仮想通貨ICOでLEVEL MAX!!

明日なくなってもいい飲食代くらいの資産でハイリスク・ハイリターンなICOに挑むブログです。他にも仮想通貨界隈で起こった出来事などを掲載していきます。

2018年01月


CtoCマーケット大手のメルカリがコインチェックの二次被害を懸念し、ハードウォレットの出品を禁止しました。

そもそもですが、ハードウォレットは絶対に中古品を買ったり、個人から購入してはいけません。理由は簡単です。あなたが中古のハードウォレットに仮想通貨を入れた瞬間に資産が盗めるようになるからです。

ハードウォレットを買う時は正規代理店から購入する事

ハードウォレットを購入する際に最も気を付けなければいけない事が中古品は絶対に買ってはいけないという事です。

そして、最も安全な方法はLedger社の公式サイトから購入する事です。

万が一、大手通販サイトAmazonやその他の通販サイト購入する事があったとしても、中古品というキーワードをしっかり注意して、避けていきましょう。

中古品

また、Amazonで購入する際は「すべての出品を見る」という黄色いボタンを押した後に表示される企業名に注意してください。基本的にLedger社の公式サイトに載っていない企業から購入するのはリスクが高いです。

2018年1月31日時点での公式サイトに掲載されている代理店はこちら


EARTH SHIP LTD.(株式会社EARTH SHIP):https://hardwarewallet-japan.com/tokusho/
ERMIS WALLET SHOP:https://www.coolwallet.jp/blank-6
BIT RIVER JAPAN:https://bitriverj.official.ec/law
CRYPTO WALLET JAPAN:https://www.cryptowalletjapan.com/aboutus
BC TRANSPORT:https://shop.bctransport.tokyo/about
株式会社FrontLine:http://frontline-co-ltd.co.jp/about
HOROPII:https://kajiwara1.wixsite.com/mysite/about_us
KH TRADING:https://www.khtrading.net/about
VOLSEO REALIZE LTD:https://goo.gl/dMV2Bf
HARDWAREWALLET.JP:https://shop.hardwarewallet.jp/law
ALLURE CO., LTD:http://allure-label.com/

引用元のURL;https://www.ledgerwallet.com/retailers

公式サイトが検索できない企業もありましたので、そちらは載せてません。

掲載企業を調べてみて感じたのは、フランスLedger社に掲載されている正規代理店が全て信用できるかというとそんな事はないという事です。

サイトをみて、小売店の実績が少なかったり、WEBサイトが放置状態で事業の片手間でおこなっているような組織もあります。最終的にはご自身のご判断で決める必要があるということです。

もし正規代理店からの購入であれば、お約束できるわけではないですが公式サイトの最上部に乗っている企業「株式会社Earth ship」が最も安全と思われます。

Amazonなどの通販サイトに掲載されている店舗名や販売店名は運営会社の企業名と異なる場合もございます。同じような名前が多い為、しっかりと企業名を確認した上で購入するようにご注意ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ビットフライヤー仮想通貨の取り扱い銘柄に「リスク(LISK)」を追加したと発表しました。

しかし、ホームページに行ってみると、

サーバダウン

こんな状態ですw やっぱり人気があるのでしょうか。サーバー落ちてますね。

メールでも取り扱い開始の連絡が来てますね。

lisk

リスクは過去にレビューした記事もあるので、よかったら投資判断の参考にしてみてください。


▼仮想通貨リスク(Lisk)って投資するべき?▼
http://gazoo.work/archives/3546999.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ビットコインが去年の12月に240万円を記録した時、テレビニュースや新聞で大きく取りあげられました。それを見た人は100万円くらいだった時にかえばよかったと思った人は多くいたでしょう。

「今買っても大丈夫?」「これからビットコインは上がるの?」と前々から仮想通貨に関わっている人は無知な友達からたくさん質問を受けたはずです。ツイッター上でもたくさんそんなつぶやきもでてましたね。

では、そういう人たちは、ビットコインが100万円に近づいてきた今購入をするのでしょうか。

bitcoin100

おそらく、買わないでしょう。


有名な話にもありますが、人は2分の1の確率で100万円が当たる宝くじよりも、必ず50万円が当たるクジを選択し、必ず50万円損をするクジよりも、2分の1の確率で損失が100万円かゼロになるクジを選択します。つまり、リスク取る事を嫌ったり、変化に対応できない性格を持っているという事です。

仮想通貨をいままでやったことがない人が、投資を始めるという事は、今まで背負った事のないリスクを背負うという事です。もし、仮想通貨投資なんかしなくても不自由なく死ぬまで生活ができるのであれば、その人にとって仮想通貨投資はただのリスクでしかないかもしれません。

仮想通貨に投資する人は、少なからず現状に満足していない人、もしくは、経済的に成功していない人が多いように思えます。現状に満足し、これからの未来に不安がない人や、現実主義な人(リアリスト)が仮想通貨に参入するのはまだかなりハードルが高いでしょう。

おそらく、ビットコインなどの送金遅延が解消し、イーサリアムが企業の仕組みに馴染んできた段階で、初めてブロックチェーンや仮想通貨が便利であると実感できた時以外は、変化が怖いために参入は難しいと思われます。

しかし、仮想通貨やブロックチェーンの技術を勉強すれば話はかわります。暗号通貨がこれからどのように社会に貢献できるか、問題解決に役立つのかを自分の力で知った人たちは、仮想通貨へのハードルが低くなり、 ICOヘの参加もしやすくなります。

どちらに進みたいかは自分次第です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

2/4(日)13時に放送するTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」に出演されると発表

コインチェックの不正送金騒動で仮想通貨市場は暗くなっていましたが、このニュースで一気に世の中を暖かくしてくれました。そして、出演中は爆笑問題のお二方と一緒に、たくさんの笑いを提供してくれる事でしょう。「おらワクワクすっぞ!」という感じです。

出演中はツイッターの投稿とか読んでくれたりすんですかね。どんなテーマについて話されるのかも気になります。おそらく「コインチェック」「NEMbar」「オフ会」は必須ででてきそうな予感。。あとはとにかくハイパーニートについて熱く語ったほしいですね。

2/4(日)13時、スマホがあれば聞けるので、仮想通貨やってる人はみんなで聞いちゃいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

LINEが子会社を設立し、仮想通貨事業に参戦するニュースが発表されました。LINEは以前よりニュースでも仮想通貨事業への参戦を検討していると発表しており、メルカリが仮想通貨事業を参戦する事がきまった際に、LINEの動向を取り上げていた報道組織も多くありました。

日本を代表するWEBサービスを展開する企業として、Yahoo!Japanや楽天、ネクソン、ミクシィ、サイバーエージェントなどがありますがLINEも日本のインターネットサービスを支える大きな企業である事は間違えありません。

LINEサービスを利用するには、現在は日本円がつかわれているわけですが、もしLINEの独自トークンが発行されるのであれば。おそらく日本円よりも高値で取引されることでしょう。LINEが現状の提供サービスを継続し、ICOするだけでも相当な資金調達ができそうですが、仮想通貨を使った新たばサービスが提供されればより、もっと面白くなるはずです。

今後メルカリやLINEだけでなく、多くの企業がICOに乗り出してくる可能性が高いと予測されます。その中でもSNSやCtoCのマーケットシェアが高い企業のICOは今後個人が企業を上回る成長をする波にのって大きく成長するはずです。

新会社「LINE Financial株式会社」設立のお知らせ

「LINE Pay」に続き、保険、ローン、仮想通貨(暗号通貨)などの金融事業領域をさらに強化

LINE株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤剛、以下LINE)は、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」に続き、金融事業領域をさらに強化すべく、新会社「LINE Financial株式会社」を設立いたしましたので、お知らせいたします。

LINEでは、昨年、「LINE Pay」の全世界での年間取引高が4,500億円を突破、登録ユーザー数も4,000万人を達成するなど、大きく拡大をしました。

 

このような流れの中、さらに革新的な金融サービスの構築・提供をすべく、今回の新会社設立の運びとなりました。今後、本新会社をベースとし、「LINE」上で仮想通貨交換や取引所、ローン、保険といった、様々な金融関連のサービスを提供する準備を進めており、さらなる金融事業の拡大を行ってまいります。また、LINEがこれまでに培ってきた日々のメッセージを扱う高いレベルのセキュリティに加え、ブロックチェーン技術などの研究開発を積極的に推進し、ユーザーにとって便利で、安全な金融サービスの提供を目指してまいります。そして、この分野に精通した技術者や関連人材の採用も積極的に行っております。

 

LINEでは、「LINE Pay」事業に加え、「LINE Financial株式会社」での事業を通じ、金融事業領域をさらに強化し、引き続き人とお金・サービスの距離を近づけてまいります。将来のキャッシュレス・ウォレットレス社会を見据え、フィンテックの世界をリードする存在になることを目指します。

なお、仮想通貨事業関連に関しては、既に金融庁への仮想通貨交換業者登録のための手続きを開始しており、審査中です。

 

「LINE Financial株式会社」概要


社名:LINE Financial株式会社
代表者:代表取締役 出澤剛(現 LINE株式会社 代表取締役社長)
取締役:舛田淳(現 LINE株式会社 取締役) 黄仁埈(ファン インジュン)(現 LINE株式会社 取締役)
資本金 :50億円
設立年月日:2018年1月10日

引用元:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2018/2023

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

限度額いっぱいまで購入しようとしていた人は、ちょっとショックですよね。結構期待してたプロジェクトなだけに資金の調整を図っていた人もいたのではないでしょうか。本当に、、、くやしいです。

ただ、ホワイトリスト(事前登録)の登録状況から考えても懸命な判断だと思っています。事前登録(KCY)が10万人超えるってすごい事ですよね。


KCYとは

"Know Your Customer"の略。日本語で訳すと「顧客確認」という意味になります。

申し込んだ人全員が限度額の3ETHを支払うと仮定した場合は、だいたい4,160アカウントが購入できるという事になりますね。残りの9万6,000アカウントは漏れるという事になります。。でも10万アカウントが全部参加する事はないでしょう。購入を見合わせている人は2割以上はいるはずです。さらに、その中から限度額いっぱいまでICOに投資しようと考える人はわずかですので、おそらくかなりのアカウントが参加できることになるでしょう。

イーサリアムを送る際のガスについては、ガスリミットの最大値をあげて調整済みとブログで記載がありますので、事前に確認をしておくべきです。ArcBlockのブログはこちら。

今回、ICO直前でこのように限度額を調整する対応を行ったArcBlock側の対応にはかなり感心しています。プロジェクトを進める上で、参加者を増やすというのは大きな意味をもちます。日本のCOMSAのICOはハードキャップを設けずに、好きなだけというようなやり方でした。そうすると上場後のニーズがしばらく消されてしまうので、成長が鈍化しているようにも捉えられます。ArcBlockはその辺も見越して、限度額を調整し、プロジェクトに取り組んでいると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

2月4日のトークンセールまで今日を含めるとあと、5日ですね。セールが近づくにつれて、ArcBlockのツイッターの更新頻度も上がってきました。

ArcBlockのトークンセールは取引所のアドレスを使って送信してはいけない

ICOになれている人からすれば、当たり前の事ですね。ただし、今回初めてICOに参加するという方は要注意です。

ArcBlockのトークンセールでは、イーサリアムを送信したアドレスにそのままArcBlockのトークンが送り返される仕組みになっています。そのため、取引所のアドレスから送信すると、ArcBlockのトークンが取引所のアドレスに返ってくるのですが、取引所のアドレスは他のトークン保管する事ができないので、送られたトークンはすべて消滅してしまう事になります。

取引所のアドレスは、通貨それぞれのアドレスが存在ていると思います。基本的な考えとして、取引所は1つのアドレスに対して、1つの通貨しか対応していません。

つまり、取引所のアドレスを使ってArcBlockトークンを購入するという事は絶対にやってはいけないという事です。

資金がなくなる事でもちろんあなた自身に被害がおよびますが、それは誰に取っても得ではありません。もし万が一、誤って取引所のアドレスを登録してしまった場合や、登録アドレスを取引所のアドレス以外に修正できない場合は、ICOの参加を見送り、後に取引所に上場したタイミングで購入を検討しましょう。焦って資金をなくしてしまうのは本当に愚かです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コインチェックからの不正送金が発生し、NEMの価格は一時的に80円台まで下がるものの、すぐに価格は110円まで上がった後に、また80円台まで下がってきています。これは、コインチェックの不正送金をきっかけにウォレット関連の記事が多く詠まれる傾向にあり、個人のセキュリティ意識が高まった影響が大きいと考えています。

では、コインチェックが460億円の返金が完了した後、相場はどうなるのでしょうか。

もし、あなたがコインチェックの被害にあったと仮定し、そのお金が急に戻ってきたとします。そうなったら、その資金の使い道をどうしますか。

    選択肢1:全額を再度仮想通貨に投資
    選択肢2:1部だけ仮想通貨に換えて、残りは銀行に保管
    選択肢3:仮想通貨への投資は一切しない

私なら、「選択肢1」を選びみます。理由は、そもそも仮想通貨投資に回しているお金は明日なくなってもいいと思っているお金で、自己資金の余剰金で運用しているため、精神的なストレスダメージを与える事はあっても生活が脅かされるわけでは全くありません。

さらに言うと、今後460億円の資金が仮想通貨市場に流れ込んでくる事を考えると、今はかなり良い買い時だと判断できるからです。12月に仮想通貨に参入した人はかなり多いと思いますが、その頃から比べてみても今の相場はかなり安い事が判断できますよね。


これからメリカリが仮想通貨事業を始めれば相当量の資金が仮想通貨に流れ込んでくる事も予測されるので、このタイミングをうまくつかみたいですね。ただし、投資は自己責任なので、ご自身で投資の判断はされるべきです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

各取引所の代表および取締役が積極的にセキュリティ強化をアピールしています。


セキュリティおよびハッキングの技術は日々進化していますので、取引所に預ける事が安全を保障されるわけではありませんが、それでもリスクをゼロに近づける事で、取引所を利用してもらおうという作戦です。

よくユーザが勘違いしているなと思う事が、取引所を利用するイコール取引所に資金を預けるという事ではありません。取引所は日本円と仮想通貨を交換する場所なので、交換が終われば資金は取引所に預けておかずに、自分の安全なウォレットに保管しておけばいいのです。

つまり、通貨を交換したいときだけ利用し、預ける時は自分専用のウォレットを利用すれば、取引所も儲かるし、ユーザも資金を安全に保管する事ができます。

取引所にとって最悪なのは、被害を恐れて仮想通貨への投資をやめてしまうユーザが増える事ですし、ユーザにとって最悪なのは資金をとられてしまったり、投資対象がなくなってしまう事なので、仮想通貨取引をやめる事は双方にとってデメリットになるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ネットを使って仕事をする人や情報収集の大切さを理解している人は、日々一流スポーツ選手が道具を大切にするようにブロガーはブックマークを整理整頓する必要があると思っています。

私が情報収集する上で気をつけているポイントがあるので、これらをご紹介したいと思います。

情報収集のポイント1:更新頻度が高いメディア

おそらくブログやSNSなどを使って情報を発信するメディアには、2つのタイプがあると思います。1つは「情報の鮮度を意識した更新頻度が早いメディア」と、もうひとつは「考察やストーリー性を意識した大作風メディア」です。

私が好きなのは、前者の「更新頻度が早いメディア」です。

メディア提供者の中には(おそらくほとんどの方々が)メディア以外の仕事をいくつも抱えている方がいます。そのため、コンテンツ制作に費やす時間に制限があり、なかなか大変な作業になってくるのですが、それでも普通の人には考えられないくらい早いスピード(爆速)でコンテンツを提供する方々がいらっしゃいます。


私が特に感心しているのは、イケダハヤト氏が運営する「まだ仮想通貨持ってないの?」です。

多い時で10本程度あげているときもありますし、記事の内容も始めはサクッと問題提起するような感じで公開し、アクセス数が集まった段階でがっつりリライトしていく手法が見ている側にもストレスがないので、超おすすめです。人気のない記事を長々読むって嫌ですよね。。イケハヤブログはヒットしてない記事はアッサリなので、快適です。

この手法はメディアを提供する側にとっても超効率的なので、記事をあげる本数は参考にしたいですねw(できるかな。。。)

情報収集のポイント2:情報の鮮度が高いメディア

情報の鮮度ど言われてもあまりピンとこない方もいるかもしれません。たとえば、仮想通貨界隈のブログでいうと、コインチェックやビットフライヤーなど過疎通貨取引所への登録方法の記事ですかね。もうかなり多くの方々がこの記事を書いているので、情報の鮮度は低いと言えます。

これらの記事の鮮度が高く提供できていたのは「 貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ」「ニシカズのゲス戦略日記」「ポインの仮想通貨ハマって(中毒って)ます!!」の御三家でしょう。どれも優秀な方々です。

情報収集のポイント3:面白いメディア

いくら更新頻度と情報鮮度が高くても、記事として面白くなければ意味がありません。面白さを説明するのはかなり難しいですし、おそらく正解はないと思います。ただこれは絶対違う(面白くない)と思う事は、他人をいじったり、下げたりする事です。最近ではコインチェックのCMに出演されている出川さんをはじめ、ブログやSNSで活躍するインフルエンサーの方々が理不尽な攻撃をされているのを目にします。これは、私が考える面白さとは全く別ですし、正直笑えません。


面白い文章を細かく分析すれば、文章の構成力や問題をピックアップする力があったりするんでしょうけど、力のない私はまだまだ勉強中です。わかってたらもっと面白いでしょ!と突っ込みたくなります。

去年9月に起きた中国騒動をまとめた墨汁うまいさんの記事は、本当に素晴らしかったです。めちゃめちゃ面白すぎます。

この記事をこのタイミングで提供できるのは神ですね。本当に勉強になります。


最後に、ブックマークはとりあえずたくさんした方がいいという事も加えておきます。なぜなら相性があるからです。最初記事を見ていいなと思っても、後から出てくる情報が自分がほしい情報と合わない場合はサッサと消しましょう。私も定期的に見直す事でかなり消してます。消して蘇ってくるサイトもありますけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ