この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「ストキャスティクスって何?」
    「BTCチャートで使えるテクニカル分析を知りたい」
    「短期トレード(スキャルピング)に強くなりたい」
    「ストキャスティクスの使い方を知りたい」
    「スマホアプリでストキャスティクスを使いたい」




ストキャスティクスとは

ストキャスティクスとは、株式取引やFXなどのチャートを分析するための指標です。「買われすぎ、売れらすぎ」といった相場の過熱度を判断するために利用されます。

ストキャスティクスは1950年代にアメリカの投資家ジョージ・レーンによって考案されたオシレーター系テクニカル分析です。

ストキャスティクス GMOコイン

上記はGMOコインのアプリで表示したビットコインチャートですが、その下にストキャスティクスが表示されます。

ストキャスティクスは通常%K、%D、Slow%Dの3本、もしくは%D、Slow%Dの2本で表示されることが一般的です。


ストキャスティクスの計算式

ストキャスティクスに使われる値(%K、%D)は以下の計算式で算出することができます。

%Kを求める計算式
    (現在値-過去n日間の最安値)÷(過去n日間の最高値-過去n日間の最安値)×100

%Dを求める計算式
    (【現在値-過去n日間の最安値】のm日間の合計」÷ 【過去n日間の最高値-過去n日間の最安値の期間分合計】)×100

通常nの値は5、9、14日間で設定し、mの値は3間で設定するのが一般的です。

またSD(SLOW%D)は、%Dの単純移動平均となり、設定期間は3日間を設定するのが一般的です。

ストキャスティクスとRSIの違い

FXや仮想通貨などの投資経験がある方であれば、「売られすぎ、買われすぎ」を判断する指標(オシレーター系テクニカル分析)のひとつとして「RSI」という指標があるのをご存知かもしれません。

関連記事:仮想通貨(ビットコイン)チャートでのRSIの使い方

詳しくは上記の記事にまとめている通りですが、RSIも相場の過熱度を判断するために利用される指標であることは間違えありません。

ストキャスティクスとRSIの違いは【感度】です。

ストキャスティクスの方がRSIよりも大きく反応するため、ボックス相場など相場が硬直している状態に効力を発揮します。

逆に言えば、相場の値動きが激しい時は無駄に反応してしまうため騙しや判断ミスにつながりやすいというデメリットももった指標となります。


ストキャスティクスの使い方

ストキャスティクスの使い方として、売買サインの見極め方とボックス相場での使い方を説明します。


ストキャスティクスの売買サイン

ストキャスティクスは感度が高いため相場が反転する時は線がクロスする現象が起こります。

%DがSlow%Dを上に突き上げた時は相場が下向きから上向きに変わる合図です。

逆に%DがSlow%Dを下に突き抜けた時は相場が上向きから下向きに反転していることがわかります。

ストキャスティクスのサイン

GMOコインでは%Dが黄色い線で、Slow%Dが深緑色の線となっています。


仮想通貨の暴落を予測するストキャスティクス

ストキャスティクスとRSIの違い

上記のグラフはGMOコインで「RSI」と「ストキャスティクス」を同時に表示させています。

2018年11月のビットコイン相場は14日を境に大きく暴落しているのですが、暴落前にしっかりとストキャスティクスが指標として暴落の合図を出していることがわかります。

同じ「買われすぎ」という指標を示すRSIの数値は60%前後しか反応していませんが、ストキャスティクスは暴落直前に80%の反応を示していることがわかります。

同じボックス相場でも暴落前だけ80%に到達し、それ以前は60%前後になっていることが判断できれば、暴落前に注文(ショート)を入れることで莫大な利益を発生させることができた相場となります。


下落相場でも利益が出せる仮想通貨FX

仮想通貨の現物取引では仮想通貨が暴落した時に利益を出すことはできません。

2018年のビットコイン相場を見れば、仮想通貨で利益を出すのは至難の技です。

しかし、暴落が続く相場でも仮想通貨FXなら博奕を出すことも可能です。

ただし、闇雲に仮想通貨投資を始めても利益を出すことはできません。

ストキャスティクスのようなテクニカル分析を勉強し、それらを武器として使える取引所を選択してこそ始めてスタート地点に立てます。

私がおすすめするか仮想通貨取引所はGMOコインです。

GMOコインははGMOクリック証券などのノウハウもあるGMOインターネットグループ企業の一つである上に、スマートフォン用の仮想通貨FXアプリとしては国内で一番使いやすいからです。

ストキャスティクスはもちろんのこと、ボリンジャーバンドや一目均衡表などの指標も表示させることができます。

仮想通貨投資を始めるならGMOコインです。

まだ口座登録がお済みでない方は以下のバナーより登録を進めて見てください。


登録には審査があり、即利用するとはできません。

審査期間中は、以下の記事でスキルアップを測って見てください。

関連記事:GMOコインの評判【初心者向けにわかりやすく解説】
関連記事:GMOコインのスプレッドを攻略する方法