1円以下の価値ある仮想通貨銘柄でも紹介した「VeChain」

VeChainは大手自動車メーカーであるBMWと提携するなど、目覚ましい活躍を見せていますが通貨の価値はそれほど上昇していません。


今回は過小評価されているVeChainの魅力について説明していきます。




VeChain(仮想通貨VET)とは

VeChain

VeChainとは、商品情報をブロックチェーン上で管理できるシステムです。

偽ブランドの偽造防止、商品の盗難や品質管理に役立てようと、商品にはQRコードやNFC(ICチップのようなもの)、RFID(無線通信)にをつけることによって、ブロックチェーンとの連携を可能にします。

すでに技術は開発されており、以下の動画でワインを実例にして説明をしています。



VeChain(仮想通貨VET)の概要

項目 詳細
公開日2017年8月15日
通貨単位VET
発行枚数873,378,637VEN
創設者Sunny Lu
拠点シンガポール
公式サイトhttps://www.vechain.org/
ホワイトペーパーwhitepaper_en_v1.0.pdf
トークン規格ERC20
システムProof of Authority

VeChain(仮想通貨VET)の過去

VeChainは2018年2月26日をきっかけにブロジェクト名や通貨単位などを刷新しました。

項目 過去 過去
プロジェクト名VeChainVeChainThor
通貨単位VENVET
別トークンなしVeThor(VTHO)

通貨はVENが1つだったのに対して新しいプラットフォームではVENとVTHOの2つになり、VEN保有車には100倍のVETが配られると以下のTweetでも発表しています。

VeChain(仮想通貨VET)の特徴

合意形成アルゴリズム「Proof of Authority」

Proof of Authority(PoA、権威の証明)とは、「限られた人」だけにブロック承認の権限を獲得することができるという仕組みです。

そして、「限られてた人」というのは以下の条件を満たした人のことです。

  • 合法的な身元の証明できる
  • 250,000以上のVETを保有
  • マスターノードとして機能するサーバーをもっている
  • 企業関係者、ブロックチェーン開発チーム、ビジネス開発大使、コミュニティ寄稿者、学術研究パートナーのいずれかに該当する

VeChainはこれらの限られた人が作るシステムで成り立っており、彼らが不正を見つけたり、正しいと思う取引を承認する役割を担っています。

この辺りの考え方は、リップル(XRP)の中央集権型のコンセンサスアルゴリズムとよく似た仕組みになっています。


取引手数料を安くする「VTHO」

ブラットフォーム内の2つ目の通貨として「VeThor(VTHO)」が追加されたのは、手数料の問題を解決するためです。

VeThor(VTHO)は一般市場での取引ができないため、市場価格に影響されることなく、いつでも同じ価格でVechainを使うことができるようにする目的があります。


新しいアプリケーション「VeVid」

VeVid(VeChain Verified Identification)とは、Vechainのネットワーク上にできた新しいアプリケーションです。

個人の識別データを管理し、Vechainネットワーク上の記録媒体として機能するため、1度登録された個人データでの認証や監査が容易になります。


VeChain(仮想通貨VET)の将来性

VeChain高い将来性を評価され、「DNV GL」「中国たばこ産業」「BitOcean」などの大手企業と提携しながら実証実験を繰り返しています。

さらにVeChainは、マイクロソフトやApple、IBMなどの世界のTOP企業のデータセンターがある地域でもある「中国の貴州省政府」とパートナースップを提携しています。


BMW社との提携

2018年2月に開催されたイベントにて、VeChainのCEOであるSunny Lu氏は、ドイツ自動車大手メーカー「BMW」とパートナーシップ契約を結んだことを認めました。


VeChain(仮想通貨VET)の評判

Twitter上でもVeChainの評判は高くなっています。

将来的にはブランド価値の高い企業がVeChainのシステムを扱うのではないかと考えられています。


VeChain(仮想通貨VET)の価格

CoinMarketCapの調査によれば、2019年4月時点のVeChainの時価総額は430兆円もあるにもかかわらず、1VETの価格は1円以下の0.7円となっています。

技術が期待できる上に通貨の価値がまだ1円以下というのか過小評価されすぎている感覚があります。

今後、1VETの価値が10円、100円と上がっていくことになれば、相当な資産を気づくこともできるかもしれません。


VeChain(仮想通貨VET)を購入するなら

VeChain(仮想通貨VET)は日本の仮想通貨取引所での取り扱いがなく、日本円とVETを直接交換する事ができません。


VeChainを購入するには、まず日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入します。

その後、海外の仮想通貨を経由しVeChain(VET)を購入してください。

VeChain(VET)の購入方法
    手順2:GMOコインでBTCを購入する
    手順3:Binanceに登録する
    手順4:GMOコインで購入したBTCをBinanceに送金する
    手順5:BinanceでBTCを使ってVETを購入する

手数料が安いGMOコインがおすすめ

取引所から他の取引所へ仮想通貨を送金する場合や円に換金するには必ず手数料がかかります。

GMOコインはその手数料が安いため、送金や出入金が複数回重なっても負担になりません。

仮想通貨を始めるなら、金融庁の認可があるGMOコインで無料口座登録することをおすすめします。


GMOコイン以外の取引所も検討したいという方は以下の記事をご覧ください。

関連記事:【2019年最新版】日本のおすすめ仮想通貨取引所ランキング