この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「仮想通貨FXって儲かるの?」
    「ビットコインFXって危険やリスクが多い?」
    「仮想通貨FX初心者は何から始めればいい?」
    「仮想通貨FX初心者におすすめの取引所とは?」

もくじ(コンテンツ)












仮想通貨(ビットコイン)FXとは

仮想通貨(ビットコイン)FXとは、簡単に言えば「仮想通貨(ビットコイン)の将来価格を予測するゲーム(投資)」です。

買った価格価格よりも売った価格の方が大きければ利益がでます。

反対に、買った価格よりも安く売れば損失がでるという仕組みです。

これらは他の投資にも言える仕組みですが、この他に仮想通貨(ビットコイン)FXの特徴は以下の点にあります。

仮想通貨(ビットコイン)FXの特徴
  • 少ない資金で大きく稼げる
  • 下落相場でも利益を出せる

少ない資金で大きく稼げる仮想通貨FX

仮想通貨(ビットコイン)FXにも使われる『FX』とは円やドル、ユーロなど通貨の価格レート(差)で利益を稼ぐ『外国為替市場』を意味します。

しかし、為替取引以外でも以下のような意味で使われる事が一般的です。

  • 信用取引
  • 証拠金取引
  • レバレッジ取引

上記3つの取引の共通点は「自己資金よりも大きな資金を運用できる取引」です。

自己資金を担保に取引所から投資資金を借りて投資をすることで発生する利益(もしくは損失)が通常の数倍になる取引のことを『FX』と総称して呼ひます。

FXの利点は少ない資金でも大きな利益が狙えるという点にあります。

例えば、掛け金(レバレッジ)倍率を上げれば同じ値動きでも倍率を上げていない方に比べて数倍の利益を発生させることが可能となります。

投資資金があまり用意できない方でも、少ない投資資金を使って大きな利益を狙えるのが仮想通貨(ビットコイン)FXの醍醐味です。


下落相場でも利益を出せる仮想通貨FXのやり方

一般的なビットコインの現物取引では先に金融商品を買った後に、売ることしかできません。

現物取引では上昇相場がない限り利益を発生させることはできません。

しかし、仮想通貨(ビットコイン)FXでは上昇相場でも下落相場でもどちらでも利益を発生させることができます。

bitbanktrade

bitbanktradeより引用

仮想通貨(ビットコイン)FXでは、上記右側の図のように先に売った後に後から買い戻すという取引が可能となり、下落相場でも利益を発せさせることが可能です。

そのためには、将来の値動きが上向きに動くのか、下向きに動くのかを見極めて注文する必要があります。

2018年のようなビットコイン相場では長期的に下落相場だったため、仮想通貨(ビットコイン)FXで利益を出すにはとても簡単な市場だったと言えます。

ビットコイン急落

FX市場は日本でも活況

自己資金よりも大きな資金を運用できるFXは、仮想通貨(ビットコイン)FXが始まる以前から日本で活況となっていました。

その証拠に日本は世界のFX市場において6%もの取引高を記録しており、世界中から「日本人はFXが大好き」と認識されています。

外国為替取引高の割合
国名 割合
英国37%
アメリカ20%
シンガポール8%
香港7%
日本6%
フランス3%
スイス2.4%
オーストラリア1.9%
ドイツ1.8%
デンマーク1.5%
その他11.4%

上記は、世界52カ国の2016年4月(1ヶ月間)の平均取引量を参考にしています。

国内の取引量を牽引するのは、GMOクリック証券です。

2012~2015年においては、年間のFX取引高が世界1位の企業となっています。

GMOプレスリリース:2012年より4年連続で世界第1位を達成

これらの経緯から仮想通貨(ビットコイン)FXも今後は法整備などが整った段階でさらに人気になると予測されています。


仮想通貨(ビットコイン)FXの評判

仮想通貨(ビットコイン)FXは本当に儲かるのか。

実際に仮想通貨(ビットコイン)FXを実施している方はTwitter上に取引成果を公開することが多いため、その好評をいくつかピックアップしていきましょう。


仮想通貨(ビットコイン)FXは儲かる

専業投資家歴7年のHAT(帽子屋)さんは、2018年の含み益が4.3億円と爆益。



社内ニート系サラリーマンのうどんかつさんは年次8,500万円の含み益を記録。



年始10万円からチャレンジしたサチさんは年間2,600万円の含み益。

2018年11月のビットコイン下落相場で大きく利益を上げています。



仮想通貨(ビットコイン)FX当然リスクもある

含み益を達成された方ばかりを紹介ましたが、実際には損をする方も多く存在します。

ハイリターンが期待できる投資は当然リスクも高いというが投資の基本です。

ガルシアさんは年始1万円からスタートし、初めは損をしまくったそうです。



ジキルの背後さんは年始50万円からスタートし、年次12万円のマイナスとなったそうです。



おとうふくんは年末最後急激な挽回劇を見せましたが年次で見ると2018年は以下の結果で終わったようです。



仮想通貨(ビットコイン)FXのリスク

仮想通貨(ビットコイン)FXのリスク実は1つではありません。

リスクは4つのジャンルに分けることができます。

リスクを理解することで利益につながる取引に活かされることが多いため、しっかりリスクの正体も把握しておきましょう。


仮想通貨(ビットコイン)FXのリスクは以下の通りです。

仮想通貨(ビットコイン)FXのリスクの種類
  • 価格変動によるリスク
  • 管理方法によるリスク
  • 法律(ガバナンス)によるリスク
  • 犯罪によるリスク

価格変動による仮想通貨(ビットコイン)FXのリスク

価格変動によるリスクとは仮想通貨(ビットコイン)FX特有の突発的な価格変動により、大損を被るリスクがあるという意味です。

たとえば2018年11月のビットコインの値動きを見ると、11月15日から25日までのわずか10日間で1BTCあたりの価格が65万円から38万円まで(約41%)下落していることがわかります(1時間で3万円程度変化した時間もあるくらい仮想通貨相場は急激な値動きを見せています)

ビットコインチャート

もし11月15日に100万円分のビットコインを購入していれば、10日後には40万円分の含み損が確定します。

ちょっと目を離してるといつの間にか含み損が膨れ上がるというのが価格変動によるリスクとなります。

仮想通貨(ビットコイン)FXは一瞬のうちに価格が変動するため、取引中にチャートから目を話す機会の多い方や投資時間の取れない方には一定のリスクがあるということを認識する必要があります。

つまり、チャートから目を話す場合は取引しない(ボジションをとらない)ことが大切です。


管理方法による仮想通貨(ビットコイン)FXのリスク

管理方法によるリスクというのは、仮想通貨(ビットコイン)FXの資産を保管する取引所へのハッキングリスクや誤送信による資産消失などが上げられます。

仮想通貨取引所が悪意のあるハッカーによって資産が盗まれてしまうケースは2018年に起きたコインチェックとザイフの不正流出事件からリスクを学ぶことができます。

関連記事:コインチェックNEM流出事件まとめ

取引所は世界中のハッカーから資産を狙われているという一定のリスクがあるということを理解しておくべきです。

対策としては、1つの取引所に預けるのではなく分散して資産を管理することが大切です。

法律(ガバナンス)による仮想通貨(ビットコイン)FXのリスク

法律(ガバナンス)によるリスクは価格変動によるリスクにもつながってくるのですが、極端な例を言えば中国のように仮想通貨取引所の運営が国や政府によって禁止されたり、逆にビットコインETFなど投資ファンドが仮想通貨(ビットコイン)FXを取り扱うことによって急激な価格変動を生むという問題があります。

日本には仮想通貨に関連した税制がまだなく今後の税制改革によって仮想通貨(ビットコイン)FXの設定倍率が規制されたりする可能性もあります。


犯罪による仮想通貨(ビットコイン)FXのリスク

仮想通貨(ビットコイン)FXだけに限ったことではいですが、多額の資産を持つことで悪意のある第三者から狙われる危険性(リスク)があります。

海外だけでなく日本国内でも仮想通貨関連の殺人事件や詐欺事件が起きている事実は知っておくべきです。

関連記事:仮想通貨で逮捕される事例を紹介

これらの事実から不用意に実名や個人情報を公開するのは絶対に控えましょう。


仮想通貨(ビットコイン)FXをするめの事前準備

仮想通貨(ビットコイン)FXを始める前に必要な事前準備について紹介していきます。


仮想通貨(ビットコイン)FXには余剰金が必要

仮想通貨(ビットコイン)FXには必ず「余剰金」が必要です。

余剰金のことを貯金額やだたのお金と認識している方は危険です。

余剰金とは貯金の中でも特に使う予定がなく、明日無くなってもいいお金のことを意味します。

この余剰金で投資することこそ勝率を上げるコツでもあります。

もし、余剰金がない場合は投資を開始せず、余剰金を作るところから始めましょう。

関連記事:貯金ゼロでも簡単!仮想通貨投資と節約術

仮想通貨(ビットコイン)FXはスマホアプリも併用する

仮想通貨(ビットコイン)FXは情報戦と言っても過言ではありません。

多くの情報量を収集し、適宜自分の意思で判断することが成功の秘訣となります。

特に必要なアプリは以下の記事で紹介しています。

関連記事:仮想通貨(ビットコイン)FXのおすすめアプリ

ほどんどが無料でインストールできるアプリですので、ぜひ活用してみてください。


仮想通貨(ビットコイン)FXのルールを把握する

これから仮想通貨(ビットコイン)FXを始める方にとって、聞き慣れないルールや知っておくと便利な条件があります。

以下のルールについて説明します、

仮想通貨(ビットコイン)FXのルール
  • ロスカット
  • スワップポイント
  • 仮想通貨の税金計算

仮想通貨(ビットコイン)FXルール「ロスカット」

仮想通貨(ビットコイン)FXでは、取引によって損失が膨れ上がると、一定ラインで自動的に取引が中止される「ロスカット」というルールがあります。

ロスカットは利益を発生し続けている際は全く心配する必要はありません。

しかし取引が予想した方向と逆向きに動き損失が膨れ上がっていく場合、ある一定ラインを超えると強制的に取引が中止され、損失が確定します。


ロスカットは投資家保護のためのルールでもあります。

人間は損失が膨れ上がると、その後の将来はどうしても値動きが有利な方向に動くことを期待し、損失を確定することができません。

すると、損失が今以上に膨れ上がっていくのを止められず、結果さらに大きな損失を被ってしまうことが少なくありません。

そのような投資家心理を抑止するためのルールがロスカットルールであり、自己資産を全て無くすことを防いでくれる機能を果たしています。

取引所によってロスカットが発動するタミングはことなりますが、GMOコインの場合は以下の記事を参考ください。

関連記事:GMOコイン(FX、レバレッジ取引)でロスカットしないためのやり方

仮想通貨(ビットコイン)FXルール「スワップポイント」

仮想通貨(ビットコイン)FXでは、ある特定の時間をまたいで取引をすると利子(手数料)を支払わなければいけないルールがあります。

そのルールは取引所によって様々ですが、「スワップポイント」もしくは「レバレッジ手数料」という言い方が一般的です。


多くの取引所ではスワップポイントを午前0時に設定しており、午前0時を跨(また)いだ取引には0.04%程度の手数料が発生します。


例えば、午後23時から取引を開始し午前1時に取引終了した場合は、取引高の0.04%が手数料として取引所に支払う必要があります。

逆に、午後23時から取引を開始し午後23時半に取引終了した場合は、手数料が発生しません。

さらに言うと、1回跨ぐごとに手数料が発生するため、2日・3日継続した取引にはスワップポイントを跨い多分だけ手数料が発生するという仕組みです。

仮想通貨(ビットコイン)FXでは、スワップポイントを跨がないように短期的に集中してトレードする方がお得という考え方もあります。


仮想通貨(ビットコイン)FXルール「税金計算」

仮想通貨(ビットコイン)FXの税金は株式取引や為替FXとは違い、「雑所得」という税区分で課税されるため仮想通貨投資の利益額に対して最大55%の課税が義務づけされます。

これらの税金計算を知らないと仮想通貨投資を開始した翌年以降の投資が危険となります。

例えば、2018年に仮想通貨(ビットコイン)FXで100万円儲けた場合、翌年には約15万円の税金を支払う必要があります。

これを知らずに儲けた100万円も投資資金に上乗せして2019年以降も仮想通貨(ビットコイン)FXを開始し、元本も含めて投資金がゼロとなった場合、あなたは投資資金とは別に税金の支払いのための15万円を用意しなければいけない状況となります。

税金計算の知識があれば、100万円の利益から15万円分の利益を引いた金額で投資を開始するはずですが、知らずに税金分の利益も投資に回してしまうと、損失をした時に払えなくなるという現象がおこってしまいます。


関連記事:仮想通貨(ビットコイン)の税金計算方法、節税対策

仮想通貨(ビットコイン)FXの注文方法

仮想通貨(ビットコイン)FXには、いろいろな注文方法があります。

戦略次第で注文方法も選びかえることが勝率を上げるコツとなります。

まずはどのような注文方法があるかを、知っておきましょう。

注文方法一覧
  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFO-OCO注文

仮想通貨(ビットコイン)FXの注文方法「成行注文」

成行注文とは、市場に出ている価格の中から即座に取引を行う注文の事を言います。

成行注文のメリット
  • 取引が即座に成立する
  • 相場変動のチャンスを逃しにくい

成行注文で買い注文を出すと、売り注文を即座に探し出し取引を成立させる注文方法です。

取引金額よりも取引速度に注力した注文方法のため、他の注文方法に比べて割高な取引をしてしまうこともあります。

成行注文のデメリット
  • 取引価格レートを自分で決めることができない
  • 他の注文方法よりも不利な価格で取引する可能性が高い

仮想通貨(ビットコイン)FXの注文方法「指値注文」

指値注文は、自らが指定した価格(レート)で取引を行うことができます。

仮想通貨FX初心者にとって、成行注文よりも指値注文がおすすめです。

もし自分で設定した金額で取引することができなければ、再度タイミングを見計らって注文をやり直せばいいだけです。

無理に注文を通してしまうと、高値掴みをしてしまう可能性があるので、成行注文よりも指値注文になれるようにしましょう。

指値注文のメリット
  • 取引量と価格レートを自分で決めることができる
  • 相場が設定金額と重なると自動で注文が進み成立する

取引金額を自分で決めることができるのですが、あまりにも自分にとって有利な価格を設定してしまうと相手にとっては不利な価格となってしまうので、なかなか取引が成立しない恐れもでてきます。

指値注文を設定するには相場状況を把握し、適正価格で注文を出すと取引も素早く完了しやすくなります。

指値注文のデメリット
  • 自分に有利な価格設定にしてしまうと、取引がなかなか決まらない
  • 狙ったタイミングで取引できずトレンドのチャンスを逃してしまう可能性がある

仮想通貨(ビットコイン)FXの注文方法「逆指値注文」

逆指値注文は「価格が上昇し、指定した値段以上になれば買い」「価格が下落し、指定した値段以下になれば売り」とする注文方法です。

指値注文では「指定した価格以下で買い」、または「指定した価格以上で売り」とすることと逆の注文方法であることから「逆指値」と呼ばれます。


仮想通貨(ビットコイン)FXの注文方法「IFD注文」

IFD(IF Done/イフダン)注文は新規注文すると同時に決済するタイミングも初めから設定し、自動的に決済を行う注文方法になります。

成行注文、指値注文は新規で取引を注文するだけに対して、IFD注文は取引を約定させる決済注文も自動的に行います。

例えば、100万円で購入した1BTC保有して売る場合、90万円まで下がったら売るという設定ができるのがIFD注文です。

IFD注文注文のメリット
  • 相場をチェックしていなくても、自動的に利益確定(もしくは、損切り)してくれるので安心

IFD注文で設定できる金額は1つのみです。

つまり、先ほどの例のように90万円で損切りする設定をしてしまうと、110万円まで上がった時に利益確定させる設定を同時に行うことはできません。

利益を確定させるか、損切りを確定させるかどちらか一方の設定しかできないというデメリットもあります。


仮想通貨(ビットコイン)FXの注文方法「OCO注文」

OCO(オーシーオー)注文とは、指値注文と逆指値注文を同時に出し、一方が約定すればもう一方の注文は自動的にキャンセルされます。

かなりトリッキーな注文方法なので、あまりおすすめはできないです。


仮想通貨(ビットコイン)FXの注文方法「IFD-OCO注文」

IFD-OCO注文とは、新規注文と2つの決済注文を同時に出す注文方法です。

例えば、新規注文を10万円、決済注文を12万円と9万円で設定した場合、価格レートが12万円を超えるか、9万円を下回った場合に取引が成立します。

リスクを最小限に押さえつつ、利益を取りに行く方法です。個人的には初心者向けの注文方法だと思いますし、投資方法として非常に有効な手段だと言えます。

IFD-OCO注文のメリット
  • 新規注文と2つの決済注文を同時に設定できる
  • 相場をチェックできない、忙しい人におすすめ
  • 仮想通貨FX初心者におすすめの注文方法

仮想通貨(ビットコイン)FXの注文方法まとめ

仮想通貨(ビットコイン)FXのの注文方法一覧
注文方法 特徴
成行
  • 取引が即座に成立
  • 相場変動のチャンスを逃しにくい
  • 不利な価格で取引する可能性が高い
指値
  • 取引金額を自分で決めることができる
  • 取引チャンスを逃してしまう可能性がある
逆指値
  • 取引中のポジションを指定した価格で約定(取引完了)させる注文方法
  • 利益を確定させるか、損切りを確定させるかどちらか一方の設定しかできない
IFD
  • 新規注文と決済注文を同時に出す注文方法
OCO
  • 指値注文と逆指値注文を同時に出し、一方が約定すればもう一方の注文は自動的にキャンセルされる注文方法
IFD-OCO
  • 新規注文と2つの決済注文を同時に設定できる
  • 相場をチェックできない、忙しい人におすすめ
  • 仮想通貨FX初心者におすすめの注文方法

仮想通貨(ビットコイン)FXのやり方

仮想通貨(ビットコイン)FXとは投資家心理を読み合うゲームです。

ゲームをやるには必ずルールとコツがあります。

特に仮想通貨(ビットコイン)FXで重要なことは以下の点です。

確認する5つのポイント
  • テクニカルチャートを駆使する
  • 自分のトレード手法をまとめる

テクニカルチャートを駆使する

仮想通貨(ビットコイン)FXでもっとも重要なことと言っても過言ではありません。

移動平均線やRSIなどのテクニカル指標を取り入れることによって、相場の状態を細かく分析することができます。

逆にテクニカルチャートを知らずに仮想通貨(ビットコイン)FXを始めるのは自殺行為で、地図やコンパスなしに海を航海する船と変わりありません。

正しい分析ができるようになれば、将来の値動きも予想しやすくなり勝率が上がるという寸法です。

当ブログでもいくつかのテクニカル指標を紹介してますので、是非参考にしてみてください。

記事カテゴリ:チャート分析術

自分のトレード手法をまとめる

仮想通貨(ビットコイン)FXは当たり前ですが100%利益が発生する取引ではありません。

10回取引を行えば、7回成功する人もいれば、3回しか成功しない人もいます。

どんなにプロの投資家でも10回の取引で10回成功する人はいません。

大切なのは、どういう時に失敗して、どういう時に成功したかを記録しておくことです。

投資は経験やスキルが有効となるため、必ず自分のノートを用意し、過去のトレードをまとめておきましょう。

投資に失敗する人はこの作業を怠る人です。


仮想通貨(ビットコイン)FXの勝ち方

仮想通貨(ビットコイン)FXで勝つためにはいくつかのコツがあります。

特に以下の点はおすすめです。

仮想通貨(ビットコイン)FXの勝ち方
  • 無理に取引を開始しない
  • レバレッジを高く設定しすぎない
  • 同じ失敗を繰り返さない

毎日取引をしない

投資初心者にありがちなのが、トレード画面を開いたらすぐに投資を開始してしまうことです。

また投資し始めたころは、毎日トレードしたくなります。

1日1回は取引しようという目標を立ててしまう人もいるかもしれません。

そもそも投資の勝率が高い人は毎日投資をしませんし、負けやすい相場で取引はしないものです。

勝てる時(勝ちやすい時)だけ取引を開始すればいいのです。

チャート分析がわかってくると、勝ちやすい相場やそうでない相場の見分けがついてきます。

勝ちやすい相場に出会ったときこそ、勝負のときです。

それ以外のときはチャートを眺めるだけにしておきましょう。


レバレッジを高く設定しすぎない

投資初心者など勝率が安定していない方が、レバレッジを高く設定しすぎるのは危険です。

投資には必ず投資資金という上限が存在します。

レバレッジを高くすれば、それだけ利益を狙える一方で投資資金が減るスピードも確実にあがります。

一攫千金を狙いたいという欲に負けてレバレッジを高くすることはおすすめしません。

ある程度相場を見極められるようになり、10回中の取引で半分以上成功するなど勝率が上がってきたタイミングを見て倍率は上げていきましょう。

初心者の方であれば倍率を上げる必要はなく、数多くの取引を行うことの方が後の利益につながるはずです。

初心者の方は極力最低倍率を設定しておきましょう。


同じ失敗を繰り返さない

仮想通貨(ビットコイン)FXで損失を繰り返す方は、同じようなミスをしている方が多いはずです。

自分の投資方法をノートにまとめたり、チャート分析をしていないと同じミスに引っかかることは少なくありません。

チャートはどこまでいっても同じような波を繰り返し描いていきますので、パターンの読み合いとも言えるゲームです。

私が投資を始めた頃も同じ失敗をしないように自分専用のルールを作り、そのルールにあてはまらない場合は投資をせず、逆に当てまはる時にだけ投資し、その経過をノートにまとめていました。

一部だけ紹介すると以下のようなルールを設定していました。

    1:投資銘柄に関する情報を収集し、24時間以内のトレンドが上昇か下降かを予測する。
    2:1で予測した方でしか取引しない。(1日の間にロングとショートを混在させない)
    3:スプレッドが2,000円以上の時は取引しない。
    4:連続注文はしない。(毎回1回ずつタイミングを見て注文を出す)
    5:移動平均線がクロスする付近で新規注文を出さない。(移動平均線から離れている時が狙い目)
    6:直近3〜5時間のトレンドと逆の注文は入れない。
    7:1時間ごとのチャートで直近1時間のローソクは参考にしない。

人それぞれ有効な投資方法はあり、自分で考え少しづつ完璧な自分ルールを構築していくことが成功の秘訣です。

仮想通貨(ビットコイン)FXのおすすめ取引所

仮想通貨FX事業者をこれから選ぶ方は以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:【2019年最新版】おすすめ仮想通貨(ビットコイン)FX取引所

どの取引所も口座開設を無料で始めることが可能です。