4月1日(エイプリルフール)の発表なので、冗談なんじゃないのということも噂されています。

イーサリアムの発行枚数が決まると長期的は価値の安定化が図られ、短期的には価値の上昇もあるかもしれません。


投資家からすれば嬉しい情報だと思われますが、イーサリアムをマイニングしている人からすればこれは悲報ですよね。将来的にはあまり稼げなくなるわけなので、、、

ただし、イーサリアムは前からCasper(PoWからPoSに移行する計画)を発表しています。

Casperが実行されれば、発行枚数が制限されたとしても、電気代やコンピュータマシンなどにかかるランニングコストも同時になくなるので、マイニング市場はどのように変化するのかまだわかりません。マイニングの競争相手が増えるかもしれないし、増えないかもしれません。


いずれにしても、発行枚数を決めるということは大掛かりなアップデートがはいるので、これからいろんな情報が流れるはずです。

続報に期待しましょう。