この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「仮想通貨のDAGとは?」
    「DAGの仮想通貨一覧を知りたい」
    「DAGの読み方は?」




仮想通貨のDAGとは

仮想通貨で利用されるDAGとは、Directed Acyclic Graphの頭文字をとった略称です。

Directed Acyclic Graph(ディレクテッド・エサイクリック・グラフ)とは一定方向に連なりながら巡回することはない形式やフラフのことを意味しており、日本語では「有向非巡回グラフ」と呼ばれています。



仮想通貨で利用されるDAGの特徴

仮想通貨で利用されるDAGの仕組みを理解する上で以下の点を押さえておきましょう。

仮想通貨で利用されるDAGの特徴
  • 全ての取引データが1つの方向(流れ)に向かうことで、同じデータに逆戻りしない
  • 取引データ(ブロック)のチェーンが複数方向に展開する

DAGは同じデータに逆戻りしない

DAGは以下のグラフのように右から左に向けて1つの方向に丸いデータブロックが繋がるようになっています。

DAG

上図は○印が取引データ、矢印がチェーンを表しています。

グラフ全体を見ていただくとわかるように、一つの取引データが複数のチェーンを展開して、右から左へ一定の方向へデータが流れるのが理解できると思います。

ブロックチェーンのように1つの線でつなぎあわせることはできませんが、DAGもブロックチェーンも1つの進行方向にデータがながれていくという点では共通しています。


DAGは取引チェーンが複数方向に展開する

DAGは1つの取引データブロックを複数方向に展開しながらデータをつなぎ合わせる構造をしています。

この構造により取引処理にかかる時間を短縮できるというメリットが生まれます。


DAGとブロックチェーンの違いは「処理速度」

DAGとブロックチェーンでは構造からくる取引データの処理速度に大きな違いがでます。

通常ブロックチェーンでは1つなぎの取引データが鎖のように1本につながっている状態となっています。

ブロックチェーン

ひとつなぎになっているというとがブロックチェーンの信用を上げ、誰にも改竄されないとう仕組みを作り出しているわかです。

DAG

しかし、DAGでは取引チェーンが複数方向に展開しているため、取引処理をブロックチェーンよりも分散させて細かく処理することが可能となります。

その結果DAGは1本のブロックチェーンよりも取引処理速度が速くなる傾向にあり、スケーラビリティの問題を解決しやすいと考えられています。


DAGを使った仮想通貨一覧

ほとんどの仮想通貨銘柄はビットコインやイーサリアムに利用されるブロックチェーン技術が利用されますが、中にはブロックチェーンを使わずにDAGが採用された仮想通貨ブロジェクトが存在します。

その一部を今回はご紹介します。


DAGを使った仮想通貨「Byteball」

Byteball(バイトボール)とは、アプリ上のチャット機能を利用して数秒で支払いすることができたり、保険やイベントに応じたスマートコントラクトが利用できる仮想通貨ブロジェクトです。

高機能でありながら処理速度は早く、実際にイタリアのレストランで導入された実勢もあります。

詳しくは以下の記事を参照ください。

関連記事:無料配布する仮想通貨Byteballの課題を解説します。

DAGを使った仮想通貨「IOTA」

IOTA(アイオータ)は、DAGを利用して送金コストがかからない仮想通貨ブロジェクトです。

関連記事:仮想通貨IOTAは取引手数料がかからない。