この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「クラウドファンディングの仕組みを知りたい」
    「クラウドファンディングのメリットって何?」
    「クラウドファンディングの市場規模は?」
    「クラウドファンディングのおすすめはどこ?」

もくじ(コンテンツ)







クラウドファンディングの仕組み

クラウドファンディングとは、不特定多数の個人や法人から資金調達することを意味します。

インターネットが発展したことにより、クラウドファンディングでは一人当たりの支援は小さくても、たくさんの人に支援してもらうことで大きな資金が調達できると注目されています。

クラウドファンディングとはCrowd(群衆)とFunding(資金調達)を掛け合わせた造語です。


クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングは群衆(不特定多数の人たち)から資金調達する方法ですが、調達にも様々な方法があります。

調達する方法によって、クラウドファンディングの中でも以下のように種類がわかれます。

クラウドファンディングの種類
  • 寄付型クラウドファンディング
  • 購入型クラウドファンディング
  • 投資型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディングの仕組み

寄付型クラウドファンディングは、ネット上での募金活動や寄付(チャリティ)を募る活動を意味します。

ただし、一般の募金活動との大きな違いは、明確な資金の使い道をあるという点にあります。

災害や発展途上国への支援募金などは大きなテーマがあるものの、資金がどのように利用されているかというのが不明瞭になっているケースがほとんどです。

寄付型クラウドファンディングでは、明確な調達資金目標とその支援内容がはっきり決まっているため、支援者の資金は確実に目的遂行のために利用されるというのが大きなメリットとなります。

他のクラウドファンディングと比べると、少額から支援することはできますが支援の見返り(リターン)はほとんどありません。

以下の企画はクラウドファンディング企業である「Ready for」で実施した寄付型クラウドファンディングです。

寄付型クラウドファンディング

母子生活支援施設、障害者施設、児童養護施設など約200の施設や団体に食品を届けるブロジェクトです。

目的はお金による支援によって、世の中を助けることが目的で、見返りはお礼メールと寄付証明書のみとなります。


購入型クラウドファンディングの仕組み

購入型クラウドファンディングとは、モノやサービスの先行販売権利を渡すことによって資金を調達する方法です。

有名な事例はキングコング西野亮廣氏が企画した絵本「えんとつ町のプペル」をクラウドファンディングを使って制作したこと。

えんとつ町のプペル

制作だけではなく、美術館を作るというサービスを展開するためなど「えんとつ町のプペル」関連サービスを提供するために数多くのクラウドファンディングを実施しています。

購入型クラウドファンディングのメリットは、制作に必要な資金と購入者を制作前に確定させることができるという点にあります。

つまり、サービスを作ったけど売れなかったという心配がありません。事前に販売しているため、予算内でしっかりと制作さえできれば必ず売れるというのが購入型クラウドファンディングが評価されるところになります。

購入型クラウドファンディングには今までにない作品やサービスが企画されることが多く、大手企業から発表されるモノやサービスとはまた違った楽しみを得ることができます。


投資型クラウドファンディングの仕組み

投資型クラウドファンディングは以下のように大きく3つに区分され、それぞれ全く別の性質があります。

  • ソーシャルレンディング
  • 投資信託
  • 株式投資型クラウドファンディング

1つは融資型クラウドファンディング(別名:ソーシャルレンディング)です。

融資型クラウドファンディングは集めた資金を企業に貸付を行い、そこで得た金利をユーザに返却するクラウドファンディングです。

金利相場は3.0〜10.0%/年くらいとなっています。元本保証がなく、金利が高いほど元本割れするリスクが大きくなります。


もう一つはファンド投資型クラウドファンディング(別名:投資信託)です。

投資信託企業が顧客の資金を扱って投資をし、投資で得た利益を顧客に分配する方法です。

投資信託企業の能力に応じて利益が顧客に分配されます。元本割れするリスクはソーシャルレンディングよりも高くなりますが、相場によっては大きな利益を得る可能性もあります。


最後に紹介するのが「株式投資型クラウドファンディング」です。

株式投資型クラウドファンディングは非上場のベンチャー企業が資金調達をする方法として利用されます。

ソフトバンクや楽天、メルカリなど多くの大手企業はベンチャー企業から始まります。

株式投資型クラウドファンディングを通してそのような企業への出資に立ち会うことができれば、莫大な利益を得ることになります。

ただし将来性の高い企業や分野に投資することによって大きなリターンが得られる一方で、ベンチャー企業への投資はそれなりにリスクが高くなります。


クラウドファンディングのメリット

寄付型、購入型、投資型といくつもの種類のクラウドファンディングを紹介してきました。

こんなにもクラウドファンディングが広がっている理由(メリット)があります。


クラウドファンディングのメリット
  • 誰かの夢を実現することを支援できる
  • 希少価値の高いリターンを得ることができる
  • 運営企業の厳しい審査、熱心なサポートが企画を成立させる
  • 金融庁の認可が必要なクラウドファンディング

誰かの夢を実現することを支援できる

クラウドファンディングはもともと「誰かの夢を叶える」ために考案されたビジネス手法です。

大手クラウドファンディング企業で働く菅本さんは、摂食障害により命の危機を経験したそうです。

その経験を活かし、諦める理由がたくさんある地方の方々の支援を懸命にサポートしています。

そのインタビュー動画が以下のリンク先に掲載されています。


希少価値の高いリターンを得ることができる

クラウドファンディングを利用して資金調達する起案者(ユーザ)のほとんどはスモールビジネスもしくはビジネスにもならないビジネスの小さな種の企画書しかもっていない方々です。

そんな起案者の企画に参加できる投資家は、世の中に新しいコンテンツを届けるかけがえのない支援者になることができます。

購入型クラウドファンディングでは、「えんとつ町のプペル」のような絵本の出版に参加できたりします。

投資型クラウドファンディングでは、社会的価値の高い企業を支援することにより、日本のソフトバンクや楽天、メルカリのようなまだ見ぬ一流企業の立ち上げに関われるかもしれません。


運営企業の厳しい審査、熱心なサポートが企画を成立させる

クラウドファンディングの資金調達方法として、目標金額が調達できない場合はすべての支援金を返却する仕組みとなっています。

それは仮に目標調達金額が100万円でスタートし、結果99万円の資金が集まったとしても目標金額に到達しない場合は集まった資金(99万円)は全額ユーザへ返却されることになります。

つまり、クラウドファンディングは目標の資金調達金額を達成させることが大前提にあり、それがクラウドファンディングを運営する企業の大きなミッションです。

そのためには、資金が集まらない可能性のある企画は掲載されないか、再考に再考をを重ねて企画をブラッシュアップさせていく技術や能力が必要となります。

実績のあるクラウドファンディングはこのような実績を備えているため、WEBサイトに掲載される企画はどれも魅力的なものばかりが並んでいます。


金融庁の認可が必要なクラウドファンディング

投資型クラウドファンディングを実施する企業は金融庁への登録及び届出義務が発生します。

これは2007年に9月20日に施行された「金融商品取引法」に明記されており、万が一規則に触れることがあれば、罰則の対象となります。

明確な理由は以下の公式サイトに掲載されています。

金融庁:ファンド関連ビジネスを行う方へ(登録・届出業務について)

つまり、金融庁の審査を通過した企業でしか投資型クラウドファンディングを運用する子ができないため、社会的信用が得られることになります。

クラウドファンディングの市場規模

矢野経済研究所によれば、日本国内のクラウドファンディング市場は2013年より右肩上がりとなっています。

国内クラウドファンディング市場

ソーシャルレンディングが大部分を占めるのは機関投資家や個人大物投資家の利用によるものです。

投資型クラウドファンディングが2017年から急速に発展したことにより、2018年以降の成長率もかなり期待できます。

クラウドファンディングのおすすめサイト

クラウドファンディングをしたい人にお勧めなサイトをご紹介します。


CAMPFIRE

CAMPFIREは以前、Zaifのシステムを使って仮想通貨取引所を運営したこともある企業です。

本業はクラウドファンディングを展開しており、過去1万7,000件以上のプロジェクトが実施され、総額88億円の資金調達に成功しています。

CAMPFIRE

CAMPFIREは、GMOペパボを創業したことでも有名な家入一真氏。

数多くのメディアでも取り上げられており、日本のクラウドファンディング市場を牽引する企業のひとつです。


FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)は株式投資型クラウドファンディングサービスです。

fundinno

2017年4月にリリースされ、わずか1年7ヶ月で16億円もの成約額を記録しています。

購入型クラウドファンディングと比べると圧倒的に掲載案件は少ないものの、面白いビジネスが多数掲載されており仮想通貨関連事業の掲載も珍しくありません。

仮想通貨投資家にとっても、仮想通貨銘柄に投資するのと同様にこれからは仮想通貨関連ビジネスに投資をすることも有用な投資のひとつです。


投資家になって有望な企業を成長させたい方は以下のフォームより登録を進めてみてください。