日本発のブロックチェーン技術「Plasma Chamber」とは

Plasma Chamberとは仮想通貨で起こるスケーラビリティの問題を解決するプロジェクトです。

仮想通貨界隈では2017年に起きた爆発的な仮想通貨ブームに伴って、取引処理の需要に対して供給が追いつかず、取引が数日遅延したり、送金コストが高騰するという事態が起きてしまいました。

送金コストが高い通貨を使う人はいません。

Plasma Chamberでは、送金コストが高騰したり送金時間が遅いという問題を解決するための技術です。

スケーラビリティの問題について、もう少し詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

関連記事:仮想通貨ビットコインのスケーラビリティ問題とは

Plasma Chamberが解決する問題

Plasma Chamberはブロックチェーンの取引処理コストをおさえつつ、Dapps(分散型アプリケーション)の性能を向上させると期待されていますが、そこに至るまでの問題も多数存在していました。


技術力が高すぎるPlasma

Plasma(プラズマ)とはイーサリアムの創始者であるヴィタリクを中心に開発が進められている仮想通貨ブロジェクトです。

無数のサイドチェーンをつなげることで、イーサリアム上の取引処理を劇的に改善するPlasma計画ですが、欠点は技術力が高すぎるという点にあります。

Plasma Chamberは仮想通貨プロジェクトの開発者が簡単にPlasmaを管理するためのツールとなります。

開発者が簡単にPlasmaを扱えるための情報を今後公開していく予定となっています。


Plasma Chamberを提供するCrypto Economics Lab

Plasma Chamberを提供するCrypto Economics Lab(暗号経済学研究室)は、福岡を拠点とする企業です。

Crypto Economics Lab

情報発信は以下のツールを使って行われます。


Plasma Chamberの将来性

Plasma Chamberは様々なメディアで取り上げられ、日本の仮想通貨市場を盛り上げる存在となっていきます。


Matic Networkと業務提携

Matic Networkは、イーサリアムの創始者であるVitalik Buterin、Joseph Poonが提案したEthereumの高速化技術「Plasma」の仕組みを初期から研究・開発しているインド・ムンバイのチームです。

そして、2018年9月Matic NetworkのCEOであるJyanti Kanani氏がCrypto Economics Labのアドバイザーに就任しました。