当ブログでは無理なく投資の余剰金を作り出すため、いくつかの節約術を推進しています。

中でも「通信費」は簡単かつ大きな節約となり、「投資を始めてみたいけどお金がない」という方にとって最高の節約術となるはずです。


もくじ(コンテンツ)








一人暮らしでインターネットが必要な理由

一人暮らしでインターネット回線を必要とするケースは、実はあまり多くはありません。

当ブログが考える一人暮らしでインターネット回線を必要とする場合は以下のケースです。

  • インターネットを使って自宅で仕事をする
  • 一人暮らしでオンラインゲームをする
  • 一人暮らしで1日中インターネット動画を見る


インターネットを使った仕事を自宅でする必要がある

自宅で仕事をする方というのは。主に以下のような職業の方々です。

  • 個人投資家
  • ITビジネスやIT事業関係者
  • フリーランサー

個人投資家やITビジネス関係者は外部の情報をリアルタイムに摂取する必要があり、常にネットにつながった状態が理想とされます。

インターネットの速度が直接仕事のパフォーマンスに影響することもあり、自宅に高速インターネット回線をひくことは必須とされます。


しかし、ほとんどの方は会社に仕事環境が揃っており、自宅で仕事をすることが少ないのが現状です。

会社がわざわざ仕事に最適な環境を用意しているのであれば、自宅でインターネット回線を引いて生活費を費やす必要はないということになります。

本当に一人暮らしでインターネットが必要かということを考える際には、自宅に仕事を持ち込む可能性についても合わせて考えてみると、将来的に必要かどうかが見えてくるはずです。


一人暮らしでオンラインゲームを存分に楽しみたい

驚くように綺麗なグラフィックを楽しめるオンラインゲームでは、高速インターネット回線が必要となります。

「黒い砂漠」や「リネージュ」などの人気タイトルをプレイされている方であれは、ゲーミングPCとセットで光回線を自宅に設置しなければ、快適なゲームライフを送ることはできないでしょう。


しかし、最近では人気オンラインゲームでもスマートフォンでできるものも増えており、高速インターネット回線がなくても楽しめるゲームタイトルも出てきています。

たとえば、「黒い砂漠モバイル」

俳優の浅野忠信さんと西野七瀬さんがiphomeで操作している「黒い砂漠モバイル」は高速インターネット回線がなくてもPCと同じくらい楽しめるオンラインゲームとなっています。

一人暮らしでオンラインゲームをしたいと考える方でも、モバイル版のゲームで十分満足できる場合は光回線を用意する必要がありません。

どんなゲームをプレイするかで自宅の固定費を大きく下げることができるため、ゲームユーザもコスパを意識した計画性が必要となります。


一人暮らしで一日中インターネット動画を見たい

一言でインターネット動画といっても4K動画や360度動画など、容量が大きな動画をたくさん閲覧する場合は光回線などの高速インターネット回線が必要となる場合があります。

映画やアニメ三昧の休日を過ごす場合はダウンロード容量が大きくなるため、光回線は必要不可欠となるでしょう。


しかし、最近ではWifiの通信規格が進化しており、高速インターネット回線を使わなくてもWifiで代用できる場合も少なくありません。

一人暮らしで動画を制限なくみたいという観点から即光回線契約に結びつけるのは、コストパフォーマンスが悪い場合もあるので注意が必要です。


高速インターネット回線は一人暮らしに向いてない

一人暮らしでも「自宅で仕事する場合」「オンラインゲームを楽しむ場合」などは光インターネット回線を必要となる場合もあります

しかし、大抵の場合において高速インターネット回線は割高となる可能性が高いと言えます。


一人暮らしの光インターネット回線は結構高い

光インターネット回線は戸建てやマンションによっても通信費はことなりますが、1ヶ月の通信費相場は3,300円〜5,200円となっています。

キャッシュバック適応で実質1円と謳っているプロバイダも多くありますが、キャッシュバックを受けられるのは2年後だったり、結局キャッシュバックを受けるまでは毎月5,000円程度負担していることがほとんどです。

携帯電話の通信費と光回線を合わせると月の負担は1万円以上、年間で10万円以上の出費は一人暮らしにとって大打撃とはるはずです。


一人暮らしの光インターネット回線は工事が必要

光回線を申し込んでから実際に利用できるまでには、工事期間が必要で即インターネットを利用できるわけではありません。

マンションタイプでも光回線未導入の場合は1ヶ月から1ヶ月半程度かかります。

これから一人暮らしをする方で光回線契約を入居時にしようと考えている方は、インターネットが使えない期間があることを考慮しておきましょう。


一人暮らしにとって大手キャリアは結構高い

高速インターネット回線以外にも一人暮らしの通信費が高くなりすぎるのが大手キャリアの携帯電話契約です。

大手キャリアで携帯電話を契約している場合、月々の固定費は6,000円以上かかることがほとんとです。

この固定費を安くする方法があります。それは、一人暮しなら絶対にやるべき手法です。


一人暮らしなら格安SIMがおすすめ

大手キャリアの携帯料金が毎月6,000円程度かかるのに対して、格安SIMでは同様のスペックを月額1,600程度で実現することが可能です。


月額1,600円はキャンペーン価格等ではなく、通常料金なのでキャンペーンを実施している格安SIMであれば、さらに月額費用を抑えることが可能です。

そして、大手キャリアから格安SIMに乗り換えるだけでも年間で5万円以上も安くなります。

格安SIMは一人暮らしのインターネットを支える大きな味方となります。


一人暮らしが選択できるインターネット環境

一人暮らしの方が選択すべきインターネット環境はズバリ以下の3つ。

  • 1:格安SIM
  • 2:ポケットWiFi
  • (3:光回線)

3つを組み合わせてもOKです。

利用頻度に応じて1 → 2 → 3の順で利用を検討するのが重要かつ、おすすめです。

格安SIMは一人暮らしの最強の味方

一人暮らしのインターネット環境において、絶対におすすめしたいのが格安SIM。

インターネットの利用頻度が少ない方からたくさん利用する方まで、誰もが持つべきだと考えています。


格安SIMを進めるのは圧倒的なコストパフォーマンスです。

一度格安SIMの便利さと毎月の請求金額を体験したら、もう大手キャリアには戻れないはずです。


au、ソフトバンク、docomoユーザの方は一度格安SIMを体験してみてください。


WiFiならインターネットが無制限で利用可能

ポケットWiFiは月額4,000円程度でインターネットを無制限で利用することが可能です。


自宅でのPC作業はもちろんのこと、移動中のスマホ利用もインターネットのギガ数を気にすることなく利用し放題というのが大きなメリットです。

格安SIMを利用している方でも利用容量が毎月上限一杯になる方は、格安SIMの容量を最低限度に変更し、WIFIを持つことで固定費を削減できるチャンスもあります。

休日は動画を思う存分みたい方やスマホゲームに夢中な方もポケットWiFIがあれば安心してインターネットを楽しむことができます。


インターネットヘビーユーザなら光回線

ポケットWiFIの速度では遅すぎる、もっと早い速度でインターネットを楽しみたい。

4K動画や360度動画も一度にたくさんみたいという方は光回線しかありません。

その場合はあまり節約にはなりませんが、光回線を契約することをおすすめします。


結論:一人暮らしのインターネットは格安SIMがおすすめ

スマホシェア率
出典:MMD研究所

専門機関データによれば、大手キャリアでスマホ契約をしている方の割合は全体の8割以上という結果となっており、5人のうち4人はau、ソフトバンク、docomoユーザであるというのが現状です。

コスパのいい格安SIMを使っているのが2018年3月時点では13.9%と10人中1人の割合でしか普及していません。


データを活用すれば、この記事を見た方の8割のスマホ代は安くできるということです。

ここまで記事を読んでくださった方はそのまま以下の格安SIMのバナーをクリックして、スマホ代を安くしてみてください。