仮想通貨投資と節約でLEVEL MAX!!

多くの人が楽しく仮想通貨投資を始められるよう仮想通貨投資と節約関連の情報をお届けするブログです。

2018年11月

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「ふるさと納税の仕組みが知りたい」
    「仮想通貨の利益を減税できる?」
    「サラリーマンでもふるさと納税の確定申告は必要?」




ふるさと納税とは

仕組みが複雑だと思われている「ふるさと納税」

ふるさと納税とは、利用すれば自治体から様々な返礼品をもらいながら、支払うべき税金が免除される制度です。


ふるさと納税はサラリーマンなど一般的な給与所得者だけが利用できる制度だと考えている人も少なくありません。

しかし、実際は自営業や公的年金受給者でも利用できる制度です。

せっかく払う税金だったら地方の自治体から少しでも返礼品がもらえる方がお得だと考える方々は増え続けており、平成29年には全国で約3,653億円(前年比1.28倍)と受け入れ件数が急成長しています。(総務省調べ)

ふるさと納税受け入れ件数
総務省:ふるさと納税に関する現況調査結果

ふるさと納税の減税効果

ふるさと納税は支払う税金を控除する働きがありますが、減税させる効果はありません。

しかし、支払うべき税金の総額は変わらない(実質は2,000円程度の差)にも関わらず、手元には地方自治体からの返礼品を受け取ることができるというのが、ふるさと納税の大きな魅力となっています。


やらないと損するふるさと納税

本来、ふるさと納税を利用した場合には確定申告書を税務署に提出する手間が発生します。

会社員など企業に勤めている方は会社が確定申告をしているため、「確定申告」という名前を聞いただけで面倒だと感じる人も多いようです。

しかし、ふるさと納税には確定申告をしなくても税金控除を受けられる仕組みがあります。


それが、「ワンストップ特例制度」です。


ワンストップ特例制度とは、確定申告を行わなくてもふるさと納税による寄付金控除が受けられる仕組みでやり方も簡単です。

ワンストップ特例制度を利用するために必要な作業は以下の通りです。

ワンストップ特例制度の手続き
    手順1:申請書に必要事項を記入
    手順2:本人確認書類を用意
    手順3:申請書と本人確認書類を郵送

上記3つの手順でワンストップ特例制度は完了します。

手順1にある申請書はふるさと納税を注文するECサイトから無料でダウンロードすることが可能です。

必要事項もそれほど多くありません、寄付した自治体と住所、氏名、生年月日などの基本的な項目といくつかのチェック項目にチェックを入れるだけ。

本人確認書類はマイナンバーカードの写しだけ。手元になければ住民票と免許書、健康保険証でも代用可能です。

正直この程度であれば、全く手間ではありません。

地方自治体が提供するお肉やコメ、海鮮などの返礼品を受け取りながら税金控除ができることを考えれば、やらない手はありません。

ワンストップ特例制度の注意点としては、寄付する自治体が5つ以内であること。

寄付回数は5回以上でも問題ありませんが、寄付先が5つ以上の場合には確定申告が必要となります。


ふるさと納税は仮想通貨の節税対策?

仮想通貨の所得は雑所得に分類されますが、ふるさと納税は雑所得でも給与所得でも所得税に分類されるものであれば、税制控除できる仕組みあります。

つまり、仮想通貨投資で儲けた利益に課税される税金もふるさと納税で寄付金を支払えば、返礼品がもらえて税金も免除されることになります。

仮想通貨投資とふるさと納税は意外にも良い組み合わせです。


ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税は地方自治体へ寄付金を送ることによって、「寄付金 - 2,000円」分の所得税(と県民税、市民税)が控除される仕組みです。

所得税とは、本来以下の計算式で算出される税金です。

    (所得額 - 各種税制控除) × 所得に応じた税率

所得額とは一般的には給与所得(サラリーマンであれば、会社から支給される給与)を意味します。

しかし、仮想通貨投資で利益を得た人はその利益額も合算した金額が所得額となります。

各種税制控除は、高校生の子供がいれば扶養控除、専業主婦の方と結婚されている方は配偶者控除などをを意味します。

上記の式から算出される所得税を寄付金を支払うことによって減税させるのがふるさと納税の仕組みです。

ふるさと納税の限度額

 

ふるさと納税によってすべての所得税が減額できるわけではありません。

減額(免除)できる限度額は全國一律ではなく、市区町村によってことなります。

こればかっりは、ここでいくらまで減額できると明言できるものではなく、個別に市区町村にある役所のWEBサイトで確認するか、問い合わせるしかありません。

なぜ、市区町村によって上限額がことなるかというと、それは市区町村によって徴収される税金(県民税、市民税)の額面がことなるからです。


また、ふるさと納税の限度額は地域意外にも以下の要素で限度額が変化します。

  • 所得金額
  • 税制控除金額

所得金額が多ければ多い人ほど多く税金を払うのが日本の塁審課税という仕組みです。

ふるさと納税で控除できる税額は所得金額が多ければ多い人ほど、多く免税されるようになっています。

また、税制控除を受けている金額が多い人ほど、免税金額は低くなります。

独身よりも扶養家族が多い方がふるさとの納税の限度額は低くなります。

ふるさと納税の計算

ふるさと納税で自分の限度額がどの程度なのか目安を知りたい方は以下のサイトがおすすめです。

さとふる:ふるさと納税控除上限額シミュレーションのご案内

ただし、あくまで目安であって正確な数値ではないことをご了承ください。

上記サイトを見れば明らかですが、独身(もしくは共働き)の方の上限金額は給与所得(年収)に対して1%から2%程度に設定されています。

年収1,500万円以上になると急に限度額が上昇し、年収4,000万円になると120万円近い上限金額となるようです。


雑所得と給与所得は合算

平均年収(430万円程度)であれば、ふるさと納税の上限金額は8,000円〜41,000円となります。

しかし、仮想通貨投資で利益を発生させている方の場合は、仮想通貨の利益を合算した金額がふるさと納税の上限金額を決めることになります。

つまり、430万円程度の年収であっても仮想通貨投資で1,000万円稼いでいれば、ふるさと納税の上限金額は17万円程度まであげることができます。

17万円分の寄付金を支払うことによって、17万円分に見合った返礼品を地方自治体から受け取ることができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「ストキャスティクスって何?」
    「BTCチャートで使えるテクニカル分析を知りたい」
    「短期トレード(スキャルピング)に強くなりたい」
    「ストキャスティクスの使い方を知りたい」
    「スマホアプリでストキャスティクスを使いたい」




ストキャスティクスとは

ストキャスティクスとは、株式取引やFXなどのチャートを分析するための指標です。「買われすぎ、売れらすぎ」といった相場の過熱度を判断するために利用されます。

ストキャスティクスは1950年代にアメリカの投資家ジョージ・レーンによって考案されたオシレーター系テクニカル分析です。

ストキャスティクス GMOコイン

上記はGMOコインのアプリで表示したビットコインチャートですが、その下にストキャスティクスが表示されます。

ストキャスティクスは通常%K、%D、Slow%Dの3本、もしくは%D、Slow%Dの2本で表示されることが一般的です。


ストキャスティクスの計算式

ストキャスティクスに使われる値(%K、%D)は以下の計算式で算出することができます。

%Kを求める計算式
    (現在値-過去n日間の最安値)÷(過去n日間の最高値-過去n日間の最安値)×100

%Dを求める計算式
    (【現在値-過去n日間の最安値】のm日間の合計」÷ 【過去n日間の最高値-過去n日間の最安値の期間分合計】)×100

通常nの値は5、9、14日間で設定し、mの値は3間で設定するのが一般的です。

またSD(SLOW%D)は、%Dの単純移動平均となり、設定期間は3日間を設定するのが一般的です。

ストキャスティクスとRSIの違い

FXや仮想通貨などの投資経験がある方であれば、「売られすぎ、買われすぎ」を判断する指標(オシレーター系テクニカル分析)のひとつとして「RSI」という指標があるのをご存知かもしれません。

関連記事:仮想通貨(ビットコイン)チャートでのRSIの使い方

詳しくは上記の記事にまとめている通りですが、RSIも相場の過熱度を判断するために利用される指標であることは間違えありません。

ストキャスティクスとRSIの違いは【感度】です。

ストキャスティクスの方がRSIよりも大きく反応するため、ボックス相場など相場が硬直している状態に効力を発揮します。

逆に言えば、相場の値動きが激しい時は無駄に反応してしまうため騙しや判断ミスにつながりやすいというデメリットももった指標となります。


ストキャスティクスの使い方

ストキャスティクスの使い方として、売買サインの見極め方とボックス相場での使い方を説明します。


ストキャスティクスの売買サイン

ストキャスティクスは感度が高いため相場が反転する時は線がクロスする現象が起こります。

%DがSlow%Dを上に突き上げた時は相場が下向きから上向きに変わる合図です。

逆に%DがSlow%Dを下に突き抜けた時は相場が上向きから下向きに反転していることがわかります。

ストキャスティクスのサイン

GMOコインでは%Dが黄色い線で、Slow%Dが深緑色の線となっています。


仮想通貨の暴落を予測するストキャスティクス

ストキャスティクスとRSIの違い

上記のグラフはGMOコインで「RSI」と「ストキャスティクス」を同時に表示させています。

2018年11月のビットコイン相場は14日を境に大きく暴落しているのですが、暴落前にしっかりとストキャスティクスが指標として暴落の合図を出していることがわかります。

同じ「買われすぎ」という指標を示すRSIの数値は60%前後しか反応していませんが、ストキャスティクスは暴落直前に80%の反応を示していることがわかります。

同じボックス相場でも暴落前だけ80%に到達し、それ以前は60%前後になっていることが判断できれば、暴落前に注文(ショート)を入れることで莫大な利益を発生させることができた相場となります。


下落相場でも利益が出せる仮想通貨FX

仮想通貨の現物取引では仮想通貨が暴落した時に利益を出すことはできません。

2018年のビットコイン相場を見れば、仮想通貨で利益を出すのは至難の技です。

しかし、暴落が続く相場でも仮想通貨FXなら博奕を出すことも可能です。

ただし、闇雲に仮想通貨投資を始めても利益を出すことはできません。

ストキャスティクスのようなテクニカル分析を勉強し、それらを武器として使える取引所を選択してこそ始めてスタート地点に立てます。

私がおすすめするか仮想通貨取引所はGMOコインです。

GMOコインははGMOクリック証券などのノウハウもあるGMOインターネットグループ企業の一つである上に、スマートフォン用の仮想通貨FXアプリとしては国内で一番使いやすいからです。

ストキャスティクスはもちろんのこと、ボリンジャーバンドや一目均衡表などの指標も表示させることができます。

仮想通貨投資を始めるならGMOコインです。

まだ口座登録がお済みでない方は以下のバナーより登録を進めて見てください。


登録には審査があり、即利用するとはできません。

審査期間中は、以下の記事でスキルアップを測って見てください。

関連記事:GMOコインの評判【初心者向けにわかりやすく解説】
関連記事:GMOコインのスプレッドを攻略する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「RSIって何?」
    「BTCチャートで使えるテクニカル分析を知りたい」
    「短期トレード(スキャルピング)に強くなりたい」
    「RSIの使い方を知りたい」
    「スマホアプリでRSIを使いたい」




仮想通貨(ビットコイン)チャートで使う「RSI」とは

RSIとは、ある一定期間の値動きに対して値動きの割合を表したグラフです。

50%を中心に、80%、100%と上昇していくと「買われ過ぎている」というサインとなります。逆に40%、20%、10%と下降していくと「売られ過ぎている」という判断ができる指標がRSIです。

RSIは「Relative Strength Index(相対力指数)」の頭文字をとって「アール・エス・アイ」と読みます。


RSIはオシレーター系テクニカル分析

RSIはアメリカの証券アナリスト「J.W.ワイルダー」という人物によって1972年に開発され、今では世界中誰もが利用する有名なテクニカル分析のひとつです。

RSIは仮想通貨の値動きだけでなく、もともと株価やFXなどのチャートを分析するため利用さていたオシレーター系テクニカル分析です。

オシレーター系とは、上下に変動する相場の波の強さやトレンドが切り替わるタイミングを分析する手法のことを意味します。

オシレーターには「振り子」という意味があり、オシレーター系テクニカル分析は振り子のように相場の反転を予測する手法として利用されます。


RSIの計算式

RSIは以下の計算式で値を求めることができます。

    RSI(%) = (値上がり幅の合計) + (値上がり幅の合計 + 値下がり幅の合計)× 100

上記の計算でわかるように、RSIの値は0から100%の間でしか推移しません。

RSIが120%や-50%という値は存在しないということです。


仮想通貨FXのボックス相場に強いRSI

ボックス相場とは、箱(ボックス)に囲われているかのように値動きが小さくなった状態が続く相場のことを意味します。

ボックス相場はレンジ相場、待合相場とも言われたりします。

ボックス相場の時はテクニカル分析指標に売りや買いのサインが見えづらく、利益を出しにくい相場となるため多くの投資家にとっては避けるべき相場となります。

しかし、RSIではボックス相場においても売りや買いのサインが出て来やすく、そのあとの大きな値動きを予測するための指標として使われることが一般的です。

ボックス相場

上記のグラフでは最近のビットコインが下落している様子となりますが、大きな下落の前には必ずボックス相場があることがわかります。

ボックス相場が登場した際にRSIが買われすぎのサインがでているため、その後大きな売り相場が訪れる可能性があることが予測できるようになります。


仮想通貨FXのスキャルピングに強いRSI

スキャルピングとは数分、數十分間の超短期トレード手法のことを意味します。

デイトレードよりも短い単位で取引を行うため、1日に何度も注文を出すのが大きな特徴のひとつです。

日本の仮想通貨取引所のほとんどが取引手数料が無料のため、取引回数が多くなったとしても投資家に負担はありません。


スキャルピングではリスクの高い逆張りや底値を狙う必要はありません。

スキャルピング

値動きが動き始めたら注文し、トレンドが終わる前に売り切ることができれば利益を出すことができます。

その時に参考にする指標がRSIです。

値動きが始まった時のRSIの値を参考に極端にRSIが動き始めたら取引を終了させます。

すると値動きが反転する前に利益を確定させることになるからです。


仮想通貨(ビットコイン)チャートでのRSIの使い方

先ほどの説明でRSIの概要を把握することができましたら、次はRSIの使い方について説明します。

RSIの使い方
  • RSI売買サインの使い方
  • RSI設定期間の使い方
  • ダイバージェンス現象の攻略

RSI売買サインの使い方

0から100%の間で値が推移するRSIは株や為替などの市場では売りサインを80%以上、買いサインを20%以下で見ることが一般的です。

ただし、仮想通貨の場合はボラテリティが他の金融商品と比べ物にならないくらい大きいため、RSIの数値はトレンド状況や他のテクニカル分析指標と併用して判断するのが効果的です。

例えば2017年11月頃のビットコイン相場のように大きな上昇トレンドでは、RSIの数値が80%以上を推移していたとしても価格は上がり続けていました。

このような時はRSIの値が80%を推移してもトレンドの反転は起きないため、90%以上の値になるまで投資し続けることができます。

そして、2018年11月のビットコイン相場のように大きな下降トレンドの場合も同様です。

RSIの値が20%を下回ったとしても、さらに下落相場が続き価格はどんどん下がり始めています。

その場合は、RSIの値が10%近くまで注文(ショート)を入れ続ければ利益が得られる可能性が高くなります。

反対に、トレンドが弱まりボックス相場となった場合は40から60%付近の値でもトレンドが大きく反転する合図となるため、トレンドに応じてRSIのサインを見極める必要があります。

RSI売買サインのまとめ
  • ボックス相場の時は60%以上(もしくは40%以下)でも反転のサインになる
  • ボラティリティが大きい時は90%以上(もしくは10%以下)までRSIの値が推移する可能性がある

RSI設定期間の使い方

RSIの設定期間は長ければ長いほど、RSIの値が示すサインは強くなります。

これは移動平均線の集計期間が長ければ長いほど、ゴールデンクロスやデッドクロスのサインが強くなる仕組みと一緒です。

通常は14日間の値動きの値を参考にRSIの値が設定されます。

14日間よりも短い値であれば、RSIの値はより大きく動いてしまいあまり参考にならなくなってしまいます。

金融商品の中でも最も値動きが激しい仮想通貨の場合はRSIの設定期間を14日間以下に下げないことをおすすめします。


ダイバージェンス現象の攻略

ダイバージェンス現象とは、ローソク足の動きとテクニカル指標の動きが逆行する現象のことを言います。

例えば、RSIが90%を示している場合買われすぎというサインのため、その後の値動き(ローソク足)は上昇トレンドから反転し、下降トレンドになることが一般的です。

しかしRSIが90%を示しているにも関わらず、値動き(ローソク足)はさらに上昇し続けてしまう現象がダイバージェンス現象となります。

この場合はRSIやストキャスティクスなどのオシレーター系テクニカル分析の指標だけでは相場を読み切ることができなくなるため、一目均衡表やボリンジャーバンドなどのトレンド系テクニカル分析を併用するのがおすすめです。


仮想通貨FXでRSIが使えるスマホアプリ

RSIについて説明してきましたが、理論を理解しただけでは意味がありません。

実際のトレードで実践することで、あなたなりの傾向と対策が蓄積され、投資家としてのスキルが磨かれるはずです。

RSIが使える仮想通貨取引所で、スマホアプリでも仮想通貨FXができる取引所はGMOコインです。


仮想通貨FXならGMOコイン

GMOコインでは、ビットコイン以外でも仮想通貨FX取引サービスを提供しています。

私がGMOコインをおすすめするのは、スマホアプリで最もチャートが見やすく勝ちにいける戦略が練りやすいからです。

他にもおすすめする理由は以下の記事にもまとめています。

関連記事:GMOコインの評判【初心者向けにわかりやすく解説】
関連記事:GMOコインのスプレッドを攻略する方法

GMOコインを利用すると、どこにいてもスマホアプリを開くことができるため、傾向と対策が勉強できる上に、スピード注文を使えばタイミングを逃しにくく、利益につながりやすくなります。

GMOコインへの登録がまだの方は、まずは口座開設し、少額からトレードを始めて見てください。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「仮想通貨の税制について知りたい」
    「マイニングや分裂の課税について知りたい」
    「仮想通貨をの贈与税について知りたい」

国税庁が税務上の仮想通貨取扱いを発表

国税庁は仮想通貨に関する税務上の取り扱いを今まではタックスアンサーのみで発表していました。

そのタックスアンサーも所得税の分類と消費税がかからないというくらいで、その他の取り扱いについては発表しておらず、気になる事項は全て税務署に問い合わせる必要があったということになります。

しかし、2018年11月に国税庁が「仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)」を発表したことにより、仮想通貨の計算方法や債務調書の記載方法など、細かい税務の対応方法方について明らかになりました。

その内容が以下のサイトより確認できます。

国税庁:仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)

仮想通貨の分裂は課税対象にならない

「仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)」の資料を確認すると、様々な状況ごとに計算方法や課税の有無が明記されています。

中でも注目されたのが【仮想通貨の分裂(分岐)により仮想通貨を取得した場合】という7ページ目にある項目です。

仮想通貨の分裂に伴い、新たに仮想通貨を取得した場合は課税対象にならないと明記されています。

2018年11月にはビットコインキャッシュ(BCH)がBCHABCとBCHSVに分岐し、保管した仮想通貨取引所によってはBCHを持っているだけで相当量のBCHABCとBCHSVを手にしているはずです。

仮想通貨資産として換算すれば相当量の資産が増えているはずですが、分裂で得た仮想通貨資産は円やドルなどの法定通貨(もしくはその他の仮想通貨)に換金されるまでは課税されないというのが正式な発表内容です。


仮想通貨も相続税はかかる

相続税や贈与税に関する内容で「仮想通貨を相続や贈与により取得した場合の課税関係」についても明記されています。

それは、「被相続人等から仮想通貨を相続若しくは遺贈又は贈与により取得した場合には、相続税又は贈与税が課税される」というものです。

相続や贈与により取得した仮想通貨は納税義務者(相続人や贈与を受けた人など)が取引を行なっている仮想通貨交換業者が公表する取引価格によって評価されます。


この法律は価値の変動が激しい仮想通貨にはかなり不利な税金となる可能性もあります。

それは仮想通貨のまま資産を持ち続けた場合に、申告する時と徴税される時で価値が大きく変わるところにあります。

万が一、贈与された時と徴税のときの差が半分以上ある場合は税金が払えない可能性もでてくるでしょう。

そのほかにも税法上の取扱いについて多数盲目があるため、仮想通貨投資に関わる方であれば一度目を通しておきましょう。

国税庁:仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「BITPointがどんな取引所か知りたい」
    「MT4ってどんなツール?」
    「BITPointの評判は?」




仮想通貨取引所BITPointとは

BITPoint(ビットポイント)とは、2016年3月に誕生した日本の仮想通貨取引所となります。

2017年9月には金融庁からの仮想通貨交換業の登録を受け、TVCMでは本田圭佑選手を起用していることでも有名な取引所となっています。



BITPointの企業情報

株式会社ビットポイントジャパンの会社概要
項目 詳細
商号株式会社ビットポイントジャパン
商号英文表示BITPoint Japan Co., Ltd.
仮想通貨交換業者関東財務局長 第00009号
賃金業者登録番号東京都知事(1) 第31660号
代表者代表取締役社長 小田 玄紀
本店所在地東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー36階
設立日2016年3月3日
資本金44億3,000万円(資本準備金含む)
主要株主株式会社リミックスポイント

仮想通貨取引所BITPointの特徴

BITPointの特徴を以下にまとめました。

BITPointがどんな取引所なのかを一気に把握したい人はこちらを参考にしてください。

BITPointの特徴
  • 情報セキュリティ格付A
  • 即時入金サービス
  • トレーディングツールMT4
  • レバレッジ最大25倍
  • 安心の電話サポート

情報セキュリティ格付A

2018年10月11日にBITPointは情報セキュリティ格付企業「アイ・エス・レーティング」より格付「A(シングルエー)」を取得したことを発表しました。

格付はAAA(トリプルエー)が最高水準ですが、金融および証券企業はA以上のランクが望ましいとされています。

BITPoint:情報セキュリティ格付け「A」の取得のお知らせ

即時入金サービス

BITPointでは、「ジャパンネット銀行」「住信SBIネット銀行」「イオン銀行」からの入金を即時反映することができます。

通常の銀行では9:00から15:00以外の時間帯では入金反映がされません。

上記の3社であれば入金処理が早く、手数料もかからないためおすすめです。


FX取引ツールMT4(Meta Trader4)

MT4

BITPointには「MT4(Meta Trader4)」というトレーディングツールを活用することができます。

現在、仮想通貨取引所で利用できるのはBITPointだけです。

MT4(Meta Trader4)はFX業界では知らない人はいないくらい有名なアプリケーションですが、以下ようなことができるツールとして有名です。

MT4でできること
  • インジケーターを自作する
  • 24時間ほったらかしで自動売買できる機能がある

MT4(Meta Trader4)はEA(エキスパート・アドバイザー)というシステムを入手することで、自動売買をすることが可能となり、スマートフォンなどのモバイル端末でも利用することができます。

EA(エキスパート・アドバイザー)は、無料で入手することもできますが、有料で購入したり、自作することも可能です。

相場にあったEA(エキスパート・アドバイザー)を選択することで勝率が変化します。


レバレッジ最大25倍

BITPointでは、証拠金取引をする場合にレバレッジ倍率を2倍、5倍、10倍、25倍のいずれかを選択することができます。

レバレッジ25倍を設定できる取引所は少ないため、それだけでも貴重です。

注意点として現物取引の場合取引手数料は無料ですが、レバレッジ取引の場合は建玉管理料として新規建玉金額の0.035%が徴収されます。


安心の電話サポート

仮想通貨投資経験が浅い方や、これから仮想通貨を始める人にとって必要不可欠なのが電話サポートです。

世界中を見ても電話サポートを謳う取引所は希少です。

仮想通貨投資の知識がない方でも安心して取引を行うためには電話サポートがある取引所を選択するべきです。


仮想通貨取引所BITPointの評判

ネット上の評判には賛否両論あるようですが、おおむねプラスの意見が多いようです。



仮想通貨取引所BITPointの登録方法

BITPointに登録方法を知りたい方は、以下の「BITPoint 総合口座開設のご案内」動画をご覧ください。

内容が把握できましたら、以下のバナーから登録を進めて見てください。



BITPointの口座開設はこちら



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「Audible(オーディブル)の使い方を知りたい」
    「Audible(オーディブル)の評判は?」
    「Audible(オーディブル)が気になっている」




Audible(オーディブル)とは


Audible(オーディブル)とはAmazonが展開する本の朗読サービス(ボイズブック)です。


又吉直樹氏が書いた「火花」では、有名俳優の堤真一氏が朗読をしています。

他にも「君の名は。」では、アニメ「鋼の錬金術師」で主人公の声優を担当した朴璐美氏が朗読するなど、AmazonのAudible(オーディブル)は内容やストーリーに沿って実力のある俳優や声優が豊かに表現したボイスブックとなっています。


Audible(オーディブル)の使い方

Audible(オーディブル)は月額課金制(会費1,500円)です。

20万以上のタイトルの中からあなたの好きな1冊を選択することができます。


コイン制のAudible(オーディブル)

サービス開始当初は体調タイトルが聞き放題でしたが、2018年8月28日よりAudible(オーディブル)はコイン制へとサービス設計をリニューアルしました。

現在のAudible(オーディブル)では、毎月発行1枚のコインがユーザに発行されます。

1コインで好きなタイトルを1つ購入することとができます。(1,500円以上のタイトルでも1コインで購入することが可能です。)

発行されたコインを使用しない場合は翌月に繰り越されますが、コインの有効期限は6ヶ月間となっています。


解約後も聞けるAudible(オーディブル)

Audible(オーディブル)は2018年8月28日以降、1度購入したタイトルは解約後でも聞くことができます。

一度ダウンロードしたタイトルはオフラインでも再生することが可能なので、退会後も好きなだけAudible(オーディブル)を楽しむことができます。


返品、交換可能なAudible(オーディブル)

Audible会員の特典として、購入した商品を365日以内に返品することができます。

返品・交換特典の目的は「実際朗読を聞いてみたらイメージと違った」「ナレーターの声に馴染むことができなかった」といった損失を防ぐことにあります。

決して1つのコインで返品を繰り返して多くの商品を体験するためのものではありません。

更に言えば、Audible(オーディブル)では購入前にサンプルを体験することもできます。


無料体験できるAudible(オーディブル)

Audible(オーディブル)は最初の1ヶ月間は無料体験することができます。

お気に入りの1冊をAudibleで無料で手に入れて、ずっと楽しみましょう。

1ヶ月間の無料体験中にAudible会員を継続するか、退会するかを十分に検討することができます。

退会した後でも1度購入した商品はずっと再生することが可能です。



Audible(オーディブル)の評判

ネット上のAudible(オーディブル)の評判はかなり上々のようです。

Audible(オーディブル)を継続する理由

私にはAudible(オーディブル)を継続する理由があります。

Audible(オーディブル)を継続する理由
  • 目を休ませるAudible(オーディブル)
  • 運動するきっかけになるAudible(オーディブル
  • 口と手をフリーにできるAudible(オーディブル)

目を休ませるAudible(オーディブル)

多くのビジネスマンであれば、普段はPCの画面とにらめっこする時間も多いはず。

私も1日の大半をPCもしくはスマホの画面を見て過ごしている1人です。

目を酷使する生活をしているため、できるだけ目を休ませてあげたいと日々思っています。

Audible(オーディブル)を聞く間は目を閉じることや遠くの景色を見たり、PC作業では使わない目の筋肉を使うため目の健康に最適です。

ベットに横になりながら、お酒を飲みながらでも聞けるAudible(オーディブル)は耳以外を縛られずに情報収集できて、他の部位を休ませることができるツールです。


運動するきっかけになるAudible(オーディブル)

移動中やランニングするときは、必ずと言っていいほどAudible(オーディブル)を利用します。

体を動かすと脳が活性化し、効率よく情報を脳に取り込むことがでるので、Audible(オーディブル)と運動の相性は最強です。

仕事ができるビジネスマンに運動している人が多いのは、運動が記憶力の向上や脳の活性化につながるからです。

せっかく体を動かすのであれば、頭のトレーニングもしようというのが私の考えです。

運動の刺激で脳が活性化することと、Audible(オーディブル)で新しい情婦が組み合わさることで普段思いつかないアイデアや解決策がよく浮かんだりします。

物事に行き詰まったり、思い通りに行かない時は「Audible × 運動」を強くおすすめします。


口と手をフリーにできるAudible(オーディブル)

Audible(オーディブル)を利用中は口と手がフリーになることも私は気に入ってます。

たとえば、英会話の練習をするときは口と手は最高のアウトプットツールとなります。

手がフリーなら気になる単語の意味を調べながら聞くこともできます。

口で発音を練習することもできます。


ブログ記事をまとめるときも一緒です。

参考になる情報を聞きながら、収集した情婦をPCでまとめることができます。

Audible(オーディブル)は耳しか縛られないのにたくさん情報収集ができる最強のツールです。


まずは無料体験でAudible(オーディブル)を楽しもう

Audible(オーディブル)についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

賛否両論あるかもしれませんが、百聞は一見にしかずです。

まずは以下のバナーから無料で1冊読んで見てください、あなたの耳習慣が変わります!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

オハイオ州がビットコン(BTC)納税の準備開始

アメリカ東部にあるオハイオ州がビットコイン(BTC)での納税を受け入れる準備を整えていることをアメリカの経済メディア「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」が2018年11月25日に報じました。

アメリカ国内で仮想通貨の納税を提案する州は他にもあり、アリゾナ州では一度法案を可決したにも関わらず法案修正で窮地に立たされてます。

今回オハイオ州での取り組みは州財務官であるジョシュ・マンデル氏が主導しており、法人税にも対応を検討しているなど期待値は高いとされています。


ビットコン(BTC)納税の評判

Twitter上にあるビットコイン納税の評判は上々のようです。

ビットコインで納税できるメリット

国の税務局が仮想通貨を導入すると以下のようなメリットが生まれます。

仮想通貨を導入するメリット
  • 財政管理コストの抑制
  • 支払いコストの抑制

国の財政管理コストを抑制できる

国が仮想通貨での支払いで納税を受け入れるには、納税された資産をブロックチェーンで管理する必要が出てきます。

おそらく、スマートコントラクトのようなシステムを使って納税者一人一人の支払いを管理するのはもちろんのこと、仮想通貨取引所と連動して自動的に納税できる仕組みなども構築できるはずです。

上記のような仕組みができれば、今まで納税に関する業務に費やしていた人件費を大幅にカットすることができます。

すると、国政局のコスト削減につながり、税金を有効活用できるようになるというのが大きな見立てです。


支払いコストの抑制

国税局がブロックチェーンを使った納税の仕組みを導入すれば、税金を支払うユーザにもメリットが生まれます。

仮想通貨と連動すれば、勝手に税金を支払ってくれる仕組みが構築できます。

実際に株やFXにはこの仕組みがすでに日本でも導入されており、証券会社で特別口座というのを解説すると証券会社が勝手に税金を引いて顧客口座に振り込みをしてくれるシステムとなっています。

仮想通貨でも同様の仕組みが出来上がる可能性は低くありません。

また自国席以外の方々にかけられる税金(入国税など)を徴収したり、外国口座を持つことができない人も仮想通貨払いならできるため、正当に税金を払うことができる仕組みが成り立ちます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「キャッシュレスを体験してみたい」
    「少しでもお得にお買い物がしたい」
    「お店で小銭を払うのが面倒」
    「全て無料で決済できるサービスが知りたい」

もくじ(コンテンツ)









PayPayとは

PayPay

PayPayとは、スマホひとつで簡単に支払いができるアプリです。

まずはPayPayのプロモーション動画をご覧ください。



PayPayは2018年10月5日にサービスが開始され、現在は実店舗にあるQRコードを使った支払いのみに限定されますが、将来的にはオンライン決済や個人間の送金サービスなどの提供が予定されています。


PayPay株式会社

PayPayを提供する「PayPay株式会社」の概要を以下にまとめました。

会社概要
項目 詳細
会社名PayPay株式会社
設立2018年6月15日
代表者中山 一郎
所在地東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
株主ソフトバンク株式会社
ヤフー株式会社

PayPayの特徴

PayPayのデジタル決済には様々なメリットがあります。

PayPayのメリット
  • 支払いが簡単
  • 無料でできるPayPay
  • PayPayでのお支払いで0.5%還元
  • 初期費用、決済手数料が無料

PayPayは支払いが簡単

先ほど紹介したブロモーション動画にもある通り、PayPayでの支払いはわずか2Stepで完了します。

  • Step1:アプリでQRコードを読み取る
  • Step2:支払い金額を入力する

上記の操作が完了すれば、あとはお店側で入金が確認できるシステムとなっています。

小銭を数えて支払ったりお釣りをもらう手間がないため、現金払いよりも圧倒的に簡単です。


また、店舗によってはバーコードを提示するだけで支払いを済ませることも可能です。


無料でできるPayPay

PayPayを利用するにあたってアプリのダウンロード、支払い方法の登録など、利用の際に費用がかかることはありません。

かかる費用は通信料に応じてパケット通信料金だけとなります。


PayPayでのお支払いで0.5%還元

「PayPayでのお支払いで0.5%還元」というPayPayの利用特典があります。

これは期限を定めたキャンペーンではなく、持続性のある利用特典となります。

付与上限は毎月5,000円相当までとなりますが、利用するたびに得することができます。


PayPayは決済手数料が無料

PayPayを導入するお店側のメリットも十分にあります。

PayPayを導入するお店側は初期費用や決済手数料を支払うことなくデジタル決済を導入することが可能となります。

クレジットカード決済の場合はお客様の決済金額に応じて2.0〜3.0%の決済手数料をクレジット会社に支払う必要があります。

仮にクレジット決済での売り上げが100万円あったとすれば、クレジット会社には2〜3万円を支払う必要がでてきます。

PayPayで決済された場合には2~3万円程度のお金をクレジット会社に支払う必要がなくなるため、その分はお店の利益として換算することができるようになります。


店舗経営者の特集動画がこちらにあります。



PayPayが使えるお店

PayPay導入店舗

現在PayPayが利用できるお店は以下の店舗となります。

  • 白木屋
  • 魚民
  • 居酒屋笑笑
  • 居酒屋千年の宴
  • 海鮮楽屋福福屋
  • 月の宴
  • くろ○
  • 月の花
  • 魚萬
  • めでた家
  • kocoro・ya
  • 地鶏専門山内農場
  • 鶏のGeorge
  • 築地魚銀
  • カラオケ歌之助
  • ホルモンおいで屋
  • 268円厨房うちくる
  • お好み焼きみつえちゃん
  • MonteCafe
  • 目利きの銀次
  • 俺の串かつ黒田
  • 豊後高田どり酒場
  • 和民
  • 座・和民
  • にくスタ
  • TEXMEX FACTORY
  • ニッポンまぐろ漁業
  • 鳥メロ
  • ミライザカ
  • メガネドラッグ
    などなど

また、近日対応予定として「ファミリーマート」や「HIS」「YAMADA電気」などの大手店舗も導入予定となっています。

PayPay導入予定

PayPay利用時の注意点

利用する上でいくつかの注意点をまとめました。

利用上の注意点
項目 詳細
決済上限50万円/回
残高上限100万円
チャージ単位100円以上
チャージ限度額1日/最大50万円、1ヶ月/最大100万円

PayPayでは50万円を超える支払いに対応することはできません。

チャージするときは100円以上をチャージする必要がありますが、100円以上であれば1円単位でチャージ金額を設定することができます。


PayPayのチャージ方法は3択

PayPayのチャージ方法は3択となります。

PayPayのチャージ方法
    チャージ方法1:PayPay残高(銀行口座)
    チャージ方法2:Yahoo!マネー
    チャージ方法3:クレジットカード

PayPay残高でのチャージ方法

PayPay残高でチャージするためにはYahoo!ウォレットに登録している銀行口座からチャージすることが可能です。

以下の銀行と一部の地方銀行を登録することが可能です。

  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ゆうちょ銀行

詳しくはこちらを確認してください。

Yahoo!マネーでのチャージ方法

Yahoo!マネーとはYahoo!が提供する電子マネーサービスです。

Yahoo!ウォレット以外にもコンビニでチャージすることができます。

チャージする際の手数料は無料ですが、クレジットカードを使ってチャージすることができないので注意です。


クレジットカードでのチャージ方法

クレジットカードは「VISA」もしくは「MasterCard」を登録することができます。

クレジットカードの場合はチャージするというよりも使った金額が自動で引き落としがかかる仕組みです。

すべてのクレジットカードに対応しているわけではなく以下のカードには対応していません。

  • JCBカード(Yahoo!カード以外)
  • AMEX
  • Diners

100億円あげちゃうキャンペーン

PayPayキャンペーン

PayPayでは、2018年12月4日から「100億円あげちゃうキャンペーン」と題して、支払金額の20%を還元するキャンペーンが実施されます。

キャンペーン期間中の付与上限は一人当たり毎月5万円となります。

さらに以下のようなキャンペーンも実施予定となります。

PayPayキャンペーン

40回に1回の確率で全額戻ってくるキャンペーン

PayPayの支払いなら40回に1回の確率で全額戻ってくるキャンペーンが実施されます。

上限金額は10万円相当まで。


20回に1回の確率で全額戻ってくるキャンペーン

Yahoo!プレミアム会員なら20回に1回の確率で全額戻ってくるキャンペーンが実施されます。

上限金額は10万円相当まで。


10回に1回の確率で全額戻ってくるキャンペーン

ソフトバンクスマートログイン設定済み(もしくは、Y!mobileサービス初期登録済みのYahoo!JAPAN ID)なら10回に1回の確率で全額戻ってくるキャンペーンが実施されます。

上限金額は10万円相当まで。


PayPayの登録は最短1分!

PayPayの登録は非常に簡単です。

PayPayの登録方法
    Step1:PayPayアプリをダウンロード
    Step2:ログインして、SMS認証
    Step3:お支払い情報を登録

早速、以下のサイトからPayPayアプリをダウンロードしてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「Liquidってどんな取引所?」
    「Liquidの手数料は高い?」
    「Liquidの評判はどうなの?」
    「Liquidは日本語に対応している?」
    「Liquidのアプリや登録は簡単?」

もくじ(コンテンツ)






仮想通貨取引所「Liquid by Quine」とは

「Liquid by Quine」とは、QUOINE株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

QUOINE株式会社は金融庁の登録許可(仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号)を受けて仮想通貨交換業を運営する企業です。

他の仮想通貨取引所同様2018年6月に金融庁からの行政処分を受け、業務改善を図ることによって「Liquid by Quine」の誕生につながります。

金融庁:QUOINE株式会社に対する行政処分について

QUOINEXからLiquidへ移行

QUOINEX(コインエクスチェンジ)という取引所を運営していたQUOINE株式会社が、2018年9月にサービスをリニューアルし、「Liquid by Quine」という新しい仮想通貨取引プラットフォームをリリースしました。


Liquid(リキッド)は日本語に対応

Liquid(リキッド)のWEBサイトは「英語」「日本語」「韓国語」の3言語に対応しています。

Liquid(リキッド)という聞きなれない取引所の名前から海外の仮想通貨取引所だと勘違いしている方も多いようです。

Liquid(リキッド)は日本の仮想通貨交換業者となります。


QUOINE株式会社の概要

QUOINE株式会社は「一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会 」「一般社団法人日本仮想通貨交換業協会 」「一般社団法人Fintech協会」にも加盟しています。

QUOINE株式会社の概要
項目 詳細
社名QUOINE 株式会社
設立年月2014年11月
代表者栢森加里矢
仮想通貨交換業登録関東財務局長第00002号
所在地東京都中央区京橋二丁目2番1号
会社URLhttps://quoine.com/
資本金20億円(準備金含む)
従業員数279人

仮想通貨取引所Liquid(リキッド)の評判

Liquidの評判で特に多いのは以下の項目です。

Liquid(リキッド)の評判
  • 取引手数料が安い
  • スプレッドが狭い
  • 外貨の取り扱いが豊富
  • セキュリティ対策が安全
  • スマホアプリが使い易い

仮想通貨取引所Liquid(リキッド)の手数料の評判

仮想通貨取引所Liquid(リキッド)の手数料は以下のようになっています。

手数料一覧1
手数料 BTC/JPY取引 BTC/JPY取引以外
現物取引無料無料
差金決済取引
ポジション料0.025%/日0.025%/日

手数料一覧2
手数料 法定通貨 仮想通貨
入金手数料無料
銀行手数料はお客様負担
無料
出金手数料500円
銀行手数料はお客様負担
仮想通貨誤入金回復手数料-入金数量の10%
500QASH

取引手数料は無料のため、法定通貨を出金するとき以外は手数料を取られることはありません。

ただし、日をまたいでFX取引をしたり、仮想通貨を誤送信すると手数料が発生します。

誤送信に関しては回復できない場合もあるので要注意です。


他の取引所では、仮想通貨の出入金手数料を取る取引所があります。

Liquidでは無料なので、仮想通貨決済に利用したり別の取引所に資産を移す場合は他の取引所よりも安く済ませることができます。


仮想通貨取引所Liquid(リキッド)のスプレッドの評判

以下の表はビットコイン(現物)のスプレッドとなります。

スプレッド比較
取引所 買値 売値 スプレッド
GMOコイン511,971円511,876円95円
bitbank514,158円514020円138円
Liquid509,324円509,051円273円
コインチェック513,952円513,584円368円
ビットフライヤー511,601円511,132円469円

スプレッドは一瞬の時間を切り取って上記の表にまとめており、データを取るタイミングによって多少ずれがあります。

最もスプレッドが狭いGMOコインでも300円くらいまでスプレッドが広がることもあれば、ビットフライヤーのスプレッドが100円以下になることもあります。

スプレッドは狭ければ狭いほど、投資家にとって有利です。

データを採取した結果多少の誤差はあるもののスプレッドでLiquidが他の取引所に劣るような結果ではありません。


仮想通貨取引所Liquid(リキッド)の法定通貨の評判

Liquid(リキッド)では、日本円を含む以下の10種類の法定通貨を取り扱っていると謳われています。

  • JPY(円)
  • USD(米ドル)
  • HKD(香港ドル)
  • SGD(シンガポールドル)
  • AUD(オーストラリアドル)
  • CNY(人民元)
  • INR(インドルピー)
  • EUR(ユーロ)
  • PHP(フィリピンペソ)
  • IDR(インドネシアルピア)

ただし、現在日本在住のユーザにおいては日本円以外の法定通貨の入金および出金はできない仕組みとなっています。

Liquid:外貨の入金/出金について

外貨を使ってトレードを考えている日本人の方は要注意です。


仮想通貨取引所Liquid(リキッド)の基軸通貨QASH(キャッシュ)の評判

QASH(キャッシュ)トークンはイーサリアムのブロックチェーンをベースに作られたERC20トークンです。

2017年11月に実施したICOでは124億円の資金調達に成功し、2018年1月のピーク時には時価総額500億円を超えています。

現在の市場価値については、CoinMarketCapでご確認ください。

CoinMarketCap:QASHチャート

これほど盛り上がっているQASHトークンですが、Liquidでは日本人への提供はしていません。

日本在住の方は購入できないのでご注意ください。


仮想通貨取引所Liquid(リキッド)のセキュリティ対策の評判

Liquid(リキッド)はコインチェック事件が起きた直後(2018年2月13日)時点で、全ての顧客資産をコールドウォレットで保管していた取引所となります。

顧客資産をコールドウォレットから引き出すために4段階のフィルターを通すため、顧客の意図しない出金や不正送金を防止することができます。


仮想通貨取引所Liquid(リキッド)のアプリの評判

Liquid(リキッド)のスマートフォンアプリはチャートと板情報を確認することができるため、ベストなタイミンを見極めやすいしようとなっています。

個人的に使ってみた感想だと、PC向けのツールをアプリに落とし込んでいる感覚となり、PCを使って利用する方が注文が出し易い印象です。

スマホもPCも持っている人はPCでトレードすることをおすすめします。

Liquidトレーディングビュー

好みの問題ですが若干ボリンジャーバンドなどのテクニカル指標が見づらいかなと感じる人もいるかもしれません。ビットフライヤーのように画面のカラーバリエーションがあるとなおGOOD


仮想通貨取引所Liquid(リキッド)の登録方法

最近では、Liquidの人気の取引所の一つです。

先日、当ブログで紹介した「Moneco(マネコ)」というサービスもLiquidの登録が必要となるサービスで、他の仮想通貨ブロジェクトからも選ばれることが多くなっています。

関連記事:【仮想通貨フォロートレード】Moneco(マネコ)の評判

登録をするには以下の公式サイトから口座開設を進めてください。


Liquidの口座開設はこちら



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

1位 GMOコイン)


GMOコインのおすすめ理由
  • スマホアプリでアルトコインも含めた仮想通貨FXができる
  • アプリ内チャートで10種類のテクニカル指標が使える
  • 大手企業だから安心

GMOコインはスマートフォンで仮想通貨FXをやりたい人におすすめです。

その理由は、アプリ内で利用できる高機能なテクニカル指標と注文のタイミングを逃さない「スピード注文」が用意されているからです。

それ以外にも1分以下の値動きも把握することができるため、短期トレードをする人には必要なサービスが揃った取引所と言えます。

当ブログでもGMOコインの使い方や評判についてまとめています。

これから始める方は是非以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:GMOコインの評判【初心者向けにわかりやすく解説】
関連記事:GMOコインのスプレッドを攻略する方法

GMOコインのレビュー
初心者向け★★★★★(5.0)
手数料の安さ☆★★★★(4.0)
取扱通貨☆★★★★(4.0)
セキュリティ☆☆★★★(3.0)
スマホアプリ★★★★★(5.0)


GMOコインの口座開設はこちら



2位 Liquid

Liquidのおすすめ理由
  • 国内でのBTC取引量がトップクラス
  • PC向けのトレーディングビューが充実
  • 仮想通貨FXのレバレッジ倍率は最大25倍

レバレッジの倍率が25倍を設定できることからビットコインFXをPCでやる人におすすめ。

取引量が多く取引エンジンが優秀で、ベストなタイミングで約定しやすい。

スマホアプリは他の取引所と比べるとちょっと使いづらい。

Liquidのレビュー
初心者向け☆☆★★★(3.0)
手数料の安さ☆★★★★(4.0)
取扱通貨☆☆★★★(3.0)
セキュリティ☆☆★★★(3.0)
スマホアプリ☆☆☆★★(2.0)


Liquidの口座開設はこちら



3位 BITPoint

BITPointのおすすめ理由
  • 最大レバレッジは25倍
  • イーサリアムのスプレッドが業界最小水準
  • MT4インジケーターに対応

国内の仮想通貨取引所でMT4インジケーターに対応しているのはBITPointだけとなっています。

最大レバレッジを25倍まで設定することができるため、少ない資金で大きな利益を狙うことも可能になります。

またイーサリアムのスプレッドが小さいので、イーサリアム狙いの人はBITPointがおすすめです。

BITPointのレビュー
初心者向け☆☆★★★(3.0)
手数料の安さ☆★★★★(4.0)
取扱通貨☆☆★★★(3.0)
セキュリティ☆☆★★★(3.0)
スマホアプリ☆☆☆☆★(1.0)


BITPointの口座開設はこちら



4位 bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerのおすすめ理由
  • 国内Bitcoin取引量が圧倒的No1!
  • 専門機関から世界トップのセキュリティと評価されている
  • ビットコインFXチャートが優秀
  • 無料でビットコインをもらえるサービスが充実

ビッットフライヤーは「sqreen」という審査専門機関から世界さ高ランクのセキュリティスコア7.0を獲得しており、取引所の中で最も信頼できるセキュリティ対策を行っている取引所となります。

ただし、現在は新規口座開設を受け付けていません。

bitFlyerののレビュー
初心者向け☆★★★★(4.0)
手数料の安さ☆☆★★★(3.0)
取扱通貨☆☆☆★★(2.0)
セキュリティ★★★★★(5.0)
スマホアプリ☆★★★★(4.0)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ