「仮想通貨は稼げると聞くけど、やり方が難しいだろう。。。」

そう考える方こそ、この記事を読んでみてください。


本記事では一見難しそうな仮想通貨投資を、わかりやすく解説していきます。

さらにはより稼ぎやすくするための方法も最後に書いていますので、是非参考にしてみてください。




仮想通貨で稼ぐ仕組み

ビットコインチャート

仮想通貨投資で稼ぐには「仮想通貨の値動き」に注目しましょう。

ビットコインチャートを見ると、上昇したり下降するなど値動きが激しいことがわかります。


この「値動きの差」を利用して儲けるのが、仮想通貨投資です。

株式投資と違って土日でも24時間値動きが発生するので、平日忙しい方でも好きな時間に取引ができるのが仮想通貨投資の魅力でもあります。


値下がりしても稼げる仮想通貨投資

多くの方が勘違いしやすいことがあります。

    「仮想通貨投資は価格が下がると損をしてしまう。」
    「価格が上がっている時しか儲けることができない。」

と考えてしまうのは、大きな間違えです。

仮想通貨投資は価格が下がっている時でも利益を発生させることができます。


現物とFXの違い

仮想通貨投資には「現物投資」と「FX投資」の2種類があります。

ほとんどの方が想像する仮想通貨投資は「現物投資」と言われるものです。

現物投資の特徴
  • 仮想通貨を購入後、価格が上がれば得をする
  • 仮想通貨を購入後、価格が下がれば損をする
  • 等倍の日本円と仮想通貨を交換する

現物投資の特徴は仮想通貨を購入後、価格が上がってくれないと利益を出すことができないということです。

ただし、もう一方の「FX投資」では価格が下がっても利益を発生させることができます。


FX投資の特徴

FX投資(仮想通貨FX)では仮想通貨の価格が下がっても利益を発生させることができます。

その仕組みは「差金決済取引」という取引の仕方にあります。

差金決済取引

上図は価格が50万円だった時に仮想通貨を売り、30万円となった時に同じ量の仮想通貨を買い戻した差金決済取引を表しています。

空売りとは仮想通貨を持っていない状態で売り注文を出すことです。

売り注文(空売り)から取引を開始した場合は、必ず後で買い注文(買い戻し)をしないといけません。

このように価格が下がっている状態でも利益を発生させることができるのが、仮想通貨FXの魅力です。


さらに現物投資とFX投資の違いがもう1つあります。

現物投資では購入する仮想通貨と同等分の日本円が必要となりますがFX投資では保有資産の2〜25倍の仮想通貨を取引することもできます。

FX投資の特徴
  • 価格が下がっている場合でも利益をだせる
  • 保有資産の2〜25倍の仮想通貨資産を動かすことができる

仮想通貨で稼ぐにはもう遅い?

2017年のような仮想通貨相場が今後起こるかというと、それはわかりません。

2017年仮想通貨の成長率銘柄ランキング
順位 銘柄 シンボル 成長率
1位VergeXVG9,815倍
2位MonacoinMONA377倍
3位RippleXRP273倍
4位NEMXEM240倍
5位LiskLISK129倍
6位EthereumETH86倍
7位DashDASH84倍
8位LitecoinLTC49倍
9位MoneroXMR23倍
10位EthereumClassicETC18倍
11位AugerREP16倍
12位BitcoinBTC14倍

たった1年で14〜9,815倍も動くような金融商品は、簡単に登場するわけがありません。

ただし、株式投資や為替FXなど他の投資と比べた場合は有用な面があります。


2018年以降も増え続ける個人投資家

仮想通貨取引所を運営するGMOコインでは2018年の仮想通貨暴落以降も順調に口座開設数が増えています。(出典:仮想通貨売買代金と口座数の推移(GMOフィナンシャルHD決算説明資料)

GMOコイン口座登録数

7万件だった口座数は2018年の1年間で約15万件も新規口座開設が発生しています。

2017年よりも2018年の口座開設スピードが速い理由の1つに、2018年の方が価格変動が激しく儲けるチャンスがたくさんあったということもあります。

仮想通貨の取引量はほぼ回復

2019年4月時点のビットコインの取引量は、2017年に価格が高騰した時とほぼ変わらない水準にまで達しています。

ビットコイン取引量

2017年以降ビットコイン投資家はほとんどが退場し、今ビットコインに投資をする人なんていないと考えているはずです。

しかし、実際には2017年と同じくらい2019年ではビットコインが利用されており、それどころか2017年以上に利用されていく可能性の方が高い状況です。

現時点(リアルタイム)での「ビットコインの取引量」を知りたい方はblockchain.comで確認してみてください。


成長銘柄はたくさんある

2018年以降「バブルだ」とか「終わった」と言われるような仮想通貨市場でも、短期間で数倍から数十倍となる銘柄が少なくありません。

コインチェックNEM流出事件から約5ヶ月後の2018年6月20日、CoinEx Token(CET)という仮想通貨銘柄がわずか2週間で10倍以上の価格変動を見せました。

その様子が以下のチャート。

CETチャート

仮想通貨投資はリサーチを続けることで急騰する銘柄を見つけることはそう難しいことではありません。


他と比べても魅力的な仮想通貨投資

上記のツイートが話題になったように、2019年の金融商品利回りを比較した場合ビットコインが最も収益がよかったという結果となっています。

先物取引やFacebookやAmazonが上場しているナスダック市場への投資よりも、ビットコインの方が結果がよかったという事実は覆すことはできません。


これらは過去の実績を見ても明らかです。

急成長株として世界的にも有名なGoogle(アルファベット)は2004年から2018年までで約24倍成長をしています。

Googleチャート

インターネット黎明期(れいめいき)にGoogleの将来性に気づく千里眼約14年間保有し続ける忍耐力を持ち合わせて、やっと24倍の成果を得ることができます。

対して仮想通貨投資では、たった1年間で数十倍の価格変動した実績がいくつもあり、14年間待つことなく同等の成果を得られる可能性が広がっています。


さらに付け加えると、IPOなど優良株の株式投資はチャンスが平等ではなく、限られた人しか購入することができません。

しかし、仮想通貨では仮想通貨規制がある国以外の住民なら誰でも平等に購入チャンスが与えられています。


仮想通貨で稼ぐための準備

ここからは仮想通貨で稼ぐための本題となります。


仮想通貨投資は必ず儲かるというものではなく、損失を被るリスクもあるものです。

極力リスクを最小限にして利益を出し続けるためには、3つの準備が必要です。

  • 仮想通貨取引所の口座を開設する
  • テクニカル分析を覚える
  • 情報収集を習慣化する

仮想通貨取引所の口座開設

まず最初に始めることは、仮想通貨取引所で口座を開設すること。

仮想通貨取引所は金融庁の許可がないと運営できない決まりです。

無許可で運営している取引所はほぼ詐欺なので、要注意。


どこの取引所で講座を開設するべきか悩んでいる方は以下の記事をご覧ください。

関連記事:【2019年最新版】日本のおすすめ仮想通貨取引所ランキング

自分にあった取引所が見つかるはずです。


投資に役立つテクニカル分析

仮想通貨投資で稼ぐためには、値動きを見極めるための知識と分析力が必要です。

最低限、以下の指標は覚えてから投資を始めましょう。


当ブログでは上記以外に「一目均衡表」や「ストキャスティクス」について取り上げています。

どちらも仮想通貨投資ではよく利用される指標となるので、覚えておいて損はありません。


情報収集を習慣化する

仮想通貨に関する情報は仮想通貨専門メディアであるCoinPostCointelegraphを見ると、おおよその情報をキャッチすることができます。

私自身も仮想通貨関連のトピックについてはTwitterでつぶやいたりするので、気になるTwitterアカウントもフォローしておくといいでしょう。


仮想通貨でより稼ぐ方法

節約で原資を増やす

投資は運用資産が多いほど、利益も大きくなる仕組みです。

1万円を1.5万円(プラス5,000円)にする投資と1,000万円を1,500万円(プラス500万円)にする投資の難易度は全く同じ。

だからといって退職金やボーナスを投資に利用するのはやめましょう。

使う予定のあるお金を投資原資に使ってしまうと、どうしても勝たなければいけないという心理が働き、うまく利益を上げられなくなるからです。


投資原資は節約から捻出するのがおすすめ。

格安SIMやモバイルWiFIなどの通信費を節約したり、無駄な飲み会や年会費を節約することで1年間で数万円程度の投資資金を捻出することができます。

節約で捻出した数万円を仮想通貨投資の原資としてプラスすることによって、より高い利益を目指しましょう。


複利で原資を増やす

複利で原資を増やすというのは「投資で増えたお金を投資に回す」という考え方です。

原資1万円を使って2万円の利益をだしたのであれば、次は2万円を使って4万円の利益を目指していくということを意味します。

複利を使うと、運用原資が増えるだけでなく投資の難易度も下がってくるというメリットが生まれます。

毎月3万円稼ぐために必要な利回り
経過月 運用原資 必要利回り
1ヶ月目10万円30%
2ヶ月目13万円23%
3ヶ月目16万円18%
4ヶ月目19万円15%
5ヶ月目22万円13%

上の表は運用原資10万円を使って毎月3万円増やすために必要な利回りを計算しています。

1ヶ月目は30%とかなり難易度が高いものの、5ヶ月目になると必要利回りは1ヶ月目と比べて半分以下になっています。

利回りが低くなると投資の難易度も下がり、簡単に利益を出しやすくなります。

複利を使わなければ投資難易度は一定のままですが、複利を使うことで同額の資産を増やす難易度が徐々に下がってくるというメリットが生まれています。


レバレッジを利用する

仮想通貨FXではレバレッジ倍率を調整することで保有資産の2〜25倍の資産を運用することが可能です。

レバレッジ倍率を5倍にすれば利益も5倍になりますが、損失を被った時も5倍になるリスクがあることは把握しておきましょう。

ただし、少ない原資で大きく利益を出せるということは確かです。


以下のツイートをしている「ふうかさん」はGMOコインで日次400万円を叩き出す凄腕仮想通貨FXプレイヤー。

仮想通貨FXプレイヤーはトップ層でいえば年1億円のプラスもありえます。

利益を出すにはそれなりの投資テクニックが必要となりますが、それも始めてみないとわかりません。

これから少しでも仮想通貨FXにトライしてみたいという方は以下の記事を参考に取引所を選んでみてください。

関連記事:【2019年最新版】おすすめ仮想通貨(ビットコイン)FX取引所