仮想通貨FXを始めるために必要なアプリをご紹介します。

仮想通貨関連アプリはほとんどが無料アプリなので、是非ダウンロードして使い勝手や仮想通貨ライフを楽しんでみてください。


もくじ(コンテンツ)








仮想通貨FXおすすめアプリ「ビットレ君」

ビットレ君

まず、ご紹介するのはGMOコインの仮想通貨FX取引に使えるアプリ「ビットレ君」

GMOコインの口座開設後、ビットレ君をインストールすればスマートフォンで簡単に仮想通貨FXをすることができます。

仮想通貨FXのやり方や登録方法は以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:仮想通貨(ビットコイン)FXのやり方とおすすめ取引所
関連記事:仮想通貨で稼ぐ仕組みをわかりやすく解説します。

ビットレ君アプリおすすめ理由「テクニカルチャートが豊富」

ビットレ君では、仮想通貨FXに欠かせないテクニカルチャートをスマホ画面で複数同時に開くことが可能です。

GMOコインチャート指標

その種類は以下の通りです。

ビットレ君で使えるテクニカルチャートの種類
  • 単純移動平均
  • 指数平滑移動平均
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • 平均足
  • MACD
  • RSI
  • DMI/ADX
  • ストキャスティクス
  • RCI

ビットレ君で使えるテクニカルチャートは全10種。

MACDからRCIまでの5種類のテクニカルチャートはスマホを縦に使う場合が最大3つを同時表示可能です。

スマホを横にして利用する場合は最大2つまでテクニカルチャートを同時表示させることが可能です。


ビットレ君アプリおすすめ理由「チャートを見ながらスピード注文できる」

仮想通貨FXで利益を発生させるために重要なことは、買うタイミングと売るタイミングが最も重要となります。

ビットコインの価格は1秒単位で価格が大きく変動するため、一瞬のタイイングを逃してしまうと大きな損失につながってしまうことも珍しくありません。

ビットレ君では、そのタイミングを逃さないよう「スピード注文」という機能がアプリに実装されています。

GMOコインチャート

画面右下にあるスピード注文を押すと、あらかじめ指定しておいた数量を即座に注文し取引開始されます。

ビットコイン価格が上がり始めたところで取引を開始できれば、その後大きく利益を出すことができます。

逆に下がり始めたところで買ってもショート注文で利益を出すことができるため、非常に重宝されるアプリ機能です。


ビットレ君アプリおすすめ理由「スマホアプリで仮想通貨FXができる」

スマートフォンアプリで仮想通貨FXができるということが、大半の方は普通のように感じているかもしれませんが、業界内ではかなり珍しい現象です。

日本国内で運営される仮想通貨取引所のほとんどは仮想通貨FXの場合、トレード画面をパソコン用に開発しているところが多く、スマートフォン画面で利用することを推奨していません。

さらにはアプリ内でFXをトレードするサービスまで拡張している企業はほとんどいないというのが現在の状況です。

GMOコインは数ある日本の仮想通貨取引所の中でもいち早くスマートフォンアプリで仮想通貨FX取引サービスを提供した企業となっています。


仮想通貨FXおすすめアプリ「Google Authenticator」

GMOコインをはじめ、コインチェックやビットフライヤーなどの仮想通貨取引所アプリを利用する際に必ず利用するべきアプリが「Google Authenticator」です。

Google Authenticator

Google Authenticatorは二段階認証というサービスを提供するアプリこと。

仮想通貨取引所などのWEBサービスにログインする際に、取引所のログインIDやパスワードとは別にもう一つのパスワードを発行する機能を実装しています。


Google Authenticatorアプリのおすすめ理由「不正利用から守る」

Google Authenticatorを利用すれば他の利用者が不正にあなたの取引所のログインIDとパスワードを入手したとしても、Google Authenticatorが発行するパスワードを見破らなければ不正利用することができない仕組みとなっています。


Google Authenticatorをスマホにインストールして利用しなければ、不正なハッカーがあなたの仮想通貨FXで儲けた利益を勝手に出金することがたやすくなります。

Google Authenticatorを設定することにより、格段にセキュリティ性能が向上するため優良な取引所はログインの際だけでなく、出金や仮想通貨の送金時にもGoogle Authenticatorのパスワードを入力させる工程を追加しています。


Google Authenticatorアプリのおすすめ理由「30秒毎にPW発行」

Google Authenticatorが発行するパスワード(PW)は6桁の数字で30秒ごとに絶えず変更される仕様となるため、パスワードを見破るのはほぼ不可能です。

細かい仕様や説明は以下の記事を参考ください。


仮想通貨FXおすすめアプリ「コイン相場」

仮想通貨FXの取引をする上で海外のビットコイン相場やアルトコインの相場をいち早く知ることが大切です。

そんな相場状況を一覧で確認できるのが「コイン相場」です。

コイン相場

コイン相場アプリのおすすめ理由「ウォッチリストが便利」

コイン相場では自分の好きな取引所と取引ペアを選択することで、自分好みのウォッチリストを作成することができます。

コイン相場ウォッチリスト1

取引所はBinanceやHuobiなど海外の仮想通貨取引所を選択することも可能ですし、取引ペアは日本円(JPY)だけでなく、USドルやユーロで設定することも可能です。

また、ウォッチリストをスマホのウィジェットに追加することもできるためアプリを起動しなくても相場をチェックすることができ、非常に便利です。

仮想通貨FXをこれから始める場合は是非インストールしておきましょう。


コイン相場アプリのおすすめ理由「アラートを設定できる」

コイン相場では気になる相場を見つけて、ある一定の価格を超えたらアラートを出せる機能があります。

コイン相場アラート

仮想通貨FXでは株式相場と違って24時間絶えず値動きが発生します。

仕事や相場から離れることが多い方にとって相場の急変は命取りとなります。

コイン相場で気になる相場のアラートをチェックしておくと、相場が急変したときに必ず気づくことができるため大きなリスクを回避することができます。

さらに、取引を開始していなくてもアラートを設定しておくことで急激に変動する相場の時だけ取引に参加することもできます。

急激なトレンドが発生すると、その後も同じようなトレンドが続く場合があり、その相場に乗っかりながら儲ける方法もかなり有効です。

また、コイン相場はアップルウォッチでもチェックすることができるため、就寝時枕元にスマホがない人はアップルウォッチに設定しておくと便利です。


コイン相場アプリのおすすめ理由「エアドロップも貰える」

コイン相場は仮想通貨チャートやニュースをチェックしたりするだけでなく、仮想通貨のエアドロップで無料で仮想通貨を貰えるクイズ企画も開催しています。

詳しくは以下の記事でご確認ください。

関連記事:コイン相場エアドロップQの使い方

仮想通貨FXおすすめアプリ「Telegram(テレグラム)」

仮想通貨FXの情報収集をする際に欠かせないアプリがTelegram(テレグラム)です。

Telegram

テレグラムとはLINEやFacebook messengerなどと似た無料で使えるメッセージアプリです。

telegram

最大の特徴は最大10万人までを1つのグループにしてチャットができるという点にあります。


テレグラムアプリおすすめ理由「一切広告がない」

通常のSNS系のアプリでは公式サイトから不定期に広告メッセージが届いたり、アプリ内にコンテンツを遮るような広告が掲載されており、広告費を元にアプリの運営がなされていたりします。

しかし、テレグラムは非営利団体が運営しており、費用は膨大な寄付によって賄われているためアプリ内に広告が一切ありません。

そればかりか、LINEでは有料で展開するスタンプ機能がテレグラムでは全て無料で利用することが可能です。

telegram

スタンプの取得から製作まで全て無料で利用することができるため、課金金額を機にすることはありません。


テレグラムアプリおすすめ理由「メッセージは全て暗号化されている」

テレグラム内で利用されているメッセージおよび個人情報は全て暗号化され、テレグラムを運営する社員でも閲覧することができない状態となっています。

過去にロシア政府がテレグラムの個人情報を公開するように求めていますが、テレグラム運営側は国単位であっても個人情報を提供することを拒否しています。

テレグラムは個人情報の守秘義務を完全に網羅しており、世界的に見ても高度なセキュリティ機能を持った企業と言えます。


テレグラムアプリおすすめ理由「仮想通貨のグループが豊富」

多くのICOプロジェクトや仮想通貨関連のグループはテレグラムによって作られています。

日本で人気のNEMやリップリもテレグラムグループがありますし、ビットコインやイーサリアムなどのグループも豊富です。

ほとんどが英語で会話されますが、日本で人気の仮想通貨では日本語盤のグループもあります。

コアなメンバーが多いため情報量も多い上に、先行情報なども詳しく知ることが可能です。

関連記事:Telegram(テレグラム)の日本語化、使い方を解説