この記事では「これからスマホを使って仮想通貨投資を始めたい」「仮想通貨FXにも挑戦してみたい」「初心者なので日本の大手仮想通貨取引所を利用したい」という方に向けた内容となります。

これから仮想通貨投資を始める方の疑問を解決していきます。





仮想通貨投資って儲かる?

2017年に仮想通貨ブームが到来して、2018年1月をビークに現在までの仮想通貨市場の時価総額は減少傾向をたどっています。

スクリーンショット 2018-11-09 15.12.11

仮想通貨市場はおおよそ11ヶ月間の間に75%も減少し、2018年11月には24兆円の市場規模となっています。

仮想通貨市場全体が下落傾向にありながら2018年の間に数倍、数十倍の値上がりを見せる仮想通貨銘柄が存在します。

たとえばAeternityという銘柄は15倍、Bytecoinで6倍という成長を見せており、2018年になっても高騰する銘柄は数多くあります。

しかし、仮想通貨初心者にとってICO案件やマイナー銘柄の将来性を見極めるのはかなり難易度が高いと言えます。

つまり、ハイリスク・ハイリターンということです。


2018年の仮想通貨市場はトレードしないと儲からない

ICOで一発逆転的な投資方法よりも仮想通貨FXを使ってビットコインの下落相場で儲ける方法で成功している人がいます。

Twitterを見ると仮想通貨のトレードで資産運用をしている人を見つけるのは難しくありません。


なぜこれほどまでに利益を発生させることができるかというと、その秘密は仮想通貨の値動きにあります。

下落相場でも利益を発生させせることができる仮想通貨FXでは、値動きが激しければ激しいほど利益もしくは損失が大きくなります。

2018年の仮想通貨相場は長期的に見ると大きな下落相場ですが、値動きが大きいことは2017年から続いている事実です。

この相場を利用して、利益を発生させているということになります。


スマホの仮想通貨アプリを比較

仮想通貨FXをスマホで始めたいけど、どのアプリを使っていいかわからないという方のために、日本の仮想通貨取引所がリリースしている仮想通貨アプリについて説明していきます。

日本で仮想通貨交換業を運営する企業は16社ありますが、そのうちスマホアプリをリリースしている企業は以下の通りです。

仮想通貨アプリの比較
提供企業 FXの利用 レビュー評価
Bittrade不可0
QUOINEX0
BitPoint4.0
bitbank4.1
GMOコイン2.3
DMM Bitcoin2.7
bitFlyer4.2

アプリで仮想通貨FXを利用できるのは3社だけ

せっかく仮想通貨投資をするのであればFXも試してみたいはずです。

上記比較表にある7社のうち、アプリで仮想通貨FXを利用できるアプリは「GMOコイン」「DMM Bitcoin」「bitFlyer」の3社となります。


「GMOコイン」「DMM Bitcoin」「bitFlyer」の3社にはそれぞれ特徴があり、利用用途に合わせて仮想通貨アプリも使い分けるのがおすすめです。

bitFlyerのスマホアプリは私が利用している感覚では、飲み会の割り勘や仮想通貨決済で利用するのに便利なツールです。

仮想通貨投資(トレード)については、LightningFXというFXツールをアプリでも提供してます。

LightningFXはPC向けに開発されているところもあり、アプリ内で操作するのは少し難しいので、PCで操作する人におすすめです。


スマホで仮想通貨投資ならGMOコインがおすすめ

私がGMOコインで仮想通貨投資を進める理由は以下の通りです。

GMOコインを推薦する理由
  • GMOインターネットグループの傘下だから安心
  • チャートが見やすく、使いやすいアプリ
  • アルトコインでも仮想通貨FXができる
  • 指標と注文方法が豊富

GMOコインの評判

GMOコインは年間売上1,450億円を誇る大手IT企業のGMOインターネットグループが100%出資する完全子会社です。

GMOインターネットグループはもともとドメイン事業がメインですが、CMキャラクターの新垣結衣さんでお馴染みのGMOクリック証券では、取引高世界一にもなった実績を誇る企業です。



GMOコインはFXや株式トレードのノウハウがあるGMOインターネットグループを発射台としてサービスを提供しているため、他の企業よりも質の高いサービスが提供されているという点にあります。

SNSでも機能のアップデートや最新情報を随時発信しているのがGMOコインです。


GMOコインのスマホアプリ

GMOコインのスマホアプリ「ビットレ君」は、初心者でも仮想通貨投資に詳しい人でも使いやすいように設計されています。

私が気に入っているポイントは以下の通りです。

ビットレ君の特徴
  • チャートを見ながら注文できる
  • スピード注文でチャンスを逃さない
  • インジケーターが豊富

他の仮想通貨アプリではチャートと注文画面が分かれていることがほとんどですが、GMOコインは1つの画面でチャートを見ながら、注文を出すことが可能です。

GMOコインチャート

チャートも様々な指標を加えることが可能です。ボリンジャーバンドや一目均衡表などのテクニカル分析を利用すると勝率向上につながります。

GMOコインチャート指標

GMOコインのレバレッジ

レバレッジとは、証拠金(掛け金)よりも利益(もしくは損失)を大きくする機能です。

たとえば、10万円分の買い注文出してから10%値上がりした後に売り注文を出すと1万円分の利益を得ることができます。

仮にレバレッジ(倍率)を5倍にして同じことを実施できた場合、利益は5万円となります。

GMOコインではビットコインのレバレッジを最大10倍まで設定することが可能です。

GMOコインのレバレッジ
銘柄 倍率
BTC5倍・10倍
ETH5倍
BCH
LTC
XRP

レバレッジ倍率を高くすれば、下落相場でも大きく儲けることが可能です。


GMOコインの手数料

GMOコインでは入金手数料、出金手数料は無料です。

仮想通貨FXにおいても注文手数料は無料となっています。

ただし、朝6時をまたいで注文を確定させる場合0.04%/日がかかるため、この時間帯の取引を避ければレバレッジ手数料がが発生することはありません。


GMOコインへ口座開設

これからGMOコインで仮想通貨投資を始める場合は、以下のバナーから公式サイトへアクセスしてください。


口座開設には審査が必要となります。

取引開始できるまでしばらく時間がかかるため、登録作業は計画よりも早めに進めておく必要がありますのでご注意ください、