クラウドファンディング成功率を上げるコツ
もくじ(コンテンツ)








クラウドファンディングで成功率をあげるコツ

クラウドファンディングで成功するためには、どの分野を選択するかが重要です。


クラウドファンディングには、大きく分けると3つの分野があります。

クラウドファンディング3つの分野
  • 寄付型クラウドファンディング
  • 購入型クラウドファンディング
  • 投資型クラウドファンディング

この分野を見極めることこそが、クラウドファンディングの成功率を上げるためのコツです。

クラウドファンディングの特性を見極めるコツ

先ほど紹介した3つのクラウドファンディングにはそれぞれ異なった特徴を持っています。


寄付型クラウドファンディングとは

寄付型クラウドファンディングとは、支援者が見返りを求めない寄付です。

支援者から寄付をいただくためには、社会的に影響力の高い事業や共感されやすいテーマを持つことが重要となります。


購入型や投資型のクラウドファンディングと比べると、起案者に高い能力が求められるのが寄付型クラウドファンディングの特徴です。


購入型クラウドファンディングとは

購入型クラウドファンディングとは、支援者に明確な見返りを提示することによって資金を調達する方法です。

金額に応じた商品やサービスを提示するため、商品企画力が求められるのが購入型クラウドファンディングの特徴です。


投資型クラウドファンディングとは

投資型クラウドファンディングとは、金融商品として投資することで金利を稼ぐ方法です。

どの企業に投資をするかによって資産運用の実績が変わってくるため、ファイナンス知識や将来性を見極める投資能力を必要とするクラウドファンディングです。


3つのクラウドファンディングの事例や特徴をもう少し詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

関連記事:クラウドファンディングとは?クラウドファンディングの仕組みを解説

寄付型クラウドファンディングで成功率をあげるコツ

寄付型クラウドファンディングで成功率をあげるためのコツは以下の通りです。

寄付型クラウドファンディングで成功率をあげるコツ
  • 魅力ある実体験やストーリーがある
  • 共感されやすいプレゼンテーションができる
  • 社会的影響力が大きいミッションを持っている

共感されやすいプレゼンテーション

寄付型クラウドファンディングは、支援者が見返りを求めない分いかに共感してもらうかが大切です。

起案者を応援したいと思わせるような映像や事業設計、夢や希望などを存分に伝える技術が必要不可欠なため、クラウドファンディングの中でももっとも難易度が高いとされています。


魅力ある実体験やストーリー

支援者に共感してもらうためには、実体験や地に足がついた過去の苦労や成功体験などのストーリーが必要不可欠です。

クラウドファンディングを動機づけた原因や人を惹きつける要因が明確にある場合は寄付型クラウドファンディングが向いている可能性があります。


社会的影響力が大きいミッションを持つ

貧困や環境汚染、人種差別など社会的な問題は1つの組織だけで解決することは不可能なテーマです。

世の中にとって価値のある事業や社会的問題を解決するためのビジネスを成り立たせるのはかなり難しいからこそ、社会問題とクラウドファンディングとの相性は抜群です。


日本においても児童保育や高齢化問題など、様々な社会問題が多く点在しています。

そういった問題の一部を解決するために寄付型のクライドファンディングを利用することは有効な手段です。


購入型クラウドファンディングで成功率をあげるコツ

購入型クラウドファンディングで成功率をあげるためのコツは以下の通りです。

購入型クラウドファンディングで成功率をあげるコツ
  • 付加価値の高い商品を開発する能力がある
  • 希少性の高い商品を開発する能力がある

付加価値の高い商品を開発する能力

購入型クラウドファンディングは言い換えると、商品やサービスと一緒です。


キングコング西野さんなどインフルエンサーとの相性がいいのは、付加価値の高いサービスを提供しやすいからです。

自分の好きな芸能人と出会えるチャンスや関連商品を提供される場合、ファンにとって付加価値の高い商品になりやすい傾向にあります。


希少性の高い商品を開発する能力

インフルエンサー以外でも購入型クラウドファンディングの成功率を上げるコツは、希少性を高めることです。

過去世の中にない商品や需要はあるのに供給されない商品ほど、希少性が高く多額の資金調達ができる可能性が高くなります。


たとえば新しいテクノロジーを導入したガジェット関連商品と購入型クラウドファンディングの相性は抜群です。

2018年にクラウドファンディングを実施した360%電動歯ブラシ」は目標金額30万円に対して、5,963万円の支援金が集まりました。



投資型クラウドファンディングで成功率をあげるコツ

投資型クラウドファンディングで成功率をあげるためのコツは以下の通りです。

投資型クラウドファンディングで成功率をあげるコツ
  • 余剰金を持っている
  • リスク管理ができる

投資型クラウドファンディングは「余剰金」が必要

投資型クラウドファンディングには、貯金とは別の余剰金が必要となります。

余剰金とは明日なくなっても困らないお金のことで、将来使う予定がほとんどないお金のことです。


退職金やボーナスなどのお金をクラウドファンディングに費やしてしまう場合、精神的なリスクが大きく身を滅ぼしてしまうため、余剰金以外の投資はおすすめしません。


余剰金とは言っても大きな額面を必要とするわけではありません。

投資型クラウドファンディングは月1万円程度あれば十分な投資が可能ですし、中には1円から投資できる商品もあります。

さらに法律によっては年間50万円を超える投資ができない投資型クラウドファンディングもあります。


投資は「リスク管理」が重要

投資型クラウドファンディングでは、リスクを管理することが成功率を上げるためのコツとなります。

必要以上にリスクを取りすぎてしまうと、資産運用に失敗してしまいます。


投資知識が浅い方ほど短期回収やハイリスク・ハイリターンな投資に目がいってしまいがちですが、投資は基本「少額」かつ「長期」で投資するのが鉄則です。


リスク管理をする上で最も重要なのが事業者選びです。

投資型クラウドファンディングの1つのソーシャルレンディングという投資方法があります。

ソーシャルレンディングも事業者選びが重要となり、当ブログでも事業者選びのコツを紹介しています。

関連記事:ソーシャルレンディングおすすめの会社選び【2019年最新】

興味がある方は上記記事へお進みください。