります。

Liquidでは無料なので、仮想通貨決済に利用したり別の取引所に資産を移す場合は他の取引所よりも安く済ませることができます。


仮想通貨取引所Liquid(リキッド)のスプレッドの評判

以下の表はビットコイン(現物)のスプレッドとなります。

スプレッド比較
取引所 買値 売値 スプレッド
GMOコイン511,971円511,876円95円
bitbank514,158円514020円138円
Liquid509,324円509,051円273円
コインチェック513,952円513,584円368円
ビットフライヤー511,601円511,132円469円

スプレッドは一瞬の時間を切り取って上記の表にまとめており、データを取るタイミングによって多少ずれがあります。

最もスプレッドが狭いGMOコインでも300円くらいまでスプレッドが広がることもあれば、ビットフライヤーのスプレッドが100円以下になることもあります。

スプレッドは狭ければ狭いほど、投資家にとって有利です。

データを採取した結果多少の誤差はあるもののスプレッドでLiquidが他の取引所に劣るような結果ではありません。


仮想通貨取引所Liquid(リキッド)の法定通貨の評判

Liquid(リキッド)では、日本円を含む以下の10種類の法定通貨を取り扱っていると謳われています。

  • JPY(円)
  • USD(米ドル)
  • HKD(香港ドル)
  • SGD(シンガポールドル)
  • AUD(オーストラリアドル)
  • CNY(人民元)
  • INR(インドルピー)
  • EUR(ユーロ)
  • PHP(フィリピンペソ)
  • IDR(インドネシアルピア)

ただし、現在日本在住のユーザにおいては日本円以外の法定通貨の入金および出金はできない仕組みとなっています。

Liquid:外貨の入金/出金について

外貨を使ってトレードを考えている日本人の方は要注意です。


仮想通貨取引所Liquid(リキッド)の基軸通貨QASH(キャッシュ)の評判

QASH(キャッシュ)トークンはイーサリアムのブロックチェーンをベースに作られたERC20トークンです。

2017年11月に実施したICOでは124億円の資金調達に成功し、2018年1月のピーク時には時価総額500億円を超えています。

現在の市場価値については、CoinMarketCapでご確認ください。

CoinMarketCap:QASHチャート

これほど盛り上がっているQASHトークンですが、Liquidでは日本人への提供はしていません。

日本在住の方は購入できないのでご注意ください。


仮想通貨取引所Liquid(リキッド)のセキュリティ対策の評判

Liquid(リキッド)はコインチェック事件が起きた直後(2018年2月13日)時点で、全ての顧客資産をコールドウォレットで保管していた取引所となります。

顧客資産をコールドウォレットから引き出すために4段階のフィルターを通すため、顧客の意図しない出金や不正送金を防止することができます。


仮想通貨取引所Liquid(リキッド)のアプリの評判

Liquid(リキッド)のスマートフォンアプリはチャートと板情報を確認することができるため、ベストなタイミンを見極めやすいしようとなっています。

個人的に使ってみた感想だと、PC向けのツールをアプリに落とし込んでいる感覚となり、PCを使って利用する方が注文が出し易い印象です。

スマホもPCも持っている人はPCでトレードすることをおすすめします。

Liquidトレーディングビュー

好みの問題ですが若干ボリンジャーバンドなどのテクニカル指標が見づらいかなと感じる人もいるかもしれません。ビットフライヤーのように画面のカラーバリエーションがあるとなおGOOD


仮想通貨取引所Liquid(リキッド)の登録方法

最近では、Liquidの人気の取引所の一つです。

先日、当ブログで紹介した「Moneco(マネコ)」というサービスもLiquidの登録が必要となるサービスで、他の仮想通貨ブロジェクトからも選ばれることが多くなっています。

関連記事:【仮想通貨フォロートレード】Moneco(マネコ)の評判

登録をするには以下の公式サイトから口座開設を進めてください。


Liquidの口座開設はこちら



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「トレードで失敗ばかりしている」
    「初心者なので投資に自信がない」
    「仮想通貨投資が上手い人のトレードを参考にしたい」
    「マネコについて詳しく知りたい」

もくじ(コンテンツ)







Moneco(マネコ)とは

Moneco(マネコ)とは、実績のあるトレーダー(仮想通貨投資家)と同じ注文ができる自動システムトレードサービスです。

こちらはMoneco(マネコ)のプロモーション動画です。



Moneco(マネコ)の使い方

Moneco(マネコ)の使い方はそれほど難しくありません。

Moneco(マネコ)の使い方
  • Step1:ランキングから優秀なトレーダーをフォローする
  • Step2:トレーダーを選択したら、あとは投資額を決めるだけ

Moneco(マネコ)はトレーダーをフォローするだけで、あとはトレーダーと同じ注文を自動で実行してくれます。

Moneco(マネコ)

各トレーダーには「リスク値」という数字が設定されています。

リスク値は過去のトレード履歴から算出され、リスク値が低いほどコンスタントに利益を出せる可能性があります。

Moneco(マネコ)では仮想通貨投資を使ったトレードのため、24時間自動で注文を行ったり、下落相場でも利益がでる可能性がでてきます。

運用資金も1万円から気軽に開始することができるため、非常に簡単です。


Moneco(マネコ)はトレーダー報酬で稼げる

Moneco(マネコ)では、フォロワーが利益を出すとMoneco(マネコ)から報酬がもらえる仕組みとなっています。

実績の高いトレーダーほどフォロワーを集めやすく報酬がもらいやすくなります。

またトレーダーはフォロワーとのコミュニケーションが不要な設計となっているため、トレーダーには不要なストレスがかからない仕様となっています。


Moneco(マネコ)はデモフォロートレードが可能

Moneco(マネコ)のお試し版では、デモフォロートレードを体験することができます。

トレーダーの取引情報は実際のものを見ることができるので、実際のフォロートレードに近い状態でシミュレーションを行えます。

デモフォロートレードで扱う円は、仮想の資金となりますので、デモフォロートレードによる結果、利益額を受け取ることや、損失額をお支払い頂くことはありません。

また、お試し版で「フォローの事前予約」を行うことで、フォロートレードリリース時に予約したトレーダーのフォロー権利を得ることができます。


Moneco(マネコ)は直接資金を預からない

Moneco(マネコ)では、Moneco(マネコ)がユーザの資金を預かるサービスではありません。

対応する取引所のAPIを利用して取引が実施されるため、資金流出のリスクは低くなっています。


Moneco(マネコ)はこんな人におすすめ

以下のような悩みや不安を持っている人にMoneco(マネコ)はおすすめです。

  • トレード経験がなく自信がない人
  • 忙しくて取引や情報収集ができない人
  • 失敗続きで新しいトレードを試したい人

トレード経験がなく自信がない人

仮想通貨投資を始めたばかりの方であれば、投資を始めるタイミングや銘柄について不安がたくさんあるはずです。

Moneco(マネコ)では仮想通貨投資の実績がある人をフォローすることで投資手法を勉強することができます。

初心者にありがちな狼狽売りやロスカットが不安な人はMoneco(マネコ)がおすすめです。


忙しくて取引や情報収集ができない人

仮想通貨市場は日々情報がアップデートされており、小さな情報でも相場が大きく動くほど値動きの激しい市場です。

普段の仕事が忙しい会社員や家事などに追われている主婦の方々の中には、満足いく情報収集ができず投資を始められない人も多いはずです。

そんな時は少額(1万円)からMoneco(マネコ)で投資をしてみることをおすすめします。

実績のあるトレーダーを選ぶことで、忙しい時にも勝手に自動で売買してくれるので予想以上の成果を得られる可能性もあります。

本業を他の人に任せることができない場合は、仮想通貨投資のアウトソーシングと捉えMoneco(マネコ)を利用することも有効な投資手法です。


失敗続きで新しいトレードを試したい人

なかなか勝率を上げられず悩んでいる人は自らのトレード手法に問題があるはずです。

今までのトレード手法を一新する必要があるはずですが、自ら得た知識や感覚はなかなか捨てられるものではありません、

そんな時は他人のトレード手法をフォローすることができるMoneco(マネコ)を利用し、自分のトレード手法との違いや成功、失敗の知識を吸収するチャンスといえます。


Moneco(マネコ)のリスクと課題

試験段階のMoneco(マネコ)にはまだまだリスクと課題があると考えています。

当ブログでもMoneco(マネコ)についていくつか考察してみました。


トレーダーの質を担保できるか

Moneco(マネコ)のフォロワーが利益を得るためには、トレーダーの手腕にかかっています。

Moneco(マネコ)がプラットフォームとして成功するためにはトレーダーの実績が必要不可欠です。

Moneco(マネコ)では、トレーダーがかならず収益を公開しなくてはいけない仕組みとなります。

ユーザは取引実績を見てフォロワーを決定することができるため、実績が出ていない(損ばかりしている)トレーダーには一切フォロワーがつかない構造を想定しています。

優秀なトレーダーを集めるためには、トレーダーへの報酬(還元率)も重要となります。

トレーダーがフォロワーを集めることによって得られる収益がなければ、優秀なトレーダーを集めることはできません。


同じパフォーマンスを担保できるか

優秀なトレーダーがいる場合、フォロワーは最も実績を出しているトレーダーに集中します。

フォロワーが多くなると同じ注文をする人が多くなるため、仮想通貨の板状況によっては注文が通らない(もしくは不利な条件で注文が決まる)場合が発生します。

すると、フォロワーがトレーダーと同じパフォーマンスが出せなくなります。

板状況とフォロワーの数の調整がうまく運営できるかが重要となります。


海外の取引所の対応予定はない

Moneco(マネコ)では、当面海外の仮想通貨取引所を対応する予定はないようです。

日本国内のFXが対応できる仮想通貨取引所のみを対応していくため、当然取り扱う銘柄も限定されます。

ICO直後の銘柄や数十倍、数百倍になるような銘柄を得意とするトレーダーにとっては不利なプラットフォームとなります。

現在発表されておる取引所は「Liquidのみ」となります。

Moneco(マネコ)を利用するユーザはMoneco(マネコ)の登録と同時にLiquidの登録も完了させておく必要があります。

当然ですが未成年(19歳以下)は利用することができませんのでご注意ください。


アプリがまだリリースされていない

Moneco(マネコ)はPCとスマートフォンで利用することが可能ですが、アプリはまだリリースされていません。

アプリのUI(ユーザインターフェース)がどのようになるのか気になるところです。

使いやすいアプリであれば、今後広まる可能性もあがります。


ユーザの手数料がどの程度に設定されるか

Moneco(マネコ)では、ユーザ(フォロワー)が利益を得た場合、成功報酬としてMoneco(マネコ)に手数料を支払う設計となります。

おそらく、この手数料がトレーダーへの報酬に還元されるはずですが、どの程度の手数料率に設定されるかが事業が今後スケールするかの鍵を握っています。


Moneco(マネコ)の評判

Moneco(マネコ)のSNSの評判は賛否両論あるようです。

まだ正式プロダクトがリリースされてませんし、新規事業はネガティブな意見が集まりやすいものです。



株式会社Gaia(ガイア)の基本情報

Moneco(マネコ)は株式会社Gaiaという企業にて運営および開発が続けけられています。

株式会社Gaiaの基本情報
項目 詳細
社名株式会社Gaia
設立日2017年5月18日
代表者窪田 昌弘
資本金900万円
事業内容機械学習を応用したシステムトレード開発
フォロートレードプラットフォーム「マネコ」の開発・運用
所在地東京都中央区八重洲一丁目9番9号東京建物本社ビル5階
公式サイトhttps://moneco.jp/

日本仮想通貨ビジネス協会へ加入

株式会社Gaiaは金融庁にも認可された「一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会」へ加入しています。

株式会社Gaiaは差金決済取引(CFD)限定のため、仮想通貨交換業には該当していません。

しかし、仮想通貨関連の法律が日々変わっていく中で、仮想通貨ビジネスを成功させるためには法律への理解も必須となります。

日本仮想通貨ビジネス協会:公式サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「仮想通貨の税金から逃れることはできる?」
    「仮想通貨の脱税や無申告がバレるとどうなる?」
    「海外の仮想通貨取引所は税金対策になる?」
    「仮想通貨の節税対策を知りたい。」

もくじ(コンテンツ)









仮想通貨の脱税や無申告がバレる理由

仮想通貨で利益を得た場合には、かならず確定申告し税金を納める義務があります。

しかし、会社に管理されていない状況などから税金を支払わなくてもいいと考える人も一定数いるようです。

そもそも納税を拒否することは犯罪となりますが、仮想通貨と脱税は非常に相性が悪く逮捕される確率は他の事例よりも極めて高いとされています。

その理由のいくつかをご紹介します。


仮想通貨取引所の取引履歴からバレる

日本国民の税金を管理する国税庁および全国にある税務署は、仮想通貨取引所などの金融機関に対して情報開示を請求することができます。

仮想通貨取引所は日本の法律上、顧客の本人確認が必須となっています。

そのため各取引所の取引データを統合すれば、国税庁は納税対象者のリストを作ることが可能となります。

国税庁がまとめたリストにある対象から確定申告がない場合は犯罪や重課税の対象となってしまいます。


また、海外取引所へも国税庁や日本政府は情報開示を請求します。

国によっては国交や国際政治の影響で情報開示がうまくいかない場合もありますが、海外取引所から提出された取引データを照合すれば、海外の仮想通貨取引所で発生している利益のについても国税庁によってすべての利益があばかれます。

よって、海外の仮想通貨取引所であっても課税義務からも逃れることはできません。


ブロックチェーン上にある取引履歴からバレる

ブロックチェーンを使う仮想通貨では、すべての取引履歴を世界中の人々が監視できるようになっています。

つまり、仮想通貨取引所から提出される個人情報とブロックチェーンアドレスを照合すれば、誰がどれくらい資産を持っているかというのを、リアルタイムで確認することができます。

しかも、仮想通貨を売買した日付や量まですべて把握することができることが仮想通貨と脱税の相性が悪い理由です。

取引履歴を改ざんが不可能で、全世界共通でデータを閲覧できるというブロックチェーンの特徴が、マネーロンダリングや脱税などの犯罪を難しくしています。


SNSの投稿からバレる

現在ではFacebookやTwitter、インスタグラムなどのSNSを通じて情報を収集することも可能です。

SNSでいいねやフォロワーの集客目的で自己資産を公開したり、仮想通貨のトレード成績を公開するユーザは少なくありません。

それらの情報は国税庁の調査対象となり、脱税疑惑がある場合などは証拠や裏付けとして利用される可能性は高くなります。


脱税や無申告がすぐにバレない理由

仮想通貨で利益を得た場合、3月中旬までに確定申告を完了させる必要があります。

2018年中に得た利益は、2019年3月15日(金)までに税務署に提出することとなっています。

しかし、確定申告時期を過ぎてすぐに通告や逮捕されるわけではありません。

逮捕されるまではかなりタイムラグがある場合が多いようです。


利益額が低いと後回しになる

脱税や無申告の通告までにタイムラグがある理由の一つは、利益額が低い場合に後回しにされるということです。

国税庁にも担当のリソースに限界があるため、仮想通貨の利益額が多い順で処理されます。

ただし利益額が少ない場合でもリスクは変わらないため、必ず申告しましょう。


罰則が重くなるのを待っている

仮想通貨投資で利益を得ているにもかかわらず無申告状態を続けると、支払わなければいけない税金はどんどん増えていく仕組みです。

延滞税や加算税という税金によって、税金を払わない期間に応じて課税義務が増えていきます。

つまり、税務署側も1年目で通告するよりも5年目で通告する方がより多くの税金を国民から徴収することができます。

税務署側はリソースに負荷をかけることなく処理することができるため、時間が経つごとに無申告者の課税義務は重くなっていきます。


仮想通貨の脱税、無申告のペナルティ

仮想通貨で稼いだ利益を申告しなかった場合、かなり重い課税義務がかされます。

そのルールについて説明しています。


延滞税

延滞税は確定申告で申告した税金を期限までに支払わなかった場合にかかる税金です。

期限日から最初の2月まではは原則7.3%が加算され、2月以降は14.6%の延滞税が課されます。

納税金額が数億円の場合、延滞税だけで数千万円という事態になってしまいます。。

詳しくは国税庁のHPを参考にしてください。

国税庁:延滞税について

加算税

加算税にはいくつかの種類があります。

加算税の種類
種類 詳細
過小申告加算税申告書に記載した税額が本来の税額より少なかった場合に課せられる税金
無申告加算税申告期限以降に申告した場合に課される税金
不納付加算税源泉徴収税を期限までに納めなかった婆に課される税金
重加算税仮装、隠ぺい行為があった場合に課される税金

過少申告や無申告加算税については10〜15%の課税が義務付けられます。

延滞税よりも重いため、税金計算は正確に行う必要があります。


中でも最も重いのは重加算税です。

重加算税の場合は、過少申告や無申告加算税が合算されるケースがあり35〜40%の加算税が課されます。

40%の課税は本来支払わ馬ければいけない税金に加えて、さらに氏は割らなければいけないため、負担金額は相当高くなります。


仮想通貨の税金計算を簡単にする方法

仮想通貨の税金を計算するためには、以下の行為で発生したをすべての利益を把握する必要があります。

仮想通貨の税金計算項目
  • 仮想通貨を日本円に換金
  • 仮想通貨同士の交換
  • 仮想通貨で物やサービスの購入
  • 仮想通貨のマイニング

例えば仮想通貨FXを利用するとすべてのトレードが「仮想通貨から日本円に換金する行為」に該当します。

ビットコインで家電製品や飲食をした場合はビットコインレートに応じて利益を計算する必要がでてくるなど、仮想通貨の税金計算がかなり面倒だということがわかるはずです。

そんな税金計算を少しでも簡単にする方法をご紹介します。


長期保有(ガチホ)し続ける

日本の法律上、一度購入した仮想通貨を他の金融商品やサービスなどと交換せずに持ち続けていれば税金は発生しません。

2009年にビットコインを取得し、現在も持ち続けている場合、ビットコインとしての資産価値は相当高いものになっているはずです。

しかし、その仮想通貨資産に対しては1円も税金が課されることはありません。

このルールを利用すれば、これから上がるであろう仮想通貨の場合は、むやみにトレードせずずっと持ち続けていれば税金計算をする必要がないということです。


決済は仮想通貨ウォレットを利用

仮想通貨で商品を購入する場合は、取引データをCSVデータなどで抽出できるウォレットアプリを利用することをおすすめします。

もしデータを抽出できないウォレットアプリを利用してしまうと、あとあと税金計算できなくなってしまいます。

おすすめは、ビットフライヤーやCoincheckなどの取引所のウォレットです。

すべての取引が記録されるので、あとあと税金計算する際には参照元データとして利用することができます。

また、MyEtherWalletも同様の機能があるため、ICOに参加したりマイナーコインを手にいれる場合はMyEtherWalletを使うことをおすすめします。


税金計算と確定申告を代行してもらう

仮想通貨投資をする場合は複数の仮想通貨取引所を利用するのが一般的ですが、たくさんの取引所を利用していると、各取引所ごとにデータの抽出方法が異なるためまとめて計算することが難しかったりします。

また、税金計算を間違えてしまうと先ほど紹介した加算税などのペナルティを受ける可能性もあるため、検算したり、仮想通貨に関する税法(法律)を見直したり、税務署に問い合わせるなど様々な手間がかかってしまうのも事実です。

簡単かつ、正確に仮想通貨の税金計算と確定申告を終わらせたい場合にはプロが税務を代行するサービスを利用するのもひとつの方法です。


仮想通貨の税務を代行するGuardian(ガーディアン)は2017年の仮想通貨税務サポート件数が最もあるとされており、仮想通貨元年に誕生した億り人や税務に悩む人の駆け込み寺となりました。

全国の税理士に仮想通貨知識を啓蒙する活動も積極的に実施しています。

仮想通貨の税制について自信がない人はこれから詳しくなるチャンスとしてサービスを利用してみてはいかがでしょうか。


仮想通貨の節税対策

課税は仮想通貨の利益に対して発生します。

言い換えると、利益を発生させない、もしくは利益を抑えることができれば税額も減ります。

ここでは、仮想通貨の利益を発生させない方法や利益を抑える方法をご紹介します。


含み益を利確しない

仮想通貨の含み益を利確しないというのは、先ほど紹介した仮想通貨を長期保有(ガチホ)する方法と一緒です。

たとえば、10万円で購入したビットコインが100万円の価値になったとしても、日本円に換金しなければ税金は発生しません。

もし100万円分のビットコインを日本円に換金してしまうと90万円の利益に対して135,000円の課税義務が発生してしまいます。

来年以降も価格が上昇し続けるであろう仮想通貨の場合はできるだけ長く保有し続けることによって、その年に支払う税金を抑えることができます。

また「含み益を利確しない」というのは、他の仮想通貨に変更したり、仮想通貨を決済に利用することも該当します。

これから上がるであろう仮想通貨資産はできるだけ利用せずにハードウォレットに入れて眠らせて起きましょう。


取得単価ゼロの仮想通貨は利確前なら課税されない

仮想通貨には取得単価ゼロで受け取れる仮想通貨があります。

たとえばエアドロップで仮想通貨の無料配布を受けることが取得単価ゼロに該当します。

仮想通貨を受け取るのに費用が発生してないということです。

また、2017年8月にビットコインのハードフォークによってビットコインキャッシュが無料配布されましたが、これも取得単価ゼロということになります。

この場合、仮想通貨資産等しては相当額を受け取っていますが、受け取った仮想通貨資産を利確するまでは税金の支払い義務が発生しない仕組みです。


含み損を利確(損切り)する

仮想通貨の節税対策として、含み損を利確する方法はあまり知られていないかもしれません。

たとえば、年始に10万円でビットコインを購入し年末に100万円まで上がったため利確して90万円の利益と得たとします。

この場合、翌年には135,000円の税金を支払う必要があります。

しかし、年始に100万円分購入したアルトコインの価値が20万円となっていたので、年末に売ってしまった場合はマイナス80万円の損失が確定したことになります。

同じ年のビットコインの利益と合わせると、合計10万円(90万円 - 80万円)の利益ということになります。

本来ビットコインで儲けた利益に対して支払わなければいけなかった税金135.000円は、アルトコインを日本円に変えて損失を計上したことによって支払う必要がなくなるということになります。(年間20万円以下の利益に対しては確定申告が免除される場合があるからです。)

この仕組みを利用すれば、将来値上がりの可能性がない仮想通貨をもっている場合、損失を計上することでその年の年間利益を圧縮することができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

この記事では以下のような悩みを解決して行きます。

    「仮想通貨の稼ぐ仕組みを知りたい」
    「仮想通貨で稼ぐにはもう遅い?」
    「仮想通貨で稼ぐためのアプリが知りたい」
    「より稼げる仮想通貨投資を知りたい」
    「原資が少ないと稼げない?」
    「初心者でも稼げるのか不安」
もくじ(コンテンツ)









仮想通貨で稼ぐ仕組み

仮想通貨投資で稼ぐにはビットコインなどの仮想通貨の値動きに注目する必要があります。

ビットコインチャート

2018年のビットコインチャートを見ると、大きな下落トレンドではありますが値動きが上昇したり下降したりしているのがわかります。

この値動きの差を利用して儲けるのが、仮想通貨投資です。

仮想通貨投資では、わずか1日で50%程度の値動きがあるのも珍しくありません。

また株式トレードと違って仮想通貨は24時間値動きがあるため、どの時間帯でもトレードに参加できるのです。


仮想通貨も値動きがあれば稼げる

株の信用取引や為替FXの仕組みと同じように、仮想通貨投資でも下落相場で利益を発生させることができます。

一般的に金融商品は安い時に買って、高い時に売るという手法で利益が発生ます。

それは、以下のような手法です。

    1:1BTC = 10万円の時にビットコインを10万円分(1BTC)購入する
    2:ビットコイン価格が「1BTC = 20万円」まで上昇する
    3:10万円で購入した1BTCを20万円で売却する
    4:手元に20万円残り、元々の10万円で10万円の利益が発生する

このとき、2番でビットコイン価格が10万円から下がった場合は逆に損失につながります。

しかし、株の信用取引や為替FXと同じように価格が下がるほうに予想して注文すると利益が発生します。

    1:1BTC = 10万円の時に10万円を取引所に預けて1BTC分の売り注文を出す(空売り)
    2:ビットコイン価格が「1BTC = 5万円」まで下落する
    3:1BTC = 5万円の買い注文をする(1BTCを5万円で買って10万円で売ったという取引が成立)
    4:手元に15万円残り、元々の10万円で5万円の利益が発生する

つまり、仮想通貨も値動きさえあれば株や為替同様に稼ぐことが可能となります。

仮想通貨で稼ぐにはもう遅い?

2017年は仮想通貨元年とも言われ、年始10万円程度だったビットコインの価格も240万円程度まで大きく成長しました。

2017年仮想通貨の成長率銘柄ランキング
順位 銘柄 シンボル 成長率
1位VergeXVG9,815倍
2位MonacoinMONA377倍
3位RippleXRP273倍
4位NEMXEM240倍
5位LiskLISK129倍
6位EthereumETH86倍
7位DashDASH84倍
8位LitecoinLTC49倍
9位MoneroXMR23倍
10位EthereumClassicETC18倍
11位AugerREP16倍
12位BitcoinBTC14倍

それに伴いビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)も大きく成長しています。

日本人に人気の仮想通貨リップル(XRP)は273倍、NEMは240倍の値動きを見せました。

ただし、これらの成功体験を引きずっていると2018年以降の仮想通貨市場で儲けるのは難しくなります。


その理由は相場からもわかる通り、仮想通貨市場は上昇し続ける相場ではなくなっているからです。

この相場に気づくことができれば、2018年以降の仮想通貨は長期保有で稼ぐよりもトレードを繰り返して稼ぐ方が効率的なことは一目瞭然です。


仮想通貨が稼げる理由

ここでは、2018年大きな下落相場が訪れているにもかかわらず仮想通貨投資が注目されている理由を紹介していきます。

それは、仮想通貨投資は他の金融市場よりも優れている点がいくつかあるからです。

仮想通貨の優位性
  • 誰でも簡単に市場に参加できる
  • 他の金融商品と比べて、値動きが激しい
  • ブロックチェーンなど技術的な面でも将来性が高い
  • まだまだ認知度が低く、将来拡大していく市場である

稼ぎやすい仮想通貨市場

仮想通貨では、1日で50%も値動きがあることは珍しくありません。

2018年5月から「Fcoin」という仮想通貨を筆頭に配当型トークンというジャンルの銘柄が流行りました。

配当型トークンの一つである「CET(CoinExToken)」は2018年6月20日から価格が急騰し、2018年7月3日には約10倍の価格となっていました。

CETチャート

CETを取り扱うCoinExという仮想通貨取引所は是怪獣誰でも口座を開設することができるため、投資資金を用意できれば誰でも自己資産を10倍にするチャンスがあったと言えます。


これらと同等の成果を手にするために株式市場で例えるとわかりやすいはずです。

急成長株として世界的にも有名なGoogleは2004年から2018年までで約24倍成長をしています。

Googleチャート

インターネット黎明期(れいめいき)にGoogleの将来性に築いて約14年間も株を保有し続けて、やっと24倍の成果を得ることができます。

Googleの将来性に築いて14年間も同じ株を保有し続けるというのは、相当難しいことです。

仮想通貨投資では、株式投資で14年かけて得られる成果を約2週間で得ることができるチャンスがあるということです。

また、株式市場ではIPOなど有名株や人気の高い株は抽選となり、だれでも購入することができません。

優良株は限られた人にしか公開されないため、仮想通貨に比べるとアンフェアな市場です。


進化し続けるブロックチェーン技術

ビットコインや多くの仮想通貨に使われているブロックチェーン技術は、明るい将来性が期待されている一方でブロックチェーンには様々な課題が多く残されています。

「送金コストが高い」「送金速度が遅い」「取引所のハッキングが絶えない」「なんか難しい」など課題は山積みです。

その結果、2018年でも仮想通貨投資をする人は全体の3〜8%程度(30人に1人くらい)しかいないと言われています。


しかし、2018年現在でも先ほど挙げた送金にかかる問題や複雑な問題を解決する技術やプロジェクトが日々アップデートされており、解決できる未来はそう遠くありません。

問題が解決されれば、仮想通貨を利用する人は爆発的に増えます。

仮想通貨取引をする人が増えれば、仮想通貨市場はより大きな成長と激しい値動きが発生し、より稼ぎやすくなります。


初心者でも仮想通貨で稼げる方法

仮想通貨投資を始める前にやるべきことは、投資に必要な知識をつけることです。

知識がないと詐欺のような仮想通貨案件をつかまされたり、すぐに資金を溶かしてしまうリスクが高くなります。

初心者におすすめするのは次の項目です。

確認する5つのポイント
  • 必要最低限の知識をつける
  • 役に立つテクニカル分析を覚える
  • 常に情報収集を欠かさない

仮想通貨投資の知識

仮想通貨投資をするにあたって、絶対にオススメしたいのがビットコインの原論文です。

Coinckeck:日本語で読むビットコイン原論文

ビットコインがどういう仕組みで成り立っているのか、なぜ仮想通貨がこれほど信頼されているのかという謎が全てわかります。

初心者にとっては多少ハードルが高いですが、読む価値は十分にあります。

コインチェックでは原論文が日本語化されているので、ぜひ読んでみてください。


原論文を理解するためには、様々な知識が必要となります。

その手助けになればと思い、当ブログでは仮想通貨関連の用語を開設する記事をアップしています。

関連記事:仮想通貨用語集

最初はわからないことだらけだと思うので、簡単な単語から学習することで難易度はだいぶ下がるはずです。

よければ毎日少しづつ単語を思えていくことをおすすめします。


投資に役立つテクニカル分析

仮想通貨投資で稼ぐためには、値動きを見極めるための知識と分析力が必要となります。

そのためには、株式トレードやFXにも利用されるテクニカル分析を習得するのが近道です。

関連記事:移動平均線の使い方(Zaifチャート、仮想通貨)
関連記事:Zaifチャートで仮想通貨の値動きを見極めるボリンジャーバンドの使い方

当ブログでも移動平均線やボリンジャーバンドなど基本的な分析術を紹介しています。

これらのテクニカル分析は最低でも覚えておくべきです。


稼ぐには情報収集をかかさない

仮想通貨市場はまだまだ未成熟の市場です。

仮想通貨取引所や関連の仮想通貨ビジネスを規制する法律もこれからできてくる予定です。

そんな仮想通貨では、良くも悪くも小さなニュースでも相場に大きな影響を与える場合が少なくありません。


2017年4月に日本の法律(資金決済法)が改正されたことをきっかけに仮想通貨市場は日本市場によって大きく成長しました。

それ以外にも中国のICO禁止や取引所の取り締まりにより、ビットコインは大きな価格変動を起こしています。

詳しくは以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事:国の法律や政治が起こす高騰暴落の原因と対策

よく仮想通貨の情報収集でおすすめされているのはTwitterですが、これから仮想通貨をはじめようと考えている初心者の方はCoinPostやコインテレグラフなどのニュースサイトの方が効率的に情報収集できるはずです。

他にも効率的に情報収集できるサイトを以下の記事にまとめています。

関連記事:仮想通貨のおすすめ速報ニュースサイト

仮想通貨でより稼ぐ方法

仮想通貨投資はワンコイン(500円以下)でから投資ができます。

しかし、原資が少なければ得られる利益も少なくなってしまうのは、他の投資と変わりありません。

少しでも原資を多くし、大きな利益を得られる方法を紹介します。


原資を集める節約術

投資の原則として、投資資金(原資)は余剰金でやるべきです。

その余剰金が少ない場合は節約することで余剰金を生み出しましょう。

関連記事:貯金ゼロでも簡単!仮想通貨投資と節約術

余剰金の定義は上記の記事にも記載していますが、明日なくなっても困らないお金です。


最も簡単でおすすめできる節約術は「格安SIM」です。

私の場合、格安SIMに変える前は年間10万円以上損をしていました。。

10年で100万円以上も多く使っていたことを知った時には驚愕でしたが、今では簡単に節約できる方法として周りにもおすすめしています。


スマホ代を節約できる「mineo」はこちら




他にも毎日飲む炭酸飲料やお酒、タバコ代などあらゆるところに節約術を活用できれば、余剰資金はかなり生み出せるはずです。


原資が少ないなら複利で稼ぐ

仮に原資10万円で毎月3万円のお小遣いを捻出しようとすると、30日間で30%以上の価格変動を読むことが必要となります。

これを毎月継続的に実施するのはかなり難易度が高いことです。

ただし、儲けた資金を消費せずに投資に回すことで複利を利用すれば、徐々に投資で稼ぐことの難易度が下がります。

原資10万円で毎月3万円の利益を目標とした場合、必要な毎月の利率は以下のように減っていきます。

必要な利率
経過月 毎月の投資額 3万円稼ぐために必要な利率
1ヶ月目10万円30%
2ヶ月目13万円23%
3ヶ月目16万円18%
4ヶ月目19万円15%
5ヶ月目22万円13%

必要な利率が下がれば投資の難易度も下がります。

複利を利用すれば4ヶ月目には1ヶ月目の半分の難易度で3万円を稼げることになります。

言い換えれば、「原資1億円の人が100万円を稼ぐ難易度」と「原資10万円の人が1,000円稼ぐ難易度」はイコールです。

できるだけ複利を利用して原資を増やし、稼げる金額を上げていきましょう。


仮想通貨FXを利用する

原資が少ない場合、レバレッジの力で利益を5倍、10倍にできる仮想通貨FX(証拠金取引)が有効です。

ビットコインを利用した仮想通貨FXはかなり人気となり、ほどんどの仮想通貨取引所でも取り扱いがあります。

人によっては仮想通貨FXで1日数百万円の利益を出す大学生もいます。

しかし、仮想通貨FXは利益を大きくする一方で原資がなくなる確率も高くなります。

投資の世界では大きなリターンを狙う場合は、大きなリスクがあるということを認識しつつ、慎重に進めましょう。

仮想通貨アプリで稼ぐ

仮想通貨投資ができる取引所は10社以上ありますが、先ほど紹介した仮想通貨FXが利用できるアプリ、チャート(テクニカル分析が見やすい)、下落相場でも利益が出せるなどの初心者に必要な要件を考慮すると、仮想通貨投資はGMOコインがおすすめです。


仮想通貨FXができるアプリ

GMOコインをおすすめする理由の一つは、アプリで仮想通貨FXができることです。

日本国内には16社の仮想通貨交換業登録を受けている企業がありますが、その中でもスマホアプリでFXができるのはGMOコインとDMMBitcoinの2社しかありません。

会社のデスクにいることの多い会社員であれば環境は違うかもしれませんが、最近では手元にPCがない状況の方が多い人がほとんどで移動中や休憩などの隙間時間にスマホを利用する人がほとんどです。

使い慣れたデバイスで情報収集やトレードができるというメリットはかなり大きいと考えています。

普段使うインターネットデバイスがスマートフォンであれば、仮想通貨投資はGMOコインで決まりです。


テクニカル分析が細かい仮想通貨アプリ

GMOコインが提供するアプリ(ビットレ君)のチャートでは、多様なテクニカル分析を利用することができます。

GMOコインチャート指標

移動平均線はもちりんのこと、ボリンジャーバンドやMACDなどの指標をチャートに加えながら、リアルタイムで価格を予想することが可能です。

また、GMOコインではローソク時間に1分以下の設定があります。

他の仮想通貨取引所のアプリではローソクの単位は1分か5分が最小単位ですが、GMOコインはさらにその下の単位があり、秒でも仮想通貨の値動きを追うことができます。

スピード注文ができる仮想通貨アプリ

GMOコインチャート

GMOコインのスピード注文は使い方次第で最強の武器となります。

チャートを分析し、価格変動が起きやすいタイミングでスピード注文を使うとバッチリはまる時があります。

スピード注文は注文価格よりも注文速度を優先する機能です。

上昇し始めるタイミングや下降し始めるタイミングで注文が決まればすぐに利益に直結するため、安心してチャートを見ることができます。

GMOコインでトレードを利用するなら是非利用してほしい機能の一つとなります。


GMOコインは超大手企業

ご存知の方も多いかもしれませんが、GMOコインの親会社はGMOインターネットという超大手企業です。

ドメインや決済などBtoB向けのサービスが多いGMOですが、GMOクリック証券など上場企業を6社も抱えており、年間売り上げは1,400億円を超えています。

株式トレードやFXなどの金融ノウハウも豊富なGMOインターネットグループの恩恵を受けた企業がGMOコインです。

経済的なリスクを心配する必要はなく、安心できる取引所なので、初心者には非常におすすめできる取引所となっています。

口座開設がまだの方は、以下のバナーから早速手続きを進めて見てください。


楽しい仮想通貨投資を経験しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

この記事では以下のような悩みを解決していきます。

    「大学生も仮想通貨投資はできる?」
    「大学生も住民税を払う必要がある?」
    「大学生の仮想通貨投資で気をつけるべきことは?」
    「年間利益が103万円を超えるとどうなる?」
    「扶養が外れて親に迷惑がかかる?」
    「扶養控除って何?」




大学生も仮想通貨投資はできる

仮想通貨取引所のHPを見ると、口座開設条件に「満20歳以上の個人であること」という内容が記載していることがあります。

仮想通貨に限らず、金融商品を扱うサービスでは未成年を対象としていないケースが多く存在します。

大学生でも20歳を超えていれば成人と同様に仮想通貨取引を開始できますが、19歳以下の場合は簡単に口座を開設することはできません。


未成年も仮想通貨投資はできる

19歳以下は絶対に仮想通貨投資ができないかというとそうではありません。

もちろん、仮想通貨投資には利益だけでなく、損失があるということをしっかりと理解する必要はありますが、保護者の同意書があれば口座開設できる取引所は日本にもあります。


たとえば、bitFlyer(ビットフライヤー)がその一つです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーでは、口座開設の際に「保護者からの承諾書」と「保護者の本人確認資料」を提出すれば、アカウントが開設される仕組みです。

bitFlyer:未成年ですがアカウントを作成できますか。

大学生や未成年も口座開設できる取引所

ビットフライヤー以外でも、保護者の同意書があれば取引できる取引所があります。

それは、「フィスコ仮想通貨取引所」です。

利用規約の第一条に「本会員が未成年者である場合は,親権者など法定代理人の同意を得たうえで本サービスを利用しなければならないものとします。」と記載されています。

上記項目は2018年11月に確認したときのものです。

過去にbitbankとコインチェックが未成年の利用に関しては、保護者の同意書ありで受け付けていましたが、現在では未成年の利用を停止しています。

今後の動向によっては、ビットフライヤーもフィスコも未成年(19歳以下)の利用を停止する可能性もあるので、ご注意ください。


大学生も住民税、確定申告は必須

仮想通貨投資で利益を発生させた場合、成人であれば必ず確定申告をした後に利益額に応じて住民税を支払う必要があります。

では、大学生や親の扶養を受けている子供については免除されるか。

結論は「大学生も仮想通貨投資で利益を得た場合は確定申告と住民税の支払いは必須です。」


大学生は38万円超えたら確定申告

日本の所得税には「基礎控除(きそこうじょ)」という税制があります。

基礎控除は年間38万円までの利益に関しては課税しないという制度です。

言い換えると、年間38満円を超える利益に関しては課税するということになります。

つまり、大学生でも仮想通貨投資によって年間38万円を超える利益を発生させた場合は確定申告をし、課税を受ける義務が発生するわけです。


バイトもしている場合は要注意

仮想通貨投資で利益をあげた年に、バイトもしている場合は年間利益が38万円を超えていなくても確定申告が必要な場合があります。

それは、仮想通貨の利益とバイトの給料の合計が年間103万円を超えた場合です。


アルバイトなどの収入は「給与所得控除」という税制により、年間65万円までの利益に対しては課税されないようになっています。

先ほど紹介した「基礎控除」と合わせると、年間103(38+65)万円までの利益に対しては課税されないという仕組みになります。

ただし、給与所得控除で課税を免除されるのはアルバイトで得た給料のうち65万円のみです。

仮想通貨投資で得た利益は給与所得控除では免除されません。


仮想通貨投資で103万円を超えなければ確定申告はしなくていいというのは間違った認識です。

結論、大学生は以下のいずれかの場合に確定申告と住民税の支払い義務が発生します。

大学生が確定申告必須となる条件
  • 仮想通貨投資の年間利益が38万円を超えたとき
  • バイトと仮想通貨の利益が年間103万円を超えたとき

扶養控除

親の扶養を受けている大学生は親の税制控除についても気にする必要があります。

仮想通貨投資で38万円を超える利益を発生させた場合、確定申告が必要となると同時に親が受けている税制控除も受けられなくなるからです。

この仕組みを知るためには「扶養控除」という税制を知る必要があります。

扶養控除とは、納税者(お父さんやお母さん)に16歳以上の子供(控除対象扶養親族)がいる場合、年間の所得税から38万円の税制控除が受けられる仕組みです。

さらに詳しく知りたい場合は国税庁のHPを参考にしてください。

国税庁HP:扶養控除

つまり、大学生が仮想通貨で年間38万円を超える利益を発生させた場合、扶養者(お父さんもしくはお母さん)の給料から年間38万円の利益が得られなくなります。

家族合計としては大学生が稼いだ38万円を超える分だけプラスになりますが、お父さんとお母さんからすればマイナスに見えるようになります。

もし、仮想通貨投資によって年間38万円の利益を超えそうな場合は、必ず事前にお父さんとお母さんに一言伝えておきましょう。


健康保険への加入義務

大学生がアフィリエイトやアルバイト等で年間利益が130万円を超えた場合、継続的な収入があると見なされ、健康保険への加入と年金の支払いが義務づけられます。

各都道府県によって認識が異なる場合もあるようですが、仮想通貨投資による利益においても「継続的な収入」と判断されることがあれば、年間利益130万円を超えた場合に健康保険への加入と年金の支払いが必要となります。

ここで必ずかかかると断言できるものではないため、各都道府県別の健康保険組合や管轄の事務所、もしくは税務署等に問い合わせるしかありません。


仮想通貨の利益に応じた税金の手続き

仮想通貨の利益額と必要手続きを以下の表にまとめました。

利益額に応じた手続き
利益額 必要手続き
38万円超確定申告の提出
親の扶養控除が外れる
住民税の支払い
130万円超社会保険料の支払い

仮想通貨の利益が年間38万円を超えると面倒な手続きは発生するものの、自信の利益が増えていくことに変わりはありません。

唯一あるとすれば、親の扶養控除が外れるくらいです。

それも、大学生であるあなたが稼いでいるので家族としての収支はむしろプラスです。

つまり、仮想通貨投資で稼げるのであれば上限を決めずにどんどん稼いでいくべきです。


大学生の確定申告

当ブログでも確定申告のやり方については紹介していますが、はやり確定申告は面倒です。

税金計算には基準価格を決めたり、各仮想通貨取引所のデータフォーマットを合わせたり、検算するなどの作業が膨大な上に、税法は日々アップデートしているので、確定申告直前でやり直しということも。


関連記事:2019年仮想通貨で儲けた後の確定申告のやり方、必要書類と期間

確定申告の代行

世の中には確定申告や税金の計算を代行するサービスがあります。


学生は勉強はもちろんのこと、友達との付き合いや部活、バイトなどやりたいことばかりで時間がたりません。

仮想通貨の税金計算や確定申告書の書類作成などにかける時間がもったいないと感じる人も多いはずです。

その場合は、思い切って専門のプロや代行サービスを使うことで、さらに仮想通貨投資の勉強に専念したり、他のやりたいことを優先できる時間を確保しましょう。

2017年では最も仮想通貨税務のサポート件数が多い「Guardian(ガーディアン)」がおすすめです。

気になる方は以下のバナーから詳細を確認してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ