NISA口座複数管理

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「NISA口座を複数持つことは可能?」
    「夫婦で複数NISA口座を持つ場合の注意点はある?」
    「子供と自分のNISA口座を同時に運用したい」




NISAは3種類ある

NISAとは、2014年1月からスタートした少額投資非課税制度ですが、

そもそも、NISAは1種類ではありません。

  • NISA(一般NISA)
  • ジュニアNISA
  • つみたてNISA

上記、3種類存在し、それぞれ特徴が異なります。


各NISAの概要
項目 NISA 積立NISA ジュニアNISA
対象年齢20歳以上20歳以上20歳未満
非課税期間5年間20年間5年間
年間非課税投資枠120万円40万円80万円
累積非課税投資額600万円800万円400万円
金融機関の変更各年変更可能各年変更可能開設後変更不可
投資方法制限なし継続的な買付のみ制限なし
途中売却制限なし制限なし18歳まで払出不可

それぞれの違いを簡単に説明すると、以下のようになります。


年間120万円までの投資が非課税になる一般NISA

NISAは他のNISAと比べると、年間で投資できる金額(年間非課税投資枠)が最も高く設定されています。

年間非課税投資枠が高いと以下のようなメリットが生まれます。

NISAのメリット
  • 何度も売買が繰り返しやすい
  • 分散されたポートフォリオを組みやすい

非課税投資枠に余裕があると、株や投資信託の売買を何度も繰り返すことが可能となります。


例えば10万円分の株式を2銘柄購入し、一つは12万円まで上昇したところで売却。

もう一つは9万円となった時点で売却した場合、利益は1万円となり、必要な非課税投資枠は20万円となります。


このように損失が出た場合は早期に切り上げ、利益が出た場合は少額で切り上げる投資方法の場合、

非課税投資枠が多ければ多いほど、何度も繰り返し投資し続けられるため、失敗するリスクを軽減し成功する確率を上げていくことが可能となります。


多少面倒な投資方法のように感じますが、比較的堅実に利益を得ることができるため、おすすめです。



もう一つのメリットは「分散されたポートフォリオ」が組みやすいということ。


NISAで投資できる商品は数多くあり、商品ごとにリスクや得られるリターンが異なります。

同一商品ばかり購入していると、万が一価格が下がったときにリスクヘッジする(損失を抑える、もしくは軽減させる)ことはできません。


同じ銘柄に100万円投資するよりも、20種類の銘柄に5万円ずつ投資する方が、損失をするリスクが軽くなります


毎月3万円以下で20年も投資ができる積立NISA

投資をしてみたいけど、お金がない。

投資に興味はあるけど、あまり大きなお金をかけたくないという方は20年間非課税になる「積立NISA」がおすすめです。


積立NISAで毎月1万円を20年間続けた場合、240万円分の金融資産を購入することになります。

仮に金融資産の値動きが3%プラスだとすると、毎月たった1万円の積立で72,000円の利益を得ることができる計算です。


財源は個人差があるので、お金に余裕があれば毎月3万円投資すると先ほどの3倍の利益が発生する可能性がありますし、逆に毎月千円つづでも、十分有効な投資手法になります。


養育費を投資で補うならジュニアNISA

子供の養育費や将来のお金を投資で補うならジュニアNISAがおすすめです。


ジュニアNISAは子供の名義で口座を作ることになりますが、運用管理者は親か祖父母(2親等以内の親族)となります。

祖父母が生前贈与で孫に資産を託したいという場合は、贈与税なしに資産を最大400万円(毎年80万円)まで渡すことができます。


ジュニアNISAは子供の投資教育になるだけでなく、企業からの配当金に課税されることなく丸々利益となるため、子供がいる家庭にとっては経済的な救済策としても有効です(ただし、投資なので一定のリスクがあります。)

関連記事:ジュニアNISAのメリットと贈与税

NISA口座を一人が複数持つことはできない

NISAは金融庁が「一人1口座」と定めているため、一人が複数口座を持つことは不可能です。

詳細は以下のURLをご確認ください。

金融庁:NISAとは?

NISA口座を一人が複数管理する場合がある

しかし、実質的に一人が複数持っているような状態となることがあります。

それは、以下のような場合となります。

実質NISA口座を複数持つようなケース
  • パートナー(配偶者)のNISA口座と自分のNISA口座の運営を担当している
  • 子供(もしくは、孫)のNISA口座と自分のNISA口座の運営を担当している

夫婦のNISA口座を管理する時の注意点

注意点

今後もし、自分のNISA口座と合わせて夫婦や子供のNISA口座を管理することになった場合、

気をつけなければいけないことについて説明します。


年間110万円を絶対に超えないこと

パートナーと子供のNISA口座を管理するということは、

自分の給与からパートナー(もしくは子供)にお金を贈与していることになります。


パートナー(もしくは子供)が贈与された金額が110万円を超えてしまうと、

贈与税の対象となり、確定申告を通して税金を納める必要があります。


もっとも気をつけなければいけないのは、パートナーが一般NISA口座を開設してる場合です。

一般NISAは年間非課税投資枠が120万円となっているため、年間非課税投資枠を満額使ってしまうと贈与税の対象となってしまいます。


年間非課税投資枠を使い切る必要はない

親二人、子供一人の家族全員がNISA口座を開設した場合、

年間非課税投資枠は160万円〜240万円となります。


日本の30代くらいの平均年収300万円~360万円を考えると、

年間160万円の投資が無謀だということがわかります。


投資はリスクを把握し、余剰金でやるのが鉄則です。


投資できる金額を家族で相談し、運用可能な範囲内におさめましょう。