当ブログでは無理なく投資の余剰金を作り出すため、いくつかの節約術を推進しています。

中でも「通信費」は簡単かつ大きな節約となり、「投資を始めてみたいけどお金がない」という方にとって最高の節約術となるはずです。


しかし「無料」となると、どうでしょうか。

これから詳しく解説していきます。





一人暮らしでインターネットを無料にする方法

インターネットがこれだけ普及した現代において、無料で利用できないということはありません。

一人暮らしの方であれば、他人に迷惑をかけることなくインターネットを無料で使えるはずです。

当ブログが考えるインターネットを無料にする方法は以下の通り。

  • 無料WiFiのある施設を利用する
  • ほぼ無料のインターネット契約を利用する
  • インターネット無料の賃貸契約を利用する

無料WiFiの施設でインターネットを利用する

スターバックスコーヒーがほぼ全店舗無料WIFiを提供するにようになってから、無料WiFI施設はどんどん広がっています。

「作業カフェ」と検索すれば、電源と無料WiFiが確保できるお店を見つけることが可能ですし、東京などの都心では料理やドリンクメニューも豊富で、自宅よりも居心地のいい空間が多く存在しています。


ほぼ無料で使えるインターネット契約を利用

WiFIやインターネット契約では友達を紹介すると月額固定費が安くなるサービスもリリースされています。


KINGWiFiは友達4名を紹介すると月額固定費1円で利用することが可能なサービスです。

単月解約は無料となっており、固定費を安く抑えたい方が周りにいれば多く広めることで毎月の固定費をほぼ無料に近づけることができます。


インターネット無料の賃貸契約

家賃を払っているという意味では無料ではありませんが、インターネット環境が無料で使える賃貸物件を持っている方はインターネットが無料で利用することができます。

賃貸物件提供側もマンション丸ごと契約することで固定費を抑えることが可能となるため、個別に契約するよりも安いコストでインターネットが利用できる可能性が高く、引っ越しした直後から利用できるのも大きなメリットとなります。


一人暮らしでインターネットを無料にする弊害

無料といっても手法によっては有料サービスと同様のクオリティが得られるわけではありません。

無料でインターネットが利用できる方法を実行する上で、いくつかの弊害があることを覚えておきましょう。


無料インターネットはセキュリティが危険

作業カフェ等で提供されている無料WiFIは接続する際、「利用規約に同意」を求められます。

利用規約は利用する方の個人情報などが漏洩する危険性やハッキング被害がある可能性を了承するものです。


不特定多数の利用者に提供しているサービスかつ、大規模なサーバーを無料で提供しているためメンテナンスにかけるコストは最小限に抑えられています。

その点において、セキュリティ対策は低い状態となっており、万が一仕事で扱っている情報や個人の大切な思い出写真などが不正に盗まれてしまう危険性を持っているということになります。


過去に多く発生しているわけではなく不正が起きる可能性は極めて低いですが、1回でもおきてしまうと大事です。

そういったセキュリティリスクを背負っているという理解が必要です。


無料インターネットは時間や労力がかかる

無料で提供されているサービスを利用する方は、気づかないうちにサービスの対価をお金以外の手法で支払っています。


それは提供場所までの移動時間や無料WiFiに接続するときに見る興味のない広告などです。

お金を出費するのに労力を惜しまないこと大切ですが、あまりに効率が悪ければ有料サービスを考えるべきでしょう。


たとえば、無料WiFi施設に移動するのに1時間以上かかるとか、有料WiFiよりもコーヒー代の方が多くかかっているなど、無料に囚われてしまい有料サービスよりも高いコストを払ってしまっている場合は要確認です。


無料インターネットは速度が遅い可能性もある

無料インターネットのほとんどは分配方式で提供されており、利用者が増えれば増えるほど、通信速度は遅くなる傾向にあります。

マンションタイプのインターネット回線もこのタイプが多く、居住者の利用料が多い時間ほど遅くなる傾向にあります。


時間や場所をづらさなければ思い通りの通信速度が得られない可能性があるのが、無料インターネットのデメリットです。


結論:一人暮らしでインターネット無料はおすすめできない

無料インターネットのまとめ
手法 弊害
1.無料WiFi施設1.セキュリティが危険
2.ほぼ無料のインターネット契約2.労力がかかる
3.無料インターネットの賃貸契約3.速度が遅い

自宅の隣に無料WiFI施設があるなど、好立地だったり弊害による影響がほとんどない方であれば、無料でインターネットを利用することも可能です。

しかし実際は条件に恵まれていないことがほとんどのため、大きな労力や低いクオリティの上に無料インターネットが成り立っているはずです。


そんなときは、有料サービスの中から効率のいいインターネット契約を見つけ出しましょう。

一人暮らしにおすすめできるインターネット契約は以下の記事にまとめています。

関連記事:一人暮らしでインターネット代(通信費)を節約する方法【2019年最新】