仮想通貨ICOでLEVEL MAX!!

多くの人が楽しく仮想通貨投資を始められますように、仮想通貨と節約関連の情報をお届けするブログです。

2017年11月

基本情報を飛ばしたい人はこちらをクリック

Factomについて語る前に、仮想通貨Factomの基本情報について解説していきます。

そのあとで、個人的な見解を載せていきますので、基本情報を飛ばしたいという方はこちらをクリックしちゃってください。


Factomは、裁判所などの公的機関が活用する事を期待している。

Factomは、Fact(事実)という語源から来ており、証明書や契約書など、書類や記録を管理するプラットフォームです。

この時点では、別にブロックチェーンでやらなくてもよくない?とか、資金調達が目的なだけで、書類を管理するツールは他にもいくらでもあるよと思う人も多いと思います。


しかし、Factomが他のサービスと異なる点は「公的サービス」を目的として、不動産、証券業界を中心に、世界共通でFactomを使おうよという目的があるという事です。

とくに不動産、証券業界などの組織が書類管理に費やすコストは膨大で、書類紛失や契約の不正が起きやすいと言われています。

そこで、誰でもアクセスできて、改竄されにくいブロックチェーンを利用したシステムが、不正防止や膨大なコスト削減、セキュリティ向上になると注目されているわけです。

さらには、改竄されないというブロックチェーンの特徴を活かして、裁判所に提出する遺産相続問題の証拠や証明書としてFactomが利用される事も期待されています。


では、次にFactomがどのような仕組みなのかを解説します。

Factom内で使える相場に左右されない通貨「EntryCredit」

EntryCreditは、Factomを利用するために使う通貨となります。EntryCreditの大きな特徴は、他の仮想通貨および、Factoidと交換する事ができないという事です。(EntryCreditからFactoidに換金する事はできませんが、逆にFactoidからEntryCreditに換金する事は可能です)


EntryCreditが換金不可能な理由は2つあります。1つは、EntryCreditの価値が仮想通貨の相場によって変化する事を防ぐという事です。Factomが多くの組織に利用され、Factomの価値が高騰してしまうと、たくさん利用したくても価値が高すぎて購入できない、という事態が発生してしまいます。

EntryCreditが換金不可能な理由2つ目は、EntryCreditに価値をつけない事で、ハッキングなどの攻撃リスクを下げる為です。他の仮想通貨と換金する事ができなければ実質的な価値はなくなりサイバー攻撃をする目的がなくなるという狙いがあります。

ビットコインのブロックチェーンを利用している

Factomは、ビットコインブロックチェーンのレイヤー(層)に構築されています。

ブロックチェーン外で行われた処理(オフチェイン)をブロックチェーンに記録することで、実質的にブロックチェーンの機能を拡張する「レイヤー」という概念が登場しました。

ビットコインブロックチェーンはマイナー(採掘者)の数が多いため、攻撃に対する耐久性が強く、セキュリティ面での恩恵を受ける事ができます。しかし、ブログラムの仕様がビットコインブロックチェーンに左右され、分裂やハードフォークされた場合は都度対応が必要になるというデメリットも持っています。


Factomの価格推移

では、基本情報の最後にFactomの価格推移を見ていきましょう。

Factomの価格推移
年月 1FCTの価格
2015年10月 22円
2016年10月 260円
2017年10月 1,845円

Factomの発行通貨は「Factoid」日本の仮想通貨取引所では、コインチェックが取り扱いを行なっており、FCTと記載される事が多いのが現状です。


Factomは、2016年9月にイーサリアム上でも利用が可能になり、

2017年6月には、米国土交通省とビル&メリンダ・ゲイツ財団と共同で米国の住宅ローン市場にブロックチェーン技術を導入する計画を開始しています。

そして、2017年3月にモーゲージレコードを保管して作成する事ができる商品「ファクトムハーモニー」をリリースしました。モーゲージレコードとは、不動産業界でよく使われる契約を意味します。

Factomの将来はビットコイン次第

前述した通り、Factomはビットコインブロックチェーンのレイヤーに構築されています。

つまり言い換えると、ビットコインが消滅すればファクトムのサービスも使えなくなるので、ビットコインとFactomは運命共同体と言えます。


個人的な偏見ですがビットコインや(PoW)は、あくまで仮想通貨の実証実験的な存在で、

本当に通貨として使われるのは、それ以降に出てくる通貨が仮想通貨市場を引っ張っていくと予測しています。


それは、PoWが非効率かつ、ビットコインを利用する事が世間一般にとって簡単ではないからです。

インターネットに例えるなら、Yahoo!がディレクトリ検索を始めて、その後にGoogleがネット検索の世界をひっぱっていくような世代交代が今後あると考えています。

Factomは依存する仮想通貨に応じて、毎回ハードフォークする必要がある

Factomがビットコインのレイヤーに構築されているということは、ビットコインがハードフォークする度にFactom内のシステムを改修する必要がでてくるという事になります。

2016年にイーサリアムのブロックチェーンにも対応していますが、どの仮想通貨に対応しても依存先の通貨のシステム変更があれば、都度対応していかなければなりません。

システム改修に対応するためのコストの問題と、今後システム回収で発生する技術的な問題を常に実現できるのかどうかという事が、大きな課題となります。

Factomに必要なのは、不動産や証券企業への調整力

Factomは、不動産や証券業界の書類や契約書に係るコスト削減をソリューションする目的がありますが、

目的を達成させるためには、どんなに技術的に優れていたとしても、ほとんどの不動産や証券に係る企業を納得させれるだけの政治力、調整力が必要不可欠です。


日本人が日本語を使い、イギリス人が英語を話すように、国や企業それぞれに文化があります。

その文化を統一できれば多くのコストが削減できる事は簡単にわかりますが、Factomが対象の企業を納得させられるだけの調整力を発揮するには、かなり高いハードルがあるというのが、個人的な見解です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

無料でもらう事が出来て、機能が優秀な仮想通貨があるって聞いたけど??本当?!

仮想通貨に興味が出始めて、ブログを読んでいたら、なんと通貨を無料でもらえる仮想通貨があるというブログ記事を見つけました。


はじめは、詐欺かなと思い読み進めていると、無料で仮想通貨を配布する事を「エアドロップ」というらしく、

結構いろんなブログで高機能な仮想通貨と紹介されており、ツイッターでも仮想通貨界隈の有名人が投資対象としてつぶやいているのを見て、


これは!


と思ったので、その調査報告と閲覧していただいた人の投資判断になればと思い、記事をまとめていきたいと思います。

無料で仮想通貨を配布ってどういう事?

その仮想通貨名は、「Byteball」といいます。


あー、Byteballか。と思った人、もしくはByteballの基本的な知識があり、それを飛ばしたい人はこちらをクリックしてください。

すごいのが、Byteballユーザと条件を満たしたビットコインユーザへ総発行量(1,000,000)の98%を無料配布するという計画(エアドロップ)を実施しています。

過去の配布(エアドロップ)実績

  • 2017年2月11日第2ラウンド:121,763 BTCリンク、1.8%分散
  • 第3ラウンド2017年3月12日:129,139 BTCリンク、2.0%分散
  • 2017年4月11日第4ラウンド:145,441 BTCリンク、2.3%分散
  • 2017年5月10日5ラウンド:207,672 BTCリンク2.9%分散
  • 2017年6月9日6ラウンド:453,621 BTCリンク、6.6%分散
  • 2017年7月9日の第7ラウンド:949,004 BTCリンク、11.0%配布
  • 2017年8月7日8ラウンド:BTCリンク1,395,899、配分16.0%
  • 8月時点でのbyteball供給量は52.6%まで達していて、9月のエアドロップを含めて残り45.4%をエアドロップしていく計画となっています。

    興味ある人はまだまだ、ただで仮想通貨をもらえるチャンスにありつけます!10月はスキップですが、次回は11月4日に間に合えばOKです。

    2017年9月が28億円分の仮想通貨を無料で配布!

    2017年9月のエアドロップは、6万件のビットコインアドレスにより130万BTC(およそ6,500億円)以上のビットコインがリンクし、28億円相当を分配しています。

    これは、エアドロップを受けるために、1アドレスあたり平均1千万円が用意されており、ビットコイン市場(8兆円)のおよそ8%がbyteballとリンクされた事になります。


    Byteballの相場

    Byteballは海外の仮想通貨取引所「Bittrex」で購入する事ができますが、まだ日本の仮想通貨取引所で購入する事ができない通貨です。


    Byteballの通貨単位は「byte」と「GBYTE」です。取引所では「GBYTE」と表記されています。1GBYTE = 10億byteという関係になります。

    通貨の価値を維持するためにビットコイン同様に発行制限があり、1,000,000GBYT(100万GBYTE)が発行上限です。


    2017年7月0.4BTC近くまで上昇しましたが、エアドロップされる通貨の量が減ってきているという点において価格は下降傾向となっており9月時点で0.03BTC程度となっています。しかし、先ほども申し上げた通りどの仮想通貨にも劣らない優れた機能をもっているため、認知度が上がるたびに価格は上昇していく可能性が高いのではと思われます。(投資はあくまで自己責任でお願いします。)

    Byteballの機能、仕組み

    一言でいうと、高機能な通貨です。たくさんの機能がある中で一部紹介すると、支払い(送金)に条件をつけたり、保険を作る事もできます。さらに、取引(お金のやり取り)をデータベースに表示させずに取引を行う事もできるなど、様々な機能を持っています。

    そして、ビットコイン同様に現在リアルの世界で利用されている通貨です。まだリアル店舗で利用されていないイーサリアムやリップルなどの仮想通貨と比較した場合、ネット店舗以外で使われている事が高い評価となるはずです。

    チャット支払い

    Byteballは、アプリ上のチャット機能を使った支払いが数秒~1分以内で行う事が可能です。

    日本人がLINEを扱うように、Byteballのアプリを開いて「Payment request:○○○byte to ×××××××××××」と入力するだけで支払いが完了します。(○○○の部分には金額、×××××××××××はアドレスを入力します)簡単に決済が完了できますし、ビットコインよりも早く決済する事が可能です。

    Byteballは、支払いに条件をつける事も可能です。例えば、「お金を送金してから受取人が1時間以内に受け取りを承諾する」という条件をつけたとします。承認されれば、受取人は無事にお金を受け取る事ができます。しかし、受取人が承認されない場合、お金は全額あなたの元に戻ってきます。

    byteball

    P2P保険

    否定的な出来事に対して、支払いの準備ができる機能と捉えてさい。

    例えば、あなたがデリバリーのビザ屋を経営していると仮定し、本日お客様から千円分のピザの注文を受けたとします。時間どうりに配送する事ができれば千円を満額請求する事ができますが、時間通りにお客様の元にピザを届ける事が出来ない場合、満額請求は難しくなります。

    このような状況の時に、時間通りの場合、30分遅れた場合、1時間以上遅れた場合、など状況に応じて請求金額が変わる契約(スマートコントラクト)を作れるのが、P2P保険の機能となります。

    byteball-p2p保険

    予測市場

    P2Pの間で、発生したイベントに応じた契約(スマートコントラクト、バイナリーオプション契約)を作る事ができます。

    例えば、明日のビットコインの価格が今日よりも1万円以上上がるかどうかという賭けをします。上がった場合は上がらない方に賭けた人の金額を総取りする事ができ、逆もまた然りです。

    bteball予測市場

    追跡不可能な通貨「Blackbytes」

    Blackbytesは取引が公開データベースには表示されず、ピアツーピアで送信が可能です。保有しているbyteに応じて、ByteballユーザはBlackbytesを保有しています。Blackbytesは匿名性が高い通貨となります。

    Directed acyclic graph(DAG)

    Directed acyclic graph

    Byteballには、Directed acyclic graph(DAG)というアルゴリズムが採用されています。Directed acyclic graphは「有向非循環グラフ」とも呼ばれています。

    Directed acyclic graphの特徴として、ブロックチェーンのような一本の直線状の構造ではありません。

    ブロックチェーンと同じように「向き」という概念はあります。しかし、ブロックチェーンとの違いは1つのブロックに二つでも三つでも同時につながる事が可能で、ブロックデータの制限もありません。この構造のおかげで、より多くの取引処理ができるというメリットがあります。

    では、次は、Byteballの将来性について語ります。

    Byteballの将来性

    エアドロップで、仮想通貨を無料配布し富を分配させ続けているByteballですが、こんご投資対象として未来はあるのでしょうか。

    値動きだけを見ていると、エアドロップされるたびに価値が下がり続けているため、正直厳しいんじゃないかなと考える人が多いと思います。

    ミラノのレストランがByteball決済を導入

    先日、イタリア、ミラノにあるレストラン「il Trullo」がbyteball決済を導入しました。その時のツイートがこちら。


    「il Trullo」がByteballのキャッシュバックプログラムに参加

    イタリア(ミラノ)でどれだけ仮想通貨に興味がある人が増えたのでしょうか。おそらくほとんど効果はなかったでしょう。もし、これが日本で起こっていたなら結果は変わっていたかもしれません。

    個人的な見解として、Byteballの価値があがらない理由は2つあります。

    1つは、利用者を増やす手段がない

    利用者とは、Byteballユーザの事を指します。私は、たまたま仮想通貨とブログに興味があったためにByteballを知る事が出来ましたが、その他の人はどうやってByteballを知るのでしょうか。紹介プログラムがあるわけでもなく、利用者が何かのメリットを受けるためにどれくらいのコストと時間が必要なのか、想像する事ができません。


    この状態が続く限りByteballの利用者は増える事は難しく、通貨の価値はあがらないでしょう。


    ビットコインをはじめとした仮想通貨は、SNSと同じような特徴をもっています。それは、利用者数と比例して、価値(時価総額)が変わるという事です。利用者が増えれば増えるほど、仮想通貨は便利になり価値があがります。つまり、仮想通貨の価値を上げる事は、利用者数をいかに増やすかという事が重要であるかがわかります。

    2つ目は、簡単ではないということ

    Byteballを利用するには、専用のアプリをダウンロードして、英語で操作する必要があります。

    Byteballを利用してみて思ったのは、スマホのみのユーザには導入するハードルが高すぎます。まず、Byteballが怪しくないか、正しいものなのかを調べるのに、スマホだけで調べるのはものすごくストレスがかかります。


    そして、英語を理解できない人はGoogle翻訳を使って文章を解析したりしますが、これも一苦労です。そこには強く、儲けたい気持ちや、金のなる木に執着がなければ調べ続ける事が難しく思います。


    もちろん初めから、PCと英語に精通している方であれば、導入のハードルは低いですが、世界にはPCと英語に遠い人口の方が多いのが現状です。



    Byteballのターゲットは、おそらく若い世代のスマホユーザです。

    ターゲットには、現金に執着しない人、お金のトラブルが嫌いな人、現状多くの富を持っていない人、e-sportsに興味にある人が含まれるからです。

    これらのターゲットにうまくアプローチして、広める方法を確立しないがぎりByteballの未来はありません。

    公式サイト
    ホワイトペーパー
    ツイッター
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    segwitとは

    Segwit(セグウィット)とは、取引データ量の圧縮技術です。仮想通貨に利用されているブロックチェーン技術は、下図のようにブロックの中に取引データを詰め込むことにより取引が承認される仕組みになっています。

    ブロックチェーン

    引用元:time-space.kddi 

    ビットコインのブロックサイズは1MB(メガバイト)と容量が決まっているため、Segwitはブロック内に入れる取引データを圧縮することによって、1つのブロックに入る取引データ量を増やそうという目的がある技術になります。

    segwitの仕組み

    取引データを分解すると、送信元の情報、送信先の情報、電子署名の3つに分けられます。Segwitでは、電子署名の部分(約全体の6割)を別管理することで取引データを縮小するという仕組みになります。

    segwitのメリット

    仮想通貨は2017年より取引量が急増したことで、ビットコインは取引処理作業が追いつかず、取引承認が遅くなっています。Segwitにより取引データを圧縮することによって、1度にさばける取引量が増えると、承認作業の効率が上がりました。

    さらに、古い仕組みを改良することにより、システムの脆弱性を改善したと言われています。

    segwitのデメリット

    Segwit導入により一部の採掘者(マイナー)は、Segwitに対応するコンピュータマシーンに変更しなくてはいけない可能性が高まります。

    ASICという非常に高価で、マイニング専用の高性能コンピュータチップが中国では広く普及していますが、ビットコインの分裂騒動では、ASICが使えなくなる可能性があると言われていました。

    このように、新しい技術を導入する事により、採掘者への負担が増える懸念があります。

    Segwitが導入された仮想通貨

      2017/4/23:モナーコイン(Monacoin)
      2017/4/27:ライトコイン(Litecoin)
      2017/4/28:デジバイト(DigiByte)
      2017/7/21:ビットコイン(Bitcoin)

    segwit2xとの違い

    segwitを理解する事はできましたでしょうか。では、次によく出てくる「segwit2x」について解説します。

    segwit2xとは、segwitの後に検討されているビットコインのブロックサイズを1MBから2MBにしようという取り組みです。ブロックサイズを倍にする事によって、1つのブロックに格納できる取引データも2倍になるということになります。

    segwit2xは2017年11月3日時点でまだ起きていません。11月にハードフォークが行われると予測する情報もありますが、現状はsegwit2xが起こるかもわかりません。

    重要ポイント!
    現状でsegwit2xが起こるかどうかの予測は未定。

    segwit2xのデメリット

    segwit2xを使って、新しいビットコイン(B2X)を創造しようという噂がたくさん流れています。

    正直、segwit2xによって引き起こされるデメリットは多すぎて、ここで全て取り上げる事は出来ません。できるだけ簡潔かつ的確なものだけを抽出します。

    segwit2xには政治的な狙いがある

    segwit2xを支持しているのは、採掘者(ビットコインマイナー)で、コア開発メンバーはsegwit2xに対して否定的です。

    採掘者がsegwit2xを支持する理由は、新しいビットコインを作る事によって、採掘量を増やすためです。しかし、現状のコア開発メンバーや投資家にとって、segwit2xの価値は未知数で期待されていません。

    segwit2xの開発状況が不明

    segwit2xが話題になってから、そう時間が経過していません。実際にプロジェクトがいつから開始されているのか不明で、segwit2xの開発も1人しかいないという噂も流れています。これにより、リプレイアタックなどのセキュリティ対策が不安だという声が多く上がっています。


    BitcoinCore 0.16.0 でSegwit完全対応

    今回のバージョンアップ「BitcoinCore 0.16.0 」でSegwitが完全対応されることとなりました。

    昨年までには実装させると期待されていたにもかかわらず、間に合わなかったのですから、昨年からビットコインを知っている人は、やっとというような思いでしょう。

    Segwitのメリットは、マイニング効率の向上と手数料の低下です。Segwitが普及すれば、よりビットコインの送金遅延が解消され、手数料も軽減されます。

    今回、オンラインウォレットサービスを展開するCoinbaseがSegwitに対応すれば、より多くのユーザが恩恵を受けることになります。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    ↑このページのトップヘ