つみたてNISA、おすすめの証券口座【2019年版】
もくじ(コンテンツ)









最適なつみたてNISA口座の選び方

NISA口座の選び方は「過去の投資経験」や「運用可能資産額」によっても大きく変わっていきます。

誰にでも合うNISA口座があるわけではありません。

本記事は、自分だけの最適なNISA口座を見つけていただくための参考にしていただきたいです。


初心者こそ投資信託銘柄の豊富なNISA口座がおすすめ

投資信託とは、「投資専門家を信じて投資を託す」金融商品です。

投資信託の仕組み

金融のスペシャリストが世の中にある株式や不動産などの金融商品から優良な銘柄だけを1つにまとめた金融商品が投資信託です。

投資信託のメリット
  • 銘柄(金融商品)選びは全てプロにお任せできる
  • 暴落するリスクが低い
  • 少額から購入できる

投資信託は一般的に数十から数百種類の金融商品を組み合わせて作られるため、投資信託を1つ購入するだけで分散投資の効果が得られます。

分散投資の効果とは、価値の暴落リスクを軽減することです。

1つの銘柄の価値が暴落したとしても、他の銘柄の価値で補填できるため、投資信託は価値が下がりにくい傾向にあります。


また、投資信託は少額から購入することが可能です。

最低購入単価が安いところだと1口100円から購入することができます。


投資経験がない方、仕事や育児に忙しい社会人の方は投資信託へ投資するのがおすすめです。

これら紹介する証券口座の中から、投資信託銘柄が豊富な証券口座を探してみてください。


中級者はトレードツールが使いやすいNISA口座がおすすめ

SBI証券トレーディングツール
出典:SBI証券

初心者を卒業し投資になれてくると、より多くの銘柄に投資する機会が増えていきます。


そのとき重要なのが、トレーディングツールです。

価格チェックはもちろんのこと移動平均線などのテクニカル指標など使いこなすことができれば、より確実性の高い投資ができるようになります。

トレーディングツールを使うメリット
  • 複数銘柄の価格チェックが簡単にできる
  • 豊富なテクニカル指標で将来の価格が予測しやすくなる
  • アラート機能で「買い時」「売り時」を逃しにくい

トレーディングツールは証券会社によっても全くことなり、「使いやすい」「使いにくい」などの個人差が出てくるはずです。

特に利用時間が長くなるスマホ画面での操作は必ずチェックしておくべきです。


上級者は証券アナリストの評価レポートでNISA口座を決める

証券会社ごとに各マーケット(株式市場やFX市場など)や銘柄ごとのレポートが提出されています。


レポート内容には投資判断をする上で有益な情報をまとめてくれているため、情報収集を効率化させることにもつながります。

証券会社ごとに口座開設をせずとも無料で見れる情報もありますが、ほとんどの重要な情報は口座開設後にしかみれないようになっています。


口座登録後、気になっている銘柄が証券会社によってどのような評価となっているかを調べることによって自身の投資判断をブラッシュアップさせることができます。

SBI証券では口座開設せずとも無料で視聴できる「SBI市況オンラインセミナー」を提供していますので、参考までにご覧ください。

SBI証券:SBI市況オンラインセミナー

NISA口座を選ぶときの注意点

前項で説明した「NISA口座の選び方」を参考にすれば、数ある企業の中から自分にあった証券口座を見つけることができるはずです。


証券口座を開設後、その証券企業が気に入ればNISA口座を開設する流れとなりますが、

いくつかの注意点を見逃してしまうと「こんなはずではなかったのに」と後悔してしまいます。


NISA口座を一度作ってしまうと、変更するには大変な時間がかかってしまうため、是非これから説明する注意事項も参考にしてください。


NISA口座は証券会社が圧倒的におすすめ

NISA口座は証券会社以外でも作ることができます。

NISA口座提供企業比較
金融機関 銘柄の豊富さ コストの安さ 接客対応の良さ
大手証券会社
ネット証券会社×
都市、地方銀行
ネット銀行×
ゆうちょ銀行×
投資信託会社×

NISA口座を開設する際に何を求めるかによって、どこの金融機関を使うかが変わってきます。

  • 銘柄の豊富さを求めるのであれば、「ネット証券会社」がおすすめ。
  • コストの安さを求めるのであれば、「投資信託会社」がおすすめ。
  • 背客対応の良さを求めるのであれば、「大手証券会社」がおすすめです。

もし、特にこだわりがないのであれば「銘柄の豊富さ」を最優先にするべきです。

その理由は、銘柄が豊富であればあるほど投資リスクを抑えることができるからです。


なぜ銘柄が豊富だと投資リスクを抑えることができるかというと、

それは、分散投資という考え方にあります。


例えば以下のようなケースを比較してみましょう。

  • 佐藤さん:金融銘柄Aに10万円を投資
  • 鈴木さん:金融商品A〜Eに2万円ずつ分散投資(合計10万円)

ここで最も将来性を期待していた金融商品Aの価格が半分まで暴落してしまった場合、

佐藤さんは5万円の損失を被ることになります。

しかし、鈴木さんは1万円(佐藤さんと比べると4万円差)の損失となっただけでなく、他の金融商品B〜Eが値上がりしている場合金融商品Aのマイナス分を補填してくれることとになります。


このように分散投資は、暴落時に強いという特徴があります。

金融銘柄を豊富に扱っているネット証券会社の場合、優良な金融銘柄をいくつも選択することができるため、分散投資がしやすい傾向にあります。


対して、コストが最もやすい投資信託会社で直接NISA口座を開設してしまうと、金融銘柄はほとんど選べないので、万が一暴落してしまった場合のリスクヘッジが効かなくなります。

ネット証券と投資信託の比較は以下の記事でも説明していますので、参考にしてみてください。

関連記事:NISAなら「ひふみ投信」と「ひふみプラス」どっちがおすすめ?

また、最近ではネット証券会社のコストも投資信託会社並みに安くなっているため、投資信託企業の優位性がほとんどなくなっています。


最低購入金額とつみたて頻度に注意する

金融機関では「最低購入単価」と「つみたて頻度」が設定されています。


毎月5千円ずつ購入していきたいと考えた場合、

制定購入単価が1万円の企業では2ヶ月に1度の頻度でしか購入することができません。


投資初心者におすすめの投資方法で「ドルコスト平均法」という投資方法があります。

ドルコスト平均法とは月の予算をできるだけ細かい頻度で定額を投資をしていく方法です。

例えば月の投資予算が1万円だった場合、毎日500円ずつ(土日を含まないため月20回分)購入していく投資方法が理想です。


金融機関によって毎日購入できる会社もあれば、月1回しか購入できない会社もあるので、要注意です。


口座登録後でも、資料請求でNISA口座を徹底比較

金融機関で総合口座を開設後(この時NISA口座は開設していない状態)なら、ほとんどの金融機関がNISA口座についての資料(パンフレット)を指定した住所へ郵送してくれます。


ネット検索があまり得意ではない方や、まとめて情報収集したい方はパンフレットの方が効率的に情報をつかめるはずです。

これから紹介する証券会社でも、総合口座を開設後資料請求をしてみると、より企業の特徴やサービス内容を比較できるのでおすすめです。


ちなみに、口座開設に費用を取る企業はほとんどありません。

私の知る限り口座開設に費用が発生する企業はごくごく一部です。


つみたてNISA口座なら「SBI証券」がおすすめ

SBI証券[旧イー・トレード証券]


SBI証券が選ばれる理由
  • NISA口座対象商品が150本あり
  • 毎日、毎週、毎月など好きな頻度で積立できる
  • 最低投資金額は100円
  • つみたてNISA専用画面で複数案件を一括編集できる
  • SBIポイントが貯まる

SBI証券はNISAに対応した投資信託が150本

SBI証券投資信託検索

SBI証券では、つみたてNISAに対応した投資信託(ファンド)が150種類(2019年2月3日時点)も取り扱っています。


その150種類の中から6ヶ月、1年、3年の期間ごとに値上がり率の高い商品を即時にランキング形式で表示することができます。

値上がり率以外にもリスクの低さやシャープレ・レシオ(この数値が高いほどリスクに対して得らるリターンが大きい)でソートすることもできるため、あらゆる角度から銘柄を検討・購入することができます。


投資には絶対はなく、将来の価格は予想と反対の方向に動いてしまうこともあります。

そうなった際、投資予算の分散先が多いことが投資の勝率を上げるコツでもあります。


SBI証券は国内でもトップクラスの銘柄数を取り扱っているため、初心者から上級者まですべての投資家におすすめです。


SBI証券では毎日100円ずつ少額投資ができる

SBI証券一括設定
出典:【SBI証券】新しい機能がたくさん!つみたてNISAかんたん操作ガイド

SBI証券では、複数の投資信託を一括で購入することができます。

購入する投資信託を選択した後、「毎日」「毎週」「毎月」の3つの中から買付頻度を選択し、買付金額を入力すれば簡単に購入を完了することができます。


SBI証券の最低購入単価は100円。

毎日100円ずつ購入しても毎月2,000円程度の出費にしかならないため、経済的な負担があまりない状態で始めることが可能です。(土日は注文されないため、毎月の費用は2000円程度となります。)


SBI証券はつみたてNISAでポイントが貯まる

SBI証券ポイント

SBI証券では、対象投資信託の月間平均保有額に応じてSBIポイントを獲得できるプログラムがあります。

貯まったポイントはSBIポイントサイトを通じて、現金や様々な商品に交換可能となります。

出典:SBI POINT()

SBI証券は国内でもNo1の口座登録数を記録しており、NISA口座においても国内No1となっています。

口座開設ご希望の方は以下のページから進めてください。

SBI証券[旧イー・トレード証券]


つみたてNISA口座なら「楽天証券」がおすすめ

楽天証券
楽天証券が選ばれる理由
  • つみたてNISAで楽天ポイントが貯まる
  • 貯めた楽天ポイントを複利で運用できる
  • 楽天カード決済でつみたてNISAができる

楽天ポイントを複利で運用できる

楽天証券、ポイントシステム
出典:【楽天証券】ポイント投資サービス開始!!ポイントを使って気軽に投信積立

楽天証券では、「楽天市場」や「楽天トラベル」で貯めた楽天ポイントを自動的につみたてNISA口座へ投資することが可能です。

楽天グループサービスの利用がなかったとしても、つみたてNISAを保有し続けている間は楽天ポイントが貯まる仕組みとなっているので、そのポイントも再投資することで運用資産がより大きくなっていきます。


楽天カード決済で会員ランクを維持できる

楽天証券のつみたてNISAは楽天カードで決済することが可能です。

楽天カードは貯めたポイント数によって会員ランクが決まります。

楽天会員ランクキープ条件
ランク 条件
シルバー過去6ヶ月で200ポイント以上、かつ2回以上のポイントを獲得
ゴールド過去6ヶ月で700ポイント以上、かつ7回以上のポイントを獲得
プラチナ過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上のポイントを獲得
ダイヤモンド過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上のポイントを獲得

会員ランクが高ければ高いほど楽天市場や楽天トラベル利用時に還元されるポイントの量が増えていくだけでなく、

ダイヤモンドランクになれば、ダイヤモンドランク限定の楽天市場セールに参加できたり、バースデーポイントなど豪華特典を受けることにもなります。


楽天市場のヘビーユーザは楽天証券との組み合わせが最強です。




つみたてNISA口座なら「松井証券」がおすすめ

松井証券
松井証券が選ばれる理由
  • 投資信託の購入時手数料が全額ポイント還元される
  • お客様サポートスタップ180名体制の専用ダイヤル回線で安心

投資信託の購入時手数料が全額ポイント還元

松井証券では取引ごとに発生する投資信託の購入手数料が全額ポイントで還元されるため、実質負担がありません。

貯めたポイントは自動積立設定をすれば、自動的に次回の投資信託購入に充てられます。


松井証券のつみたてNISA対応商品は146種類(2019年2月3日時点)あるので、他の証券会社と比べても種類で見劣りすることはほぼありません。


また、松井証券のポイントはアマゾンギフト券や商品と交換することもできます。


お客様サポートスタップ180名体制

松井証券サポートセンター応答状況
出典:【松井証券】お問い合わせ

  • 口座開設サポート(口座を持っていない方向け)
  • 資産形成相談、運用アドバイス(口座を持っていない方向け)
  • 松井証券顧客サポート

上記のようなセクションにわかれて、取引の相談やパソコントラブル、パスワードの再発行などの問題解決に向けて、松井証券では180名ものスタップで対応しています。


電話のつながりもほとんどの時間帯で1分以内につながる実績があり、非常に安心です。