この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「10円以下の仮想通貨ってある?」
    「一枚あたりの価格が安い仮想通貨は?」
    「少額でもたくさん買える仮想通貨銘柄を知りたい」




10円以下で買える仮想通貨(2019年時点)

一枚あたりの仮想通貨単価が安ければ安いほど、少額でもたくさんの枚数を購入することができる上に価格が上がった時の上昇率が大きくなる傾向にあると考える投資家は多いはずです。

実際に2018年12月時点で時価総額が2位のXRP(リップル)は0.6円台を推移していながら時価総額では常に3位以内に入っており、2017年では300倍以上の値動きを見せることで大きく成長した仮想通貨銘柄の一つです。

2019年1月時点において、私がおすすめする一枚あたりの価格が10円以下の仮想通貨で特におすすめできる銘柄をご紹介していきます。


ちなみに、もっと安い1円以下の仮想通貨は以下の記事を参考にしてください。
関連記事:1円以下で買える仮想通貨【2018年最新版】

10円以下の仮想通貨「NEM」

New Economy Movement

10円以下の仮想通貨の中で最も注目しているのが「NEM(ネム)」という仮想通貨です。

2019年1月時点のNEM価格は7円となっています。

NEMは富を再分配するという目的で、取引承認のサポートをすると報酬(XEM)がもらえたり、Twitter上で投げ銭をしたり、新しい仮想通貨が作れるモザイクという機能が実装されるなど多様な機能をもった仮想通貨ブロジェクトとなります。

詳細は以下の記事を参考にしてください。

関連記事:仮想通貨NEMの今後と将来性、おすすめ取引所

NEMは2017年には年間で250倍も成長するほど注目され、NEMを使ったアプリケーションやNEM決済ができる飲食店が日本でも増え続けています。

関連記事:仮想通貨NEM(ネム)で決済できるお店一覧

今後もNEMの取引処理速度が改善され、ICOプロジェクトがイーサリアムよりもNEMのブロックチェーンを採用する割合が多くなる可能性もあり、非常に期待できる仮想通貨ブロジェクトとなっています。


10円以下の仮想通貨「THETA」

theta

THETA(Theta Token)とは、ゲーム配信プラットフォームを展開する「SLIVER.tv」が立ち上げた分散型動画ストリーミングによる仮想通貨プロジェクトです。

2019年1月時点のTHETA価格は5.4円となっています。

今まで高画質動画を見ようとするとパソコンやスマホの処理が追いつかなくてスムーズに動画を見ることができなかったり、パケット量を気にして画質を落として動画を再生したりすることがあると思います。

しかし、THETAでは高画質動画でもサクサク再生することができる上に、動画配信者はトークン稼ぎができるなどの機能が実装されるプロジェクトとなっています。

THETAのアドバイザーにはYoutubeの創設者が加わって動画配信者や視聴者がトークンを稼げるプログラムが実装される予定となっており、10円以下の仮想通貨の中でも特に注目される仮想通貨銘柄となっています。

関連記事:仮想通貨THETA(Theta Token)とは?特徴や仕組み、チャートを解説

10円以下の仮想通貨「DOCK」

dock1

DOCKは個人の職歴やパーソナルスキルなどの情報(パーソナルデータ)を管理するプラットフォームです。

2019年1月時点のDOCK価格は0.9円となっています。

他のプロジェクトで例えるなら、海外で使われているビジネスSNS「linkedIn」とブロックチェーン技術を統合させたブラットフォームがDOCKとなります。

DOCKを利用することで新規登録せずに新しいアプリやWEBサービスを開始することができたり、個人情報の提出頻度に応じて企業側から個人に報酬を受けることができます。

個人情報は常に一元管理されており、データ元を更新すれば全ての情報が連動して変更される仕様でわざわざ利用サービスごとに情報を更新する手間は発生しません。

個人情報漏洩が問題となっている現代において、非常に有用なプロジェクトとなっています。

関連記事:仮想通貨dockとは?特徴と今後の将来性

10円以下の仮想通貨「WePower」

wepower

WePowerとは、ブロックチェーンベースの再生可能エネルギー取引プラットフォームです。

2019年1月時点のWePower価格は1.4円となっています。

WePowerは電気を購入者(家計や投資家、マーケットメーカー)と電力生産者およびクリエイターを直接的に取引させることで、市場レートよりも低い価格で電力エネルギーを購入する機会を提供します。

WePowerは風力発電や太陽光発電など再生可能エネルギーを世界中に供給させることで電気代削減と環境問題を同時に解決する目的があり、スペインとオーストラリアを拠点に活動を開始する予定となっています。

電気代など世界共通の環境問題を解決することは社会的なインパクトも大きく、成功すれば莫大な利益が得られることは間違えありません。


10円以下の仮想通貨「GoChain」

GoChain

GoChainとは、イーサリアムで作られたDApps(分散型アプリケーション)のサポートする仮想通貨ブロジェクトです。

2019年1月時点のGoChain価格は2.5円となっています。

GoChainは、DAppsの取引処理速度を100倍(1,300回/秒)、消費電力を1,000分の1にするという目的があります。

さらには、ビットコインのマイニングファームが中国など1カ所に固まる構造を解消する機能も計画しています。

2018年8月、GoChainは元マイクロソフト出身者MATT KING(マットキング)氏がチームに加わったことを発表しました。
関連記事:仮想通貨GoChain(GO)とは?わかりやすく特徴とチャートを解説

10円以下の仮想通貨「ALIS」

ALIS

ALISとは、ブロックチェーン技術を利用したソーシャルメディアプラットフォームです。

2019年1月時点のALIS価格は3.4円となっています。

ALISではどの記事が上位表示されるべきかというロジックを参加するユーザに決定する権利が与えられています。

参加するユーザに多く評価された記事の投稿者、コンテンツ、評価者が新しいルールを作っていく仕組みがALISです。

海外でもSTEEMというSNSが成功しているようにALISはその日本版とも捉えれれており、今後広告が一切なくコンテンツ投稿者に報酬が与えられる仕組みが発展する未来はそう遠くないはずです。

関連記事:記事でトークンがもらえる仮想通貨「ALIS」とは

10円以下の仮想通貨「Loom network」

LoomNetwork

Loom Network(ルームネットワーク)とは、Ethereum(イーサリアム)上にあるDAppsのスケーラビリティの問題を解決するソリューションです。

2019年1月時点のLoom Network価格は5.2円となっています。

Loom Networkはサイドチェーンという機能を使って取引処理を高速化させるプロジェクトでPlasma Cashなど世界中から注目される技術を活用して、分散型アプリケーションを構築している実績があります。

Loom Networkでは特にゲームアプリケーションに力を入れており、東京やニューヨーク、北京など世界中でエンジニアを集めたイベントを開催し、Loom Networkの活用を広めています。

関連記事:仮想通貨Loom Network(ルームネットワーク)とは?

10円以下の仮想通貨「Arcblock」

arcblock

Arcblockとは現状のブロックチェーンの問題を解決するためのプロジェクトです。

2019年1月時点のArcblock価格は8.9円となっています。

現状のブロックチェーンには以下の問題があるとされています。

ブロックチェーンの問題点
    問題点1:パフォーマンスが貧弱(POOR PERFORMANCE)

仮想通貨の急激な需要に伴いビットコイン、イーサリアムを始め、送金遅延の問題が多く起こっている。

    問題点2:ユーザファーストではない(NOT CONSUMER FRIENDLY)

マイニングやアプリケーションの仕様が複雑すぎて、利用者が少ない。リテラシーを身につけないと使えない。

    問題点3:コストが高い(COST)

ブロックチェーンの開発費はもちろんのこと、送金手数料等も実用性がないほど高い。

    問題点4:汎用性が低い(PLATFORM LOCK-IN)

あたらしいアプリケーションの導入やハードフォークなどの改修作業が非常に困難。

    問題点5:機能が少ない(LACK OF FEATURES)

ブロックチェーンはまだ初期段階であり、現時点では機能が少なすぎる。


これらを解決するのがArcblockです。


10円以下の仮想通貨を購入する方法

今回紹介した仮想通貨のほとんどは、日本の仮想通貨取引所では取り扱っていません。

これらの仮想通貨を手に入れるためにはBinanceやHuobiなど海外の仮想通貨取引所を経由して、取引する必要があります。

購入手順
    手順2:GMOコインでBTCを購入する
    手順3:海外の取引所に登録する
    手順4:GMOコインで購入したBTCを海外の取引所に送金する
    手順5:海外の取引所でBTCを使って目的の仮想通貨を購入する

GMOコインは送金手数料が無料


GMOコインが日本の仮想通貨取引所として選ばれる理由は、いくつもあります。

GMOコインが選ばれる理由
  • 東証一部上場の大手企業グループだから安心
  • スマホ操作が簡単でチャートが見やすい
  • ビットコインとアルトコインに対応した仮想通貨FXができる
  • 注文方法が豊富に揃っている
  • 仮想通貨の送金手数料が無料

GMOコインは仮想通貨の送金手数料が無料です。

これから日本では扱っていない仮想通貨を購入する場合、

頻繁に海外の仮想通貨取引所へビットコインやイーサリアムを送金する機会が増えるはずです。


送金が増えると当然送金コストもかさみますが、GMOコインなら送金手数料がかからないため、

他の取引所と比べると格段に送金コストが安くなります。


安くなった分欲しい仮想通貨を多く購入することもできるため、海外のコインに興味がある方がGMOコインで口座開設しておくべきです。


また、当ブログでもGMOコインについては様々なレビュー記事を書いていますので、

口座開設後、記事を参考にしながら仮想通貨投資に挑戦してみてください。

関連記事:仮想通貨(ビットコイン)FXでロスカットしないためのやり方【GMOコイン】
関連記事:GMOコインのスプレッドを攻略する方法



海外の仮想通貨取引所はBinanceがおすすめ

10円以下の仮想通貨がどの仮想通貨取引所で取引されているかを確認するには、CoinMarketCapがおすすめです。

coinmarketcap

「Chart(チャート)」の横にある「Market」タブをクリックすれば、24時間以内の取引量が高い取引所一覧が表示されます。

ほとんどの通貨の場合、Binanceで多くの量が取引されているため、Binanceに登録しておけば、多くの種類の仮想通貨を取引することができます。