NISAロールオーバー

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「NISAのロールオーバーって何?」
    「NISAのロールオーバーの取得価格はいつ時点?」
    「NISAのロールオーバーはいつまでできる?」




NISAの「ロールオーバー」とは

ロールオーバーとは、NISAの非課税期間満了後、翌年のNISA非課税投資枠に移す(ロールオーバーする)手続きのことを意味します。

ロールオーバーをすることで、5年間のNISA非課税期間満了後、さらに5年間非課税で金融資産を保有することができるようになる仕組みです。


NISAでは、非課税期間が5年間と決まっていますが、

ロールオーバーはNISAの非課税投資期間を延長する効果があります。


ロールオーバーすると非課税投資枠が消費される

5年のNISA非課税期間完了後、ロールオーバーすると

翌年(6年目)の非課税投資枠はロールオーバーする資産分だけマイナスされる仕組みです。

    6年目の非課税投資枠 = 120万円 - ロールオーバーした資産

例えばロールオーバーする資産が100万円分ある場合、

6年目に新たにNISA口座で投資できるのは、20万円分のみとなります。

この場合、20万円を超えて投資をすると、超えた分の配当金や売却益はすべて課税対象となるので注意が必要です。


120万円を超えてもロールオーバーは可能

先ほど、「翌年(6年目)の非課税投資枠はロールオーバーする資産分だけマイナスされる仕組み」と説明しました。


では、ロールオーバーしたい資産が120万円以上ある場合、

資産や非課税枠はどうなるでしょうか。


5年間で600万円分の非課税投資枠が与えられているのですから、

ロールオーバーしたい資産が120万円を超えていてもおかしくはありません。


結論は、「120万円を超えてもロールオーバーは可能」です。

ロールオーバーしたい資産が600万円でも800万円でも非課税投資期間を延長することができます。


ただし、120万円を超えてロールオーバーする場合

6年目の非課税投資枠120万円分を全て利用することとなるため、6年目は1円も新規で投資することはできません。


NISAのロールオーバーで気をつけること

注意点

ロールオーバーでは、いくつかの注意点があります。

それが、こちらです。

ロールオーバーの注意点
  • 同一の証券会社でしかロールオーバーできない
  • ロールオーバーには手続きの期限がある

同一の証券会社でしかロールオーバーできない

NISA口座は、NISA口座を持っている証券会社でロールオーバーの手続きをすることができます。

そもそもNISAは一人1口座しか持つことができないため、

ロールオーバーもその証券会社で対応してもらう必要があります。


ロールオーバーには手続きの期限がある

ロールオーバーの手続きをするためには、

それぞれの証券会社が定める期限までに書類提出などの手続きを完了させる必要があります。

ちなみに2018年のSBI証券の場合、指定の書類を以下の期限までに到着させる必要があります。

    SBI証券のロールオーバー受付期限:2018年12月7日(金)

参考:NISAロールオーバー/課税払出しのお手続き方法


手続きの受付期限は証券会社によっても異なるので、それぞれ個別に確認しておきましょう。


NISAのロールオーバー取得価格

NISA口座をロールオーバーすると、保有資産の取得単価が切り替わります。


例えば、100万円で購入した金融資産が120万円となっている場合は、取得単価が100万円から120万円に切り替わります。

逆に、100万円で購入した金融資産が50万円となっている場合は、取得単価が100万円から50万円に切り替わることとなります。


ロールオーバーの取得価格はいつ決まる?

ロールオーバーの取得価格はロールオーバーする時点の時価となります。

各証券会社よって詳細は異なりますが、年末(12月末)時点での時価を参考とする場合が多いです。


ロールオーバーしない場合、NISAから課税口座へ移管される

所定の証券会社で期限内にロールオーバーの手続きができなかった場合、

NISA口座から一般の課税口座へ資産が移管します。


その場合もロールオーバー同様に取得単価が変わります。

すると、NISAで買い付けした時の価格以下で売却しても課税される可能性があります。


例えばNISA口座開設中に100万円で購入した金融商品の価値が、口座移管時に50万円まで下がったとします。

すると、金融商品の取得単価は100万円から50万円に切り替わります。

その後、50万円の金融商品が80万円まで上昇したところで売却した場合、利益30万円に対して約6万円分の課税が義務付けられます。

100万円で買って、80万円で売ったので実際は損をしていますが、税金は6万円も支払わなくてはいけないということになります。


NISAのロールオーバーはいつまで可能?

NISAは金融庁が定める制度で、2014年1月からスタートした制度です。

その後、2016年にはジュニアNISAが誕生し、2018年には積立NISAが誕生しました。


それぞれのNISAには投資可能期間があり、その期限を超えてNISA口座をロールオーバーすることはできません。

NISAの期限
項目 NISA ジュニアNISA 積立NISA
開始時期2014年2016年2018年
非課税期間5年間5年間20年間
投資可能期間2023年まで2023年まで2037年まで

最も長いのが積立NISAの2037年までとなっています。

しかし、ジュニアNISAの場合は子供が20歳になるまでロールオーバーすることができるため、

実質はジュニアNISAも積立NISA同様に長い期間資産を保有し続けることが可能です。