配当型トークン

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「配当型トークンとは?」
    「配当型トークンのICO事例は?」
    「配当型トークンは違法?」
    「配当型トークンの規制はある?」
    「配当型トークンで税金を払う必要ある?」




配当型トークン(仮想通貨)とは?

配当型トークンとは、トークン(仮想通貨)を持っているだけで新しく仮想通貨が配当されるトークンのことです。


配当型トークン(仮想通貨)の仕組み

配当型トークンの発行主体は主に仮想通貨取引所です。

仮想通貨取引所は収益の一部を配当として配当型トークンの保有者に配ります。


人気のある仮想通貨取引所が配当型トークンを発行し、潤沢な収益の一部を配当に充てることができれば、配当型トークンを購入したいという投資家が増えます。

投資家が増えることで仮想通貨取引所の取引が活発になると、取引所の収益が上がります。

仮想通貨取引所の収益が上がれば配当型トークンの価値も上昇するというのが配当型トークン経済の考え方です。


配当型トークン(仮想通貨)は株主優待と似ている

株券を保有する株主は企業によって配られる配当金や企業サービスを受けることができます。

配当型トークンは株主優待の仕組みと似ています。

株券の場合は早くても四半期に1回のタイミングで配当金が配られますが、配当型トークンでは毎日配当金が配られる仮想通貨も存在します。


配当型トークンは違法なのか

仮想通貨交換業の登録を受けていない組織がICOをすることは、日本では違法扱いとなっています。


配当トークンに限らず、仮想通貨を新しく作って販売することはICO(イニシャル・コイン・オファリング)という仕組みに該当します。

日本ではICOに関連する法律はまだないものの、金融庁は国内でICOをするためには仮想通貨交換業の認可をもった業者のみと捉えており、2019年2月現在日本では実質ICOは不可能という状況です。


配当型トークンに関する規制がない

日本ではICOに関する規制がありません。

ICOを起こした側は金融庁から行政命令が発動されますが、ICOに参加した顧客を取り締まることはできない状況です。


今後ICOに関する法律が整備されていくことが予測されますが、配当型トークンを日本人がもつことは、法律が出来上がるまではグレーゾーンということになります。


配当型トークンのICO実例

配当型トークンのシステムはFcoinという取引所が始まりとされており、その後同じビジネスモデルを多くの中国企業が真似をして増えていきます。


配当型トークン実例:CoinParkToken(CP)

CoinParkToken(CP)はCoinParkという仮想通貨取引所が発行した配当型トークンです。

CoinParkTokenの概要
項目 詳細
公開日2018年7月4日
通貨単位CP
発行枚数100億枚
トークン規格ERC20
取引所HPCoinPark
CPの価格CP/USDTチャート
マイニングルールCoinPark FAQ

CoinParkTokenは総発行量の6割を市場で流通させ、取引所収益の9割をCoinParkToken保有者に配当するシステムを公表しています。

配当収入はCoinParkTokenの保有量によって増減し、CoinParkTokenの保有量が多ければ多いほど配当額も大きくなります。

CoinParkTokenの配当計算式

    CP配当率 = (手数料収益 × 100% / CP総流通量) × 1,000,000
    配当収入 = CP保有量 / CP総流通量 × 手数料収益 × 100%

配当型トークン実例:CoinEx Token(CET)

CoinEx Token(CET)はCoinExという仮想通貨取引所が発行する配当型トークンです。

CoinEx Tokenの概要
項目 詳細
公開日2018年3月29日
通貨単位CET
発行枚数100億枚
トークン規格ERC20
CET価格CET/USDTチャート

CETは毎月1回ペースで取引所収益の8割を配当し、取引所は一定のタイミングでCETを買い戻す計画も公表しています。

発行当初は大変人気となり、100倍以上の売却益を手に入れる可能性もありました。

CET

配当型トークンは税金の対象になる

現状の税制では、配当型トークンによって得た配当分は課税されます。

ちょっと難しいかもしれませんが、配当型トークンは仮想通貨マイニングと同様に定義されるからです。

国税庁の正式な回答では以下の通りです。

    「仮想通貨をマイニングにより取得した場合、その所得は所得税又は法人税の課税対象となり ます。」

引用元:仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)


配当型トークンを得るためには

配当型トークンを得るためには、日本の仮想通貨取引所でビットコインを入手後、配当型トークンを発行する取引所にビットコインを送金する必要があります。


国内でおすすめの取引所は以下の記事をご参照ください。

関連記事:【2019年最新版】日本のおすすめ仮想通貨取引所ランキング