この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「RSIって何?」
    「BTCチャートで使えるテクニカル分析を知りたい」
    「短期トレード(スキャルピング)に強くなりたい」
    「RSIの使い方を知りたい」
    「スマホアプリでRSIを使いたい」




仮想通貨(ビットコイン)チャートで使う「RSI」とは

RSIとは、ある一定期間の値動きに対して値動きの割合を表したグラフです。

50%を中心に、80%、100%と上昇していくと「買われ過ぎている」というサインとなります。逆に40%、20%、10%と下降していくと「売られ過ぎている」という判断ができる指標がRSIです。

RSIは「Relative Strength Index(相対力指数)」の頭文字をとって「アール・エス・アイ」と読みます。


RSIはオシレーター系テクニカル分析

RSIはアメリカの証券アナリスト「J.W.ワイルダー」という人物によって1972年に開発され、今では世界中誰もが利用する有名なテクニカル分析のひとつです。

RSIは仮想通貨の値動きだけでなく、もともと株価やFXなどのチャートを分析するため利用さていたオシレーター系テクニカル分析です。

オシレーター系とは、上下に変動する相場の波の強さやトレンドが切り替わるタイミングを分析する手法のことを意味します。

オシレーターには「振り子」という意味があり、オシレーター系テクニカル分析は振り子のように相場の反転を予測する手法として利用されます。


RSIの計算式

RSIは以下の計算式で値を求めることができます。

    RSI(%) = (値上がり幅の合計) + (値上がり幅の合計 + 値下がり幅の合計)× 100

上記の計算でわかるように、RSIの値は0から100%の間でしか推移しません。

RSIが120%や-50%という値は存在しないということです。


仮想通貨FXのボックス相場に強いRSI

ボックス相場とは、箱(ボックス)に囲われているかのように値動きが小さくなった状態が続く相場のことを意味します。

ボックス相場はレンジ相場、待合相場とも言われたりします。

ボックス相場の時はテクニカル分析指標に売りや買いのサインが見えづらく、利益を出しにくい相場となるため多くの投資家にとっては避けるべき相場となります。

しかし、RSIではボックス相場においても売りや買いのサインが出て来やすく、そのあとの大きな値動きを予測するための指標として使われることが一般的です。

ボックス相場

上記のグラフでは最近のビットコインが下落している様子となりますが、大きな下落の前には必ずボックス相場があることがわかります。

ボックス相場が登場した際にRSIが買われすぎのサインがでているため、その後大きな売り相場が訪れる可能性があることが予測できるようになります。


仮想通貨FXのスキャルピングに強いRSI

スキャルピングとは数分、數十分間の超短期トレード手法のことを意味します。

デイトレードよりも短い単位で取引を行うため、1日に何度も注文を出すのが大きな特徴のひとつです。

日本の仮想通貨取引所のほとんどが取引手数料が無料のため、取引回数が多くなったとしても投資家に負担はありません。


スキャルピングではリスクの高い逆張りや底値を狙う必要はありません。

スキャルピング

値動きが動き始めたら注文し、トレンドが終わる前に売り切ることができれば利益を出すことができます。

その時に参考にする指標がRSIです。

値動きが始まった時のRSIの値を参考に極端にRSIが動き始めたら取引を終了させます。

すると値動きが反転する前に利益を確定させることになるからです。


仮想通貨(ビットコイン)チャートでのRSIの使い方

先ほどの説明でRSIの概要を把握することができましたら、次はRSIの使い方について説明します。

RSIの使い方
  • RSI売買サインの使い方
  • RSI設定期間の使い方
  • ダイバージェンス現象の攻略

RSI売買サインの使い方

0から100%の間で値が推移するRSIは株や為替などの市場では売りサインを80%以上、買いサインを20%以下で見ることが一般的です。

ただし、仮想通貨の場合はボラテリティが他の金融商品と比べ物にならないくらい大きいため、RSIの数値はトレンド状況や他のテクニカル分析指標と併用して判断するのが効果的です。

例えば2017年11月頃のビットコイン相場のように大きな上昇トレンドでは、RSIの数値が80%以上を推移していたとしても価格は上がり続けていました。

このような時はRSIの値が80%を推移してもトレンドの反転は起きないため、90%以上の値になるまで投資し続けることができます。

そして、2018年11月のビットコイン相場のように大きな下降トレンドの場合も同様です。

RSIの値が20%を下回ったとしても、さらに下落相場が続き価格はどんどん下がり始めています。

その場合は、RSIの値が10%近くまで注文(ショート)を入れ続ければ利益が得られる可能性が高くなります。

反対に、トレンドが弱まりボックス相場となった場合は40から60%付近の値でもトレンドが大きく反転する合図となるため、トレンドに応じてRSIのサインを見極める必要があります。

RSI売買サインのまとめ
  • ボックス相場の時は60%以上(もしくは40%以下)でも反転のサインになる
  • ボラティリティが大きい時は90%以上(もしくは10%以下)までRSIの値が推移する可能性がある

RSI設定期間の使い方

RSIの設定期間は長ければ長いほど、RSIの値が示すサインは強くなります。

これは移動平均線の集計期間が長ければ長いほど、ゴールデンクロスやデッドクロスのサインが強くなる仕組みと一緒です。

通常は14日間の値動きの値を参考にRSIの値が設定されます。

14日間よりも短い値であれば、RSIの値はより大きく動いてしまいあまり参考にならなくなってしまいます。

金融商品の中でも最も値動きが激しい仮想通貨の場合はRSIの設定期間を14日間以下に下げないことをおすすめします。


ダイバージェンス現象の攻略

ダイバージェンス現象とは、ローソク足の動きとテクニカル指標の動きが逆行する現象のことを言います。

例えば、RSIが90%を示している場合買われすぎというサインのため、その後の値動き(ローソク足)は上昇トレンドから反転し、下降トレンドになることが一般的です。

しかしRSIが90%を示しているにも関わらず、値動き(ローソク足)はさらに上昇し続けてしまう現象がダイバージェンス現象となります。

この場合はRSIやストキャスティクスなどのオシレーター系テクニカル分析の指標だけでは相場を読み切ることができなくなるため、一目均衡表やボリンジャーバンドなどのトレンド系テクニカル分析を併用するのがおすすめです。


仮想通貨FXでRSIが使えるスマホアプリ

RSIについて説明してきましたが、理論を理解しただけでは意味がありません。

実際のトレードで実践することで、あなたなりの傾向と対策が蓄積され、投資家としてのスキルが磨かれるはずです。

RSIが使える仮想通貨取引所で、スマホアプリでも仮想通貨FXができる取引所はGMOコインです。


仮想通貨FXならGMOコイン

GMOコインでは、ビットコイン以外でも仮想通貨FX取引サービスを提供しています。

私がGMOコインをおすすめするのは、スマホアプリで最もチャートが見やすく勝ちにいける戦略が練りやすいからです。

他にもおすすめする理由は以下の記事にもまとめています。

関連記事:GMOコインの評判【初心者向けにわかりやすく解説】
関連記事:GMOコインのスプレッドを攻略する方法

GMOコインを利用すると、どこにいてもスマホアプリを開くことができるため、傾向と対策が勉強できる上に、スピード注文を使えばタイミングを逃しにくく、利益につながりやすくなります。

GMOコインへの登録がまだの方は、まずは口座開設し、少額からトレードを始めて見てください。