DAG(Directed Acyclic Graph)とは

DAG(Directed Acyclic Graph)とは、日本語でいうと「有向非巡回グラフ」とよばれる技術です。

DAGの特徴
  • 取引データ(ブロック)のチェーンが複数方向に展開する
  • 全ての取引データが1つの方向(流れ)に向かうことで、同じデータに逆戻りしない

DAG

上図は○印が取引データ、矢印がチェーンを表しています。グラフ全体を見ていただくとわかるように、一つの取引データが複数のチェーンを展開して、右から左へ一定の方向へデータが流れるのが理解できると思います。


ブロックチェーン技術との違い

ブロックチェーン

ブロックチェーンは基本1つのチェーンで取引データをつなげる技術です。世界中の誰もがマイニングに参加可能なので、安全性に優れた技術ですが、チェーンが一つしかないということは逆にデータを処理するスピードも制限されるということになります。

ブロックチェーン技術が1つのチェーンを使うのに対して、DAGではチェーンが複数(正確には網の目状)になっているため取引処理を早く実行できるというメリットが発生します。一部ではDAGはブロックチェーンにかわる技術であると言われていますが、その理由は「スケーラビリティの問題」を解消しやすいと考えられているからです。


DAGを使った仮想通貨プロジェクト

ビットコイン、イーサリアム、NEMにはそれぞれブロックチェーン技術が使われていますが、プロジェクトによってブロックチェーンの仕様は異なります。これと同様にDAGも、プロチェクトによって採用方法が異なることをご理解ください。

関連記事:無料配布する仮想通貨Byteballの課題を解説します。
関連記事:仮想通貨IOTAは取引手数料がかからない。