Satoshiとは

Satoshiとは、ビットコイン(BTC)の最小単位を意味します。

ビットコインは小数点第8位までの数字しか数える事ができない仕様となっており、1SatoshiをBTCに換算すると以下のようになります。

    1Satoshi = 0.00000001BTC

つまり、SatoshiはBTCの10億分の1の単位となります。


Satoshiの由来

Satoshiは、ビットコインの原論提案者でもある中本哲史(ナカモト・サトシ)氏から由来します。

ビットコインの原案はコインチェックのブログからも確認することができます。

Coincheck Blog:日本語で読むビットコイン原論文 [by Satoshi Nakamoto]

ビットコイン(BTC)の通貨単位

ビットコインの通貨単位にはSatoshi以外にもいくつか存在します。


mBTC(ミリ・ビーティーシー)

距離を表す1m(メートル)という単位と1mm(ミリ・メートル)の関係と一緒で、mBTC(ミリ・ビーティーシー)は1BTCの1,000分の1の単位を意味します。

    1mBTC = 0.001BTC

ビットコインの通貨単位に小数点以下の単位が多いのは、1BTCの価格が高すぎる傾向にあるという状況が作用しています。

2018年1月には1BTC = 240万円を記録し、2018年10月においても70万円台を推移しているため、1という少ない単位であっても大きな数字であることは変わりません。

μBTC(マイクロ・ビーティーシー)

μBTC<(マイクロ・ビーティーシー)は1BTCの百万分の1を表す単位です。

    1μBTC = 0.000001BTC


1Satoshiはいくらか、円で計算

1SatoshiはBTCの1億分の1を表す事から1BTCが1億円だった場合、1Satoshiは1円ということになります。

BTCの価格は常に変動してているため、多少わかりやすく1Satoshiの価格とBTCの価格を比較してみると以下のようになります。

1Satoshiの価格
  • 1BTC = 1億円の場合:1Satoshi = 1円です。
  • 1BTC = 1,000万円の場合:1Satoshi = 0.1円です。
  • 1BTC = 100万円の場合:1Satoshi = 0.01円です。
  • 1BTC = 70万円の場合:1Satoshi = 0.007円です。

つまり、1BTCあたりの価格が1億円を超えない限り、1Satoshiの価格は1円を上回ることはありません。

2018年10月のBTCの価格が70万円なので、1億円までは現在の価格から142倍ほど成長する必要があり、ほど遠い数字となります。


現在の価格は以下のCoinmarketcapで確認して見てください。

Coinmarketcap:bitcoinチャート