この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「仮想通貨で逮捕されることってある?」
    「仮想通貨で逮捕されたニュースが知りたい」
    「仮想通貨で逮捕される事例とは?」




仮想通貨で逮捕されるケースとは

仮想通貨で逮捕されるケースは原始的な犯罪手法からサイバー攻撃まで多岐に渡ります。

中でも多いのが仮想通貨セミナーを開催して、顧客から資産をだまし取る犯罪です。

セミナー主催者だけでなく、セミナー参加者の中にも悪意のある犯罪を犯す犯人が逮捕されるケースがあります。

それらの逮捕事例をこの記事ではまとめていきます。

少しでも多くの知識に触れることで、未然に防げる詐欺被害を防止していきましょう。


仮想通貨の「詐欺」で逮捕される事例

セミナーを利用して現金をだまし取るなど仮想通貨投資による詐欺師の逮捕事件は日本だけでなく海外でも頻発して起きています。

悪質な詐欺の逮捕例を踏まえつつ、今後詐欺や逮捕事件にひっかからないようリスクヘッジをすることが大切です。


仮想通貨交換業無登録で逮捕

2018年11月14日、東京都港区にて会社員8名(40〜70代の男女)が金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで逮捕されました。

8名中6名は概ね認めている逮捕容疑は2017年2〜5月に「セナー」(実態がない投資会社)への出資を募るセミナーを実施し、約78億円相当の仮想通貨を集めたとのこと。

セミナーには有名芸能人「中村雅俊」や外国人が登壇などして出資額に応じて月利2〜30%の配当が得られると宣伝され、Youtubeを利用して英語と日本語字幕の動画が投稿されている事実などを紹介されていた様子。

今年10月には被害を訴える73名が約3億7,000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴している。

各社の報道内容は以下の通りです。

朝日新聞:仮想通貨も悪用? 無登録で出資募った疑いで男を逮捕
週刊文春:83億円集めた詐欺集団が利用した「中村雅俊」と「ビットコイン」

仮想通貨詐欺と殺人罪で逮捕

仮想通貨投資セミナーで知り合った女性(53歳)から仮想通貨の購入者を紹介すれば報酬を与えることを持ちかけれていた容疑者男性が、購入者紹介を理由に滋賀県の山林に女性を呼び出し殺害後、女性の仮想通貨資産を自分の講座に送金したとして強盗殺人罪として逮捕されました。

各社の報道内容は以下の通りです。

日経新聞:少年に懲役18年 名古屋女性強殺で地裁判決
産経新聞:仮想通貨詐取疑い再逮捕へ、女性強盗殺人罪で起訴の男 10日に愛知・滋賀両県警

仮想通貨の「コンピュータウィルス」で逮捕される事例

仮想通貨はデジタル資産のため、常にインターネット上で取引が行われています。

その特性を利用し、コンピュータウィルスを使って仮想通貨資産を盗み取る犯罪や逮捕事件が起きています。


仮想通貨マイニングウィルスで逮捕

2018年7月、サイト閲覧者のPCを無断で利用し仮想通貨をマイニングしたとして、不正指令電磁的記録供用などの罪に問われた兵庫県尼崎市の無職が有罪判決されました。

関連記事:仮想通貨マイニング(Coinhive)は日本で刑事事件、有罪判決となる

容疑者はCoinhiveという仮想通貨(Monero)をマイニングするツールをサイトに導入するとでサイト閲覧者のPCを使って数百円単位の報酬を受け取っていました。

海外でもCoinhiveを利用したマイニングは問題となっており、閲覧者数が莫大なサイトほど収益が高くなることを利用し、サイト内広告を削除するための代替え案として試験運用を試みた結果、逮捕されるというケースが起こっているようです。


仮想通貨の「ハッキング」で逮捕される事例

日本でもコインチェックやZaifなどの仮想通貨取引所を騒がせた仮想通貨ハッキング事件が起こっていますが、世界ではもっと多くのハッキング事件が起こっています。

サイバー攻撃に関しては国をまたいだ捜査となることが多く、国際情勢などの影響により犯人逮捕が難航します。

ブルガリアでは6億円相当の仮想通貨を盗難した疑いで3名のハッカーを逮捕したことが報じられました。

その他にも中国でハッカーが逮捕されたり、アメリカのカルフォルニアで逮捕されるなどの事件が起きています。