仮想通貨ICOでLEVEL MAX!!

明日なくなってもいい飲食代くらいの資産でハイリスク・ハイリターンなICOに挑むブログです。他にも仮想通貨界隈で起こった出来事などを掲載していきます。

2017年12月

2017年もいろんなニュースがありましたが、スマホやネットを使ったいじめのニュースも結構多かったと記憶しています。


そもそも、そういう人って学校行って勉強したいって思ってないですよね。

ただ友達作りやみんなが言ってるから惰性で学校に通っているだけだったり、社会人になるのが怖いからとりあえず進学しようみたいな。


常々思っている事が学校に行きたい奴だけが学校に通えばいいと思ってます。

小学校で中学レベルの授業がわかるなら飛び級も全然あり。やりたい人がとことんやり込める社会を作って欲しい。学校にいる集団が全員やる気満々の状態なら、邪魔も入らないし、人の学習レベルなんて個人差ありまくりなんだから、6年間とか3年間とか勝手に決めないで欲しい。毎年どの学年でも高校大学受験できればいいんですよ。


逆に、学校行きたくない人は絶対行かない方がいい。どうせ将来勉強した事を使う機械なんてほとんどないから。

一番いいのは、スマホを与える事。今の時代スマホ一つあれば、自分の趣味嗜好に合うコミュニティを見つけて遊べるし、動画や写真を通して交流する事もできるし、それでお金を稼ぐ事もできる。


スマホで社会性が身につかないって考える人もいるかもしれないけど、今後の社会を生き抜くために必要な知識や経験はそこにはたくさん詰まっているわけだから、小学校や中学校で嫌いな勉強をするよりも十分に人生に役立つし、不要な我慢もしなくてもいい。嫌いな先生や先輩との交流もない。

自分に対してポジティブな世界の方が、絶対に人は動くし、能力も開花する。


「努力にまさる才はない」っていう人いると思うけど、天才は辛い事を努力と思っていない。好きだから辛い事でも平気で耐えれてしまうだけ。

今の社会のシステムは色々無駄なところが多すぎだし、人間を縛りすぎ。大学に行かないといけないとか、社会にでて出世しないといけないとか、そんなの決めつけすぎだし、そんな人生で成功している人は本当に少ない。


もっと楽しく、好きな事だけに夢中になれる人生を全員で送るべき。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

金融業界において、史上最大の発明はATMだと言われていたって知ってますか?


ATM(Automatic Teller Machine、自動出納機)が登場する前の時代は、銀行員が個人の帳簿を確認して、個人のお金の出入金を管理していましたがATMが登場したことによって、人件費、人的ミスやセキュリティにかかる費用や時間的制約など、今までかかっていた膨大なコストを削減することができました。

今では、コンビニやデパートの近くには必ずATMがあり、銀行に行ってもATMでほとんどの手続きを進める事ができます。



しかし、定期がICカード(suika,pasmoなど)になったり、クレジットカードやApplepayが普及したことにより、世の中お金のデジタル化が進んでいる中で、もうATMはオワコンだと言えます。

なぜなら、現金を引き出す必要がないからです。全てスマホや専用デバイス(カードやウォレット)で管理できる時代がもうそこまで来ているため、いちいち小銭やお札を財布にしまう事がないからです。

小売店のポイントもサービス券も全てデジタル化されてることにより、今まで管理できないくらいのお金の量をスマートフォン1台で管理する事ができる時代がきます。

スーパーブランドのお財布よりもLedger Nano SやTREZORのようなハードウォレットでおしゃれをする事がスタンダードになるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

シェアリングエコノミーという言葉があるように2017年においては、映画DVDはもちろんのこと、レンタルカー、シェアハウスやブランドバッグやドレスなどもレンタルする事が多くなってきました。

レンタルは、必要に応じて利用できるため実際に購入するよりもコストパフォーマンスが良いと考える人が増えてきたことも影響しています。

一方で、衛生面や空間的な自己領域を侵されたくないことから、レンタルしたくないものもあるため、どこまでもレンタル産業が発展するわけではありません。



突然ですが、自分のパソコンをレンタルすることは意識的に可能でしょうか。

技術的には「フォグコンピューティング」という技術でPCリソースをレンタルする事が可能です。

フォグコンピューティングは、複数台のPCリソース(計算力)の一部をレンタルし、映像処理や機械学習、ゲームなどの大規模な計算処理に充てるという技術なんです。


仮想通貨市場では「SONM(SNM)」というブロジェクトが、イーサリアムのスマートコントラクトとフォグコンピューティングを使って、大規模なコンピュータリソースを実現することを目指しています。

ホワイトペーパーを読むと、「ドッカーコンテナ」を使うこと簡単かつ独立したリソース提供を行うことができるということです。

このプロジェクトを見て言えることは、現存するスーパーコンピュータやこれから発明される量子コンピュータを上回ることができるかどうかです。世界中のPCリソースをかき集めた時に、量子ポンピュータを凌駕する計算処理とリソースを確保できるのであれば、面白いのかもしれません。


しかし、リソースを提供するということは、セキュリティ対策としても危険を冒すということです。通貨のように溢れてくるものであれば、シェアリングやオファリングが進みますが、デジタル化が進む中でコンピュータリソースは今後ますます必要とされてくるため、どちらかというとパーソナライズ化されるんだと思います。


将来は映画マトリックスのように、体内にコンピュータを埋め込む時代にもなるかもしれません。現代でいえば、自分が使っている歯ブラシを人に貸せないように、コンピュータリソースを人に貸すということがもっとセンシティブになってくるのかなと。

逆に、住宅、通貨、交通なんかは世の中に溢れてくるのでシェアリングが進むという展開が予測されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

今年ICO(イニシャル・コイン・オファリンング = 資金調達)した仮想通貨プロジェクトでEOSというものをご存知でしょうか。

EOSはNEO,Lisk,Zcashを凌ぐスピードで成長し、既に時価総額500万ドルを超えています。時価総額ランキングでいうと12月時点で12位に位置しています。(ちなみに11位はMoneroでした)

わずか1年未満で時価総額500億ドルに成長した理由はどこにあるんでしょう、どんな通貨なのか興味が湧いてきませんか。

早速調べてみる事にしました。


はじめに理解いただきたい事は、EOS(イオス)がブロックチェーンのオープンソースソフトウェアであるという事です。


オープンソースとは

著作権権利を放棄し、商品を提供する事です。ユーザ(利用者)を共同開発者と捉えて、商品をアップグレードしていくモデルとなっています。オープンソースの代表として、携帯端末で使われているAndroid(Google社が提供)やブログ更新で使われているWordPress(Automattic社が提供)が有名です。

EOSは、ビットコインやイーサリアム、リップルのように通貨としての目的はなく、誰もが自由に利用できるオープンソースソフトウェアを公開することで、人生、自由、財産を保護するフリーマーケットシステムを設計するという目的を持っています。


注目するべきは、ホワイトペーパーの冒頭に書かれてる文章にあるように1秒間に100万件の取引を処理できる技術があるという事です。

The resulting technology is a blockchain architecture that scales to millions of transactions per second, eliminates user fees, and allows for quick and easy deployment of decentralized applications.

世界中で使われているクレジットのVISA取引量が5,000件/秒と言われているので、イーサリアムが15件/秒、リップルが1,000件/秒、NEMがカタパルト実装により4,000件/秒だと実現不可能ですが、EOSが100万件/秒のパフォーマンスを出す事ができれば、世界中で実現できるブロックチェーンシステムを構築する事ができる可能性が高いという事です。



もう一つ、EOSの特徴があります。

EOSトークンは通貨としての利用価値を否定しているという事があります。

おそらく、EOSがオープンソースなので、利用されるプロジェクトに合わせてイーサリアムのGASやFactomのEntry Creditのようなプラットフォーム内の通貨を優先させる事を目的としていると予測されます。だからこそ、EOSトークンはプラットフォーム内では利用できないという位置付けを示しているんだと思います。


EOSの将来性

秒間100万件の取引処理ができるというトランザクション性能だけでも、投資価値は十分にあります。銀行や証券会社などどこかの企業がEOSを導入したという実績が公開されれば、たちまち市場価格は跳ね上がるはずです。

なぜなら、VISAやマスターカードがブロックチェーン技術を導入する事で、莫大なコスト削減ができるからです。それ以外でも不動産や税務署などあらゆるシーンでブロックチェーンが活用されれば、膨大なコスト削減が実現できるはずです。


仮想通貨は通貨としての価値だけで将来性を判断する必要はありません。

ビットコインは通貨としての利用価値を含めて将来性を見られていますが、リップルは分散台帳技術が評価されて価値が上昇しているからです。

EOSのトランザクション処理技術は期待される利用シーンが多く、十分に評価できると言えそうです。(投資は自己責任ですよー)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

1ヶ月前は27円を推移していたリップルですが、今朝起きると300円を超えています!!

しかも刻々と価格は上がり続けているので、もしかすると400円、500円も超えるのかもしれません。本当に目が離せない状況となっています。


そして、価格よりもビックリしたのが


なんとビットコインについで次世代の基軸通貨になろうとしているイーサリアムの時価総額を抜いたんです。

これはもう世間がリップルに対するイメージがガラッと変わる瞬間ではないかと思います。

世の中のお金がリップルによって送金されていく未来に大きな一歩を踏み出したのかもしれません。

歴史が変わるのはそう遠くないはず。


そして、リップルが高騰している原因はなんでしょう。




どこの誰が勝っているかわかりませんが、もし購入した人が売りを仕掛けたら、もう。。一気に養分たちが確定するでしょう。

機関投資家恐ろしい、、、


さらに、20円付近で1億円投資した与沢氏はというと、


なぜか、「貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ」を運営するマナ氏を攻撃。。マナ氏は危機管理能力が高く、セキュリティ対策や税金の話題も発信していて、おそらくリップルに対する考え方だけかみ合わなかったのか、険悪なムードに。


さあ、リップルはこの後どうなるのか。楽しみですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

EthlendはP2P間でお金の融資を行うブロックチェーンサービスです。イーサリアムのスマートコントラクトを採用しているので、貸付を途中停止したり、第三者によって取引を妨げられる恐れがないという事です。


ホワイトペーパーを見て驚いたのが、所有している時計や不動産などの物事をデジタルトークン化し、そのトークンを担保に貸付を受ける事ができるというシステムです。詳細がどのようなものかを読み取る事はできませんが、ブロックチェーンを通して物事の売買や管理を行うとなるとこれは厖大なデータを管理する事になります。(不動産だけでもすごそう。。)


お金を貸したい人と借りたい人双方が存在するには、お金を借りた側が確実に返済できるシステムになっているかというのが重要です。

Ethlendは非中央集権型のネットワークを構築しているため、通貨を発行するような調節機関もなければ、審査やペナルティが設定されているか明確にはわかりません。

ブロックチェーンでお金の動きを完全に把握できたとしても、お金の流れが貸し手から借り手へ一方通行にしかならないのであれば、Ethlendのプラットフォームは破綻するでしょう。

銀行の代わりにブロックチェーンで個人資産を管理するという着眼点においては、Factomやビットコイン同様に銀行システムに勝る事ですが、それはあくまで借りた側が一定期間で必ず返済を完了させるという性善説に基づいたシステムになっているという事です。


個人的な意見としてですが、今後世の中に仮想通貨を含めた通貨は溢れてくるでしょう。仮想通貨のプロジェクトがたくさんあるように、個人の資産もたくさん選択できて、さらにお金は今以上に稼ぎやすくなっているはずです。

その中で、お金を貸すという銀行業や高利貸し的なビジネスは将来なくなっていくはずです。もし個人のお金が足りない状況になった場合、将来の人はICOをして資金を調達するか、マイニングや労働でお金を簡単に得ようとするはずです。それらの行動を起こす前に、お金を借りるという選択肢は考えにくいのではと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

12月1日時点の1XPあたりの価格は0.0008円でしたが、12月29日時点では、0.05円と約60倍もの成長を遂げている仮想通貨XP

値動きばかりでどんな仮想通貨なんだろう。。草コインなどといっていますが、年末のBTC下落相場でも、順調に高騰しているので、どんな通貨なのか調べてみる事にします。


XPはエクスピアリアンスポイントで日本語にすると「経験値」という意味になります。

ゲーム、学習、スポーツ、コニュニケーションでの経験を評価し、共有するという目的があるようです。


コミュニケーションではチャットが採用されていて、チャット内でウォレットの作成、送金ができる仕組みになっています。特に「rain(雨)」と呼ばれるイベントでは、XP保有者が多数のチャットユーザにXPを配る事ができるため、日本ユーザ間でかなりの盛り上がりを見せているようです。



コミュニティに参加するのは、メアドを登録して二回くらいコマンドを打つだけなので、5分もあれば参加可能です。

専用のボットがコマンドに対して現在の相場や保有雨通貨を日本円の価値に直して報告してくれたり単純なものですが、モナーコインをツイッターで利用するような感覚で利用する事ができます。

rainも現在の相場であれば1万円あれば20万XPで20万ユーザに1xp配る事ができます。


XPは日本の取引所で購入する事ができません。

XPを手にいれる手順として、大きく5つの作業が必要になります。


    手順1:日本の仮想通貨取引所でBTC(ETH,XEMでもOK)を購入する
    手順2:CoinExchange(海外の仮想通貨取引所)に登録する
    手順3:CoinExchangeのアドレスにBTCを送金する
    手順4:BTCでDOGEコインを購入する
    手順5:DOGEコインでXPを購入する

まだ仮想通貨自体もっていないという人は、Zaifに登録してビットコインを購入するところから始めてください。

手順4でDOGEコインを購入する理由は、BTCで購入するとXPとの価格差が激しすぎて、通常のレート以上の金額で購入してしまう可能性が高いからです。最近はXPの価格も上昇しているので、XP価格が上がってくればそのズレも解消されると思いますが、安いうちはDOGEコインを間に挟んで取引したほうが得なようです。


ゲームやeスポーツ関連の仮想通貨は他にもたくさんあるので、XPが他の仮想通貨と比べて優位にたてそうなポイントが見つかりません。

個人的にゲームは賞金制度や賭博のようなシステムが流行ると思っていて、ByteballやAugerなどがすでにあるのでゲーム領域に入り込むには世界的人気ゲームとコラボするとか、導入実績がでてきてからのような気がしています。


また、学習やコミュニケーションを評価するというのが、結果よりも過程を評価するような制度になっているんだと思います。今まで努力とか、大した事をせずダラダラ過ごしたい人にとってはこっちのシステムのほうがいい気がしますが、最終的には誰でも評価されインフレ状態になってしまう可能性がありますので、過程よりも実績を出した人を評価するシステムと、XPを支払う事でXP内でしか手に入らない何かがあるともっと良くなるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

仮想通貨の売却益に対してかかる税金の割合って、日本は高いって知ってましたか??

ざっと、主要国の株式譲渡益課税を並べるとこんな感じです。


主要国の株式譲渡益課税
国名 課税の割合 備考
日本20%(内訳)所得税15%+住民税5%
アメリカ0,15,20%の3段階+州・地方税37,650〜415,050ドル分は15%、それ以上は20%の税率が適応
イギリス18,28%の2段階アメリカ同様各レンジで税率が適応
ドイツ26.375%(内訳)所得税25%+連帯付加税
日本の仮想通貨15〜55%雑所得として課税


一番下に日本の仮想通貨を入れてみましたけど、これ見て高いって思いませんか。

1億円以上儲けた人にとっては、売却益の10%違えば1,000万円の差がでるので、かなり大きいですよね。おそらく昔から仮想通貨に携わっている人は1億なんていわずに10億とか儲けている人がいるのかもしれないですが、そんな人はもう海外生活がはじまっているんじゃないかと想像してしまいます。。


だって、日本で仮想通貨を1億円売却したら5,500万円も税金として持っていかれるんですよ!?

これって普通に考えたらやばいですよね。。他の国に比べるとかなり割高ですし、日本の税金は政治家によって全然貢献できてないので積極的に敗退と思えない。。(最終的には払うんですけどね。)


まだ勉強不足ですが、何やら税金を払わなくてもいい方法がある様子。



香港、シンガポールなど、キャピタルゲイン課税のない国があるそうです。

もろもろ条件はあるみたいですが、そういったキャピタルゲイン課税のない国の居住者(日本の非居住者)になる事が必要そうです。

日本国もバカじゃないので、いろんな法律で底固めしてるとは思いますが、10億円を日本円に換金しても一円も税金に持っていかれないって考えてら最高ですね。


最終的には、日本が仮想通貨の課税を1%とか5%とかまで下げたら、株式投資している人も海外に移住している人も日本に戻ってきて喜んで税金払うから日本が潤うんじゃないかって思っています。(政治家はこういうとこを治したほうがインパクトがあるんじゃないの)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ここにきてリップルがかなり上昇してますね。一人勝ち状態な事が目立ちます。





リップルは利便性、政治力、将来性が高い

リップルは時価総額50億ドルを超えて、イーサリアムに次いで仮想通貨市場で3位に位置しています。ビットコインキャッシュやライトコインよりも人気があるんですね。

なぜこんなに人気があるかというと、他の通貨と比べて「利便性」「政治力」「将来性」が高いからですね。イッツ、シンプルですw

利便性でいうと、リップルは送金速度が早く手数料も安いんです。




以前、ビットコインや仮想通貨は送金手数料が安くて早いって声を大きく言いふらしていた人がたくさんいたけど、今はもう誰も言わなくなりましたね。送金は”国際送金”に限定したり利用者が急増したことでセグウィットやハードフォークなんかの開発が追いついてなくて、どんどん利便性が低くなり、将来通貨ではなくただの金融商品としての価値しかないって思っている人も多いかもしれません。

その点、リップルはPoWを採用していなかったので、利用者増大による負担が少なく、うまく利便性をアピールできてるって事だから、リップルには将来性があると思って投資する人も多いんです。

リップルに貢献する日本企業が続々登場

リップルは地域の銀行や各国の中央銀行と協調する事ができる仮想通貨というのが、世の中に広がる大きな理由です。

最近では、SBI Ripple Asia株式会社がクレディセゾン、JCB、三井住友カードとブロックチェーン技術等を活用したペイメントカード業界コンソーシアムを立ち上げる予定となっています。これらは日本の地方銀行から大手銀行までの仕組みをブロックチェーンとリップルの技術によって、より効率的に銀行業を運用していくためのプロジェクトです。

SBI Ripple Asia株式会社ではバンコクの事業ですでに導入済みで従来コストの60%を削減できる見通しを立てています。日本円、バーツという法定通貨とリップルという仮想通貨がどちらも共存できる仕組みを実現させている事が、仮想通貨を普及させるために必要な事になります。

もしリップルがビットコインのように仮想通貨のみで経済が完結するような思想や設計を持っていれば、ここまで普及はしていないはずです。圧倒的な送金と法定通貨を分散管理できる2つの技術があるからこそ、日本の銀行企業がリップルを広めるために活動しているんです。

1XRPあたりの価格が130円程度ですが、ビットコインや他のアルトコインと比較した時に割安感があるという事もあります。1BTCの価格と比べるとリップルは安いし、もしかしたらビットコインのように価格が10万円、100万円と上がる可能性があるのではと思っている人もいるんだと思います。

こういったイメージ戦略的なところまで加味して、リップルの将来は明るくなっているんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ジョン・マカフィーって知ってますか?

最近の若い子は、PCよりもスマホを動かす時代でフリック入力で育ってきているから、タイピングとか慣れてない子多いよね。

PCをつかないとなれば、ウィルス対策やセキュリティソフトに関しても鈍いはず。


McAfeeは、パソコンのセキュリティソフト開発をしている企業で、ジョン・マカフィー氏はMcAfeeのCEO。個人資産はピーク時だと1億ドルはあったと言われる億万長者です。

そのジョン・マカフィー氏が、ツイッター上で今月21日から毎日ツイッター上でアルトコインを紹介してくとつぶやき、Burstという仮想通貨(アルトコイン)と、Segwitを導入しているDigiByteを紹介したところ、価格が高騰しているという結果がおこています。



そして、12月27日午前7時頃に「Verge(XVG)が中期的に見て有望だ」というつぶやきをしたわけです。



Verge(XVG)は今年だけでもピーク時は10,000倍の成長をしている仮想通貨です。現在は0.12ドルくらいなので、ここからあと100倍はあがる予想という事です。保有者にとっては相当期待が持てる事ですし、もっと世の中を騒がせて欲しいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ